世界陸上ロンドンの100m競技時間!決勝はいつ?注目選手は誰?

スポーツ
Advertisements
Advertisements

世界が注目する世界陸上2017、
個人的に一番盛り上がる競技が100mだと思っています!

 

世界最速、100mが10秒をきって走るって凄すぎですよね

 

あの短い距離での駆け引き、タイミングが物をいう100m
100m競技のスケジュールを知らべてみました、みんなでテレビにくぎ付けになりましょう!

 

世界陸上 100m試合結果はこちら

 

世界陸上2017ロンドン大会の概要

 

大会正式名 :
第16回世界陸上競技選手権大会
16th IAAF World Championships in Athletics

開催地 : イギリス ロンドン
メイン会場 : ロンドンスタジアム

大会開催日 :  2017年8月4日(金) ~ 13日(日)

 

世界陸上2017でメダル獲得選手を種目別に!第16回ロンドンの試合結果!
2年に一度、開催される世界陸上競技大会 その舞台でメダルを獲得しメダリストになる人は誰でしょか? 世界陸上ロンドンの競技結果を種目別に掲載していきます! 日本代表の出場競技の100m、200m、400m、110mH、400mH...


 

 
関連記事
 

世界陸上2017ロンドン100m男女の日程

 

8月4日(金)

 
男子【100m予選 】
  • 現地時間: 4日   19:00~ /  20:20~
  • 日本時間: 5日 3:00~ /  4:20~
 

 

8月5日(土) 

 
男子【100m準決勝】
  • 現地時間: 5日 19:05~
  • 日本時間: 6日 3:05~
 
男子【100m決勝】
  • 現地時間: 5日 21:45~
  • 日本時間: 6日 5:45~
 
女子【100m予選 】
  • 現地時間: 5日   11:45~
  • 日本時間: 5日 19:45~
 

 

8月6日(日)

 
男子【表彰式100m 】
  • 現地時間: 6日 18:50~
  • 日本時間: 7日 2:50~
 
女子【100m準決勝 】
  • 現地時間: 6日   19:10~
  • 日本時間: 7日 3:10~
 
女子【100m決勝 】
  • 現地時間: 6日   21:50~
  • 日本時間: 7日 5:50~
 

ロンドン世界陸上2017のメダル獲得者の早見表!試合結果

 
Advertisements
Advertisements



世界陸上ロンドン テレビ放送局と時間

 

TBS系の独占放送です

時差が8時間ある為、重要な試合は朝方放送が多いです

寝不足、早起きで体調を崩さないように気をつけましょう!

TBS公式HP

 

世界陸上2017 100m注目選手

 

ウサイン・ボルト


まず、100mの世界記録保持者

ウサイン・ボルト選手、この世界陸上で引退表明をしていますがオリンピック、世界陸上で合わせて19個の金メダルを獲得しています。

その内100mはオリンピックで3個、世界陸上で3個で合計6個です2008年からの2つの大会で100m負けなしオリンピックは4年に一度で世界陸上は2年に1度でこの8年間、金メダルをとり続けています!

 

メダルは確実に取りに来るでしょう!

ウサイん・ボルト選手のメダルは今回何色になるでしょう?

世界陸上2017でボルトの走る時間は?100mと4×100mリレーの日程
世界陸上2017で引退を表明しているウサイン・ボルト選手の気になる出場種目と出場時間を調べたいと思います。 世界中が注目しているボルト選手は2007年から今までに金メダルを20個、銀メダル2個を獲得し100m、200m、4×1...


 

サニ・ブラウン選手


2017年の日本選手権で100m、200mを制し見事、優勝しました!

100mでは多田修平(関西学院大)やケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、桐生祥秀(東洋大)を抑えて10秒05の自己新をマークし優勝!、フロリダ大学へ進学したのが成功したのがタイムを見ても分かりますね!

 

更なる大きな大会では、もっと飛躍したサニ・ブラウン選手が見られるのではないでしょうか?

サニブラウンの父・母・弟も衝撃!フロリダ大学に進学した理由
サニブラウン・ハキーム選手は 日本の短距離走で今一番活躍が期待されている選手の一人で 2016年の世界選手権北京大会男子200メートルで 史上最年少で準決勝進出を果たし国際陸連の最優秀新人賞を日本で初めて受賞までしています...


 

 

ケンブリッジ飛鳥選手


ジャマイカ生まれで2歳で日本に移住してきたケンブリッジ飛鳥選手

2017年の日本選手権では3位になり代表の座をつかんだ2016年のリオ五輪では4×100mにも出場しアンカーを務め銀メダル獲得に貢献しました。

 

自己ベストは

100m 10秒08 (2017年)
200m 20秒62 (2013年, 2016年)

 

めっちゃイケメンですよ!


 

日本人選手も決勝に進んで活躍を期待しましょう!

 

 
関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました