サニブラウンの父・母・弟も衝撃!フロリダ大学に進学した理由

スポーツ
Advertisements
Advertisements

サニブラウン・ハキーム選手は
日本の短距離走で今一番活躍が期待されている選手の一人で

 

2016年の世界選手権北京大会男子200メートルで
史上最年少で準決勝進出を果たし国際陸連の最優秀新人賞を日本で初めて受賞までしています。

 

東京オリンピックに向けて、自身のレベルアップに向け
フロリダ大学へ進学を選び今後も目が離せない選手ですね。

 

サニブラウン選手の速さに秘密はやはり両親にあるのか調べてみました。

 

サニブラウン・ハキームのプロフ

国籍日本
種目短距離走
生年月日1999年3月6日
出身地福岡県
身長188cm
体重74kg
 

サニブラウン・ハキーム

(Abdul Hakim Sani Brown)

所属: フロリダ大学
出身校: 城西大学附属城西中学校・高等学校

 

 

出場種目
  • 男子100m
  • 男子200m
自己ベスト 
  • 100m: 10秒05(2017年)
  • 200m:  20秒32(2017年)
 

経歴
2015年: 世界ユース100m・200m()
2015年: 世界陸上北京 代表

 

サニブラウン選手の父母・兄弟は?


父:ラティフ・サニブラウン

母:サニブラウン・明子

本人:サニブラウン・ハキーム

弟:サニブラウン・アブデル・ハナン

 

家族4人のアスリート一家です。

 

 
Advertisements
Advertisements



父:ラティフ・サニブラウン

 

父親のラティフ・サニブラウンさんはガーナ人で以前はサッカー選手で
現在はスポーツバーを経営しています

 

ガーナ出身っていう事もあり運動能力はとても高そうですよね!

しかし現在は「黒くて、強くて、太っている」そうです。

 

 

母:サニブラウン・明子

母親のサニブラウン・明子(伊藤明子)さんは
福岡県の出身で高校時代に100mと100mハードルで

 

全国高等学校総合体育大会陸上競技大会(インターハイにも出場する陸上選手として活躍していました。)
通っていた宗像高校で歴代1位の記録が残っているそうです。

 

インターハイ出場だけでも、かなりスゴイ選手だった事があかりますね。

 

そして現在の職業は『スポーツメーカー』に勤務されています。

 

弟:サニブラウン・アブデル・ハナン

 

7才年下の弟、サニブラウン・アブデル・ハナンくんも
やっぱり足が速いく小学校1年生の陸上大会で1位になるほどです

 

今後も陸上だけでなく他のスポーツでも活躍する可能が高いですね!

 

 

陸上競技を始めるきっかけ

 

サニブラウン・ハキームさんは

小さい頃は父親の影響からか、サッカーでフォワードをしていましたが
小学校3年生の時に母親からの薦めで陸上競技を始めるました。

 

「団体競技には向いていない」

と、感じ陸上競技を勧めたようです。

 

そのまま、サッカー選手をしていたらどうなっていたか興味がわきますね!

 

 

私たちに強烈なインパクトを与えたのは2年前の

2015年7月に行われた世界ユース選手権200mでボルト選手の記録を上回る大会新で金メダルを獲得して一躍有名になりました。

 

その後、100mも大会新で制し、ボルトが成し得なかったスプリント種目2冠を達成。
ボルトを超えた高校生」として、世界にその名を知らしめた。

 

2015年の世界陸上に16歳172日、
男子200mの史上最年少代表として世界挑戦。

 

「2017年は海外トレーニングでスタートを改善して、世界陸上では決勝進出を目標にしたい」
と意気込むサニブラウン選手。

 

 

東京オリンピック2020年ではどんな走りを見せてくれるのでしょう?

 

 

サニブラウン選手がフロリダ大学に進学した理由

 

フロリダ大学が1853年に神学校として創立され、その後大学に昇格し、1905年に現在の校名となりました。フロリダ州で最古、最大規模の大学で、フロリダ大学システムでは2番目、アメリカ合衆国では3番目の大きさです。

 

卒業生には多数のノーベル賞受賞者、上院議員、州知事、米国大使がおり
文武両道でスポーツの超名門の大学です。

 

アメフト、バスケット、水泳、陸上などの強豪校
陸上全米学生選手権で優勝している学校です。

 

学校のトレードマーク
「アリゲーター(日本語でのワニ)」から「ゲイターズ」とも呼ばれている。

 

日本でもおなじみのスポーツ飲料水の
ゲータレードを生み出した学校でもある。

 

 

高校1年生の時からアメリかへ留学希望を先生に伝えていました。

アメリカの大学に行く1つの理由は、設備やスタッフだけでなく、学業面のサポートの充実が、将来の夢であるスポーツマネジメントを目指す自分にとって最良だと考えたからです

 

アメリカの陸上は、米国だけではなくヨーロッパやジャマイカなどトップの学生選手が集まる、アマチュア最高峰のリーグでと呼ばれています。

 

今季の全米学生のランク

100m

1位:  9秒96

10位: 10秒15

サニブラウンの自己ベストは21位に該当する

  • 100m: 10秒22
 

200m

1位:19秒95

10位:20秒34。

 

サニブラウンの自己ベストが
  • 200m: 20秒34
 

と成績を見てみてもサニブウン選手の実力を持っても上位に入るのは至難の業だと言わざるえません、そこでさらに自分磨きのために設備や陸上をやるうえでの環境も考えフロリダ大学へ進学したのでしょう!

 

 

サニブラウン選手の成績

 
大会種目順位
2015年
世界ユース200m1位
世界ユース100m1位
世界選手権200m準決勝
日本選手権200m2位
日本選手権100m2位
2016年
セイコーGGP川崎100m5位
静岡国際200m2位
2017年
セイコーGGP川崎100m4位
日本選手権200m1位
日本選手権100m1位
 

 

年次ベスト

記録備考
100m
2013年10.88中学3年
2014年10.45高校1年
2015年10.28高校2年 高校歴代5位(当時)
2016年10.22高校3年 高校歴代2位
2017年10.05
200m
2013年21.85中学3年
2014年21.09高校1年
2015年20.34高校2年 日本歴代8位(当時)、日本高校記録
2016年20.54高校3年
2017年20.32
  • データは 2017年6月28日 現在のものです。
  • http://www.jaaf.or.jp/player/profile/abdul_hakim_sanibrown/

コメント

タイトルとURLをコピーしました