Sponsored Links

『特捜9』キャスト・あらすじを紹介!【ドラマ】警視庁捜査一課9係の続編

テレビ朝日の刑事ドラマ『警視庁捜査一課9係』の続編が2018年4月11日からスタートします。

特捜9』の主演はもちろん井ノ原快彦さん
キャスト・あらすじなどを紹介していきます。




スポンサーリンク
Sponsored Links

『特捜9』番組の概要

『警視庁捜査一課9係』の続編ドラマ『特捜9』



2018年4月11日(水)スタート!

【毎週水曜】よる9時~9時54分





脚 本
  • 深沢正樹
  • 岡崎由紀子
  • 真部千晶
  • 瀧川晃代
  • 徳永富彦
  • ほか
音 楽
  • 川清之
主題歌
  • V6「Crazy Rays」
    (avex trax)
監 督
  • 杉村六郎
  • 新村良二
  • 長谷川康
  • 吉田啓一郎
  • ほか
ゼネラルプロデューサー
  • 大川武宏(テレビ朝日)
プロデューサー
  • 神田エミイ亜希子(テレビ朝日)
  • 金丸哲也(東映)
  • 小髙史織(東映)
制作
  • テレビ朝日
  • 東映



『特捜9』あらすじ

“9係”の愛称で12年の長きにわたり、幅広い層に愛されてきた本格刑事群像ドラマ「警視庁捜査一課9係」が、この春、新たに生まれ変わります!“新班長”のもと、9係に所属していたメンバーが新部署「特別捜査班」として再編、難事件に立ち向かいます。

メンバーが新部署「特別捜査班」として再編、難事件に立ち向かいます。
盤石のチームプレーで難事件を解決してきた警視庁捜査一課9係は解散。9係のメンバーはバラバラになっていました。

しかし、1年間の空白期間を経て、神田川警視総監(里見浩太朗)は、初動捜査から送検まで早期の事件解決を目指す『独立した捜査班』の結成を指示。そのメンバーとして浅輪直樹(井ノ原快彦)ら“元・9係”のメンバーが再結集することになります。




キャスト『特捜9』



浅輪直樹 (あさわ・なおき) ………井ノ原快彦



警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
新班長・宗方から最初に召集された特捜班のメンバー。正義感が人一倍強く、曲がった事が大嫌いな性格の持ち主。頭の良さや運動能力に関しては二十代で捜査一課に抜擢されただけのことはある。加納倫太郎の娘・石川倫子とついに結婚。




コメント
主任になることでセリフ的にはやはり変わりました。指示を出したりすることも増えましたので。でも「主演としてやっていくために、何でもするから」と言ってくださった寺尾さんの言葉が、主任になった直樹への言葉のようで、その言葉を胸に演じています。
中越さん演じる倫子ちゃんとはずっと同棲しているという設定が続いていましたが、今回はついに結婚したので、「あ、結婚すると人はこういう風に変わるんだな」というのも、典ちゃん(中越)とふたりで楽しみながら演じています。今回、一緒に動いて事件を追うのは山田くん演じる新藤と、なんです。新藤とはまだ設定上も打ち解けていないのですが、この関係性が今後、どういう感じに変化していくのか、楽しみにしています。









小宮山志保 (こみやま・しほ) ………羽田美智子


警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
仕事に生きる女として覚悟を決めていたが、ついに結婚も視野に入れているようで、直樹からの特捜メンバー召集の連絡にも、これまでとは異なる反応を見せるが…?一方で、頼りになる女性としての一面も健在。捜査では手腕も発揮していく。


コメント
小宮山志保役も13年目になります。『警視庁捜査一課9係』から『特捜9』というタイトルに変わって、同じメンバーでまた違うドラマを作ります。今回から寺尾さんと山田さんという新しいメンバーも入ってくださったことで、渡瀬恒彦さんが築いてくださった“大黒柱のドッシリした家”に新しい風が吹いて、毎日楽しく撮影させていただいております。小宮山志保は今回、婚活に夢中になっているので、プライベートも充実させようという姿勢を前面に出して演じていこうかと思っています。すっごく大好きです、みんな! 告白して挨拶を終わりたいと思います(笑)。







村瀬健吾 (むらせ・けんご) ………津田寛治


警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
大学卒業後、ノンキャリアとして警視庁に入るが、自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信過剰の男。実際、頭の回転はよく、品行方正で、何をやってもそつのないエリート刑事である。出世しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を内に秘めている。










青柳靖 (あおやぎ・やすし) ………吹越満


警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部補。
反骨精神の塊のような男で、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。同居している恋人の垣内妙子は、暴力団から青柳が救出した。それゆえ反社会勢力の事件には過剰反応する。妙子との関係をよく思わない警察組織のなかで、刑事という職業を巡り葛藤する。妙子のことで辞表を提出し、無職となっていたが、再び刑事の道に戻る決心をする。


コメント
僕が演じる青柳靖刑事は、遠藤久美子さん演じる垣内妙子という、覚醒剤がらみの事件に関わっていた女性と一緒に暮らしており、そういうこともあって警察に所属していることを悩んでいるという、難しい役どころです。先日、寺尾さんから「お前は普段、何をやっているんだ?」と聞かれて趣味の話題になったのですが(笑)、意外と『特捜9』には音楽をやっているメンバーが多い、という話をしました。
僕自身は、キャスティングに寺尾さんのお名前があるのを見たときから、毎日ずーっと頭の中で『ルビーの指環』の歌がグルグルとまわってしまって、寺尾さんがそばにいるのを忘れて歌ってしまいました。ついつい歌が出ちゃっても、悪気があるわけじゃありません(笑)。









矢沢英明 (やざわ・ひであき) ………田口浩正


警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査部長。
持ち前の大らかな心で、変人・青柳を受け止めて、聞き役やサンドバックに徹することもできれば、時には厳しく叱ることもできる優れた相棒。奥さんの矢沢早苗は売れっ子の漫画家。今回も退職した青柳を相棒として、直樹とともに特捜班に勧誘するが…。


コメント
矢沢英明役を演じています。おそらく、僕がいちばん難しい役をやっていると思います(笑)。
とにかく現場は毎年楽しくて、毎日台本どおりしっかりセリフを言って、変なアドリブは入れないようにしています(笑)。










新藤亮 (しんどう・りょう) ………山田裕貴


警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・巡査。
新たに特捜班に加入する元新宿中央警察署刑事課の若手刑事。積極的で実直ではあるが、その一方でゆとり世代的な若者気質の持ち主。そんな性格からか、時に軽々しい発言をしてしまい、直樹に怒られたり、特捜班のメンバーとも衝突したりすることも?










浅輪倫子 (あさわ・みちこ) ………中越典子


パティシエールとして活躍している。加納倫太郎の実の娘。
直樹と出会い、好感を持つが、亡き母を苦しめた父・倫太郎を恨むが故、警察官が大嫌いだった。直樹とは紆余曲折あったが、今回めでたく結婚!新婚生活を謳歌している。










早瀬川真澄 (はやせがわ・ますみ) ………原沙知絵


東京都監察医務院に勤務する監察医。
事件遺体に関する臨床例を求めて大学の法医学研究室から転職した法医学者。その動機はどうやら近親者の不審死らしいが、詳細は明かされていない。遺体に関する徹底的なプロフェッショナル。女同士、そして友達がいないもの同士、志保とは仲が良い。










猪狩哲治 (いかり・てつはる) ………伊東四朗


警視庁鑑識員。
志保が所轄署勤務のころ、同じ所轄で鑑識員として勤務。すでに定年退職していたが、鑑識の腕を買われて復職、現役として活動している。口数の少ない職人肌の仕事人だが、懐の深い頼り甲斐のあるベテラン。彼の心ある一言が事件解決のヒントになることも。










神田川宗次朗 (かんだがわ・そうじろう) ………里見浩太朗


警視総監。
冤罪と警察の隠蔽体質を誰よりも嫌い、元警察庁の首席監察官で現法務大臣の高森を危険人物と感じている。加納倫太郎がテロ対策室に出向になり、解散の憂き目に遭った9係を高く評価していて特別捜査班として再結集を宗方朔太郎に託す。












宗方朔太郎 (むなかた・さくたろう) ………寺尾聰


警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部。
警視総監・神田川から直々に特別捜査班班長に任命された元人事課職員。かつて監察官の補佐として警察内部の事件に関わっていたが、5年前のとある事件をきっかけに2歳の桜庭琴美を引き取り、退職。妻と共に琴美を育てていたが、その妻も他界。現在一人で琴美を育てている。神田川からの特捜班への復帰も断ろうとしていたが、あることを理由に引き受ける。ただし「子育て優先の9時5時」が条件。一風変わった男だが、5年前の事件など、隠された秘密は多そうで…。


コメント
テレビ朝日で“刑事モノ”というと、私はかつて『西部警察』で散々、荒唐無稽な刑事をやっていたので、ちゃんとした警察に入るなんて、どうしたらよいものかと思いました(笑)。でも、私の大好きな渡瀬恒彦さんが大事にしてきた番組を、皆さんがどんな風に続けていくのだろうか、今までの『9係』と違う形でこの『特捜9』がどう動いていくのかなという楽しみがありまして、私自身、少しでも皆さんと一緒に歩いていけたらいいな、という気持ちでおります。私が演じる宗方朔太郎はまさに“新参者”なのですが、特別捜査班の班長を引き受けるにあたって、警視総監から“上のことを気にせずにやっていい”、要するに“忖度なしでいい”という条件で入って来ます。正直、私はまだどう自分の役を作っていくか探っている最中ですが、皆さんが温かく迎えてくれるので、それに甘えて撮影しています。



まとめ







スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Can’t stop Thinking© 2018 l