Sponsored Links

鬼滅の刃【135話】ネタバレ!最新話の内容を紹介「悲鳴嶼行冥」

週刊少年ジャンプ50号11月19日に掲載された

【鬼滅の刃】最新話の135話のネタバレを紹介します。



鬼滅の刃の最新刊の立ち読みは・・・こちら




スポンサーリンク
Sponsored Links

鬼滅の刃【135】ネタバレ最新話



悲鳴嶼行冥





炭治郎は玄弥から反復動作を教えてもらう。



怒り・痛みの記憶を蘇らせることで、心拍と体温を上げるそうだ。



玄弥は炭治郎の痣が出ている状態は、その反復動作中の状態と同じではないかと指摘するが、反復動作を使える玄弥と悲鳴嶼には痣はない。



炭治郎と玄弥は疑問を抱き、考え込む。





一方、炭治郎は反復動作の練習を続ける。



大切な家族の顔を思い出し、煉獄の死に際の「心を燃やせ」という言葉を思い浮かべる。そうして炭治郎は集中を極限まで高める。



練習の結果、反復動作から全力を出すことを身に付け、岩を押すことに成功する。



善逸と伊之助は炭治郎の成長に驚愕しつつ練習を継続し、伊之助も岩を動かすことに成功。





残るは善逸だけだが、そこへ善逸の雀が手紙を運んで来る。





炭治郎はさらなる訓練により、岩を一町分動かせるようになった。





しかし過酷な訓練のせいで脱水症状に陥り、死にかけていると、悲鳴嶼が水をかけてくれる。





岩の訓練をやり遂げ、刀鍛冶の里で正しく行動した炭治郎に感心した悲鳴嶼は、炭治郎を認める。
鬼である妹の禰豆子の命より里の人間の命を優先したことを褒める悲鳴嶼だが、炭治郎は「その決断をしたのは禰豆子であり、自分は決断ができず、里の人を死なせる所だった。認められては困る」と答える。







悲鳴嶼は、子供は純粋で残酷な我欲の塊だと考えるが、炭治郎は違うと考える。



炭治郎は「誰かが自分を助けてくれるから、間違いのない道に進めているだけ」「簡単に認めないでください」と言い、水と訓練のお礼を言う。



悲鳴嶼は誰が何と言っても、「炭治郎を認める」と言う。

理解できない様子の炭治郎に、悲鳴嶼は自分の過去を語る。







身寄りのない子供達と共に寺で和やかに暮らしていた悲鳴嶼だが、ある日、日が暮れる前に寺に帰ってくるようにという言いつけを守らなかった子供が鬼に出会ってしまう。





その子供は自分の命を助けてもらう代わりに、悲鳴嶼と八人の子供達を鬼に差し出すと言った。



悲鳴嶼の住んでいた地域では鬼の伝承が残り、毎夜藤の花の香炉を焚いて鬼を遠ざけていた。
その子供は香炉の火を消して、鬼を寺の中へ招いた。







まず四人の子供たちが殺され、悲鳴嶼は残った四人を守ろうとしたが、そのうち三人は言う事をきかずに逃げてしまう。



残った最年少の沙代だけが言う通りに悲鳴嶼の背後に隠れた。



逃げ出した三人も殺されてしまい、悲鳴嶼は何とか沙代を守ろうと戦った。



生き物を殴る気持ちの悪い地獄のような感触に耐え、全身の力で鬼を殴り続けた悲鳴嶼は、その様子を思い出して「鬼に襲われなければ自分が強いことを一生知らなかった」と語る。



悲鳴嶼は夜明けまで鬼を殴り続け、沙代を守ったが、沙代はやって来た人間に、悲鳴嶼がみんな殺したと告げる。



話を聞いて炭治郎は驚愕する。







悲鳴嶼は、「沙代にだけは労いの言葉をかけてほしかった」と語るが、裏切られ、投獄されてしまう。



悲鳴嶼はお館様に助けられて命を救われたが、それから疑い深くなったと言う。



炭治郎のことも疑っていたが、困難な状況下でも逃げずに立ち向かう炭治郎の真摯な姿に心を動かされ、炭治郎が道を間違えないように助力することを伝えた。





話を聞いた炭治郎は泣きながら、頑張ることと礼を伝える。



岩の訓練を達成した炭治郎の頭を撫でる悲鳴嶼は、ふと沙代との温かい思い出を思い出していた。





悲鳴嶼は最後に「よくやり遂げたな……」と伝えた。


鬼滅の刃 最新話のネタバレ感想と次回



悲鳴嶼の過去がわかって好感度が高まった。過酷な経験をしているのだと思った。最後に炭治郎のことを認め、頭を撫でてくれたところに悲鳴嶼の優しさを感じ、嬉しくなった。善逸の雀が悪い知らせを届けに来たのではないかと感じたので、心配。



善逸の雀が何を伝えてきたのかがきになりますね。



鬼滅の刃の最新刊の立ち読みは・・・こちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Can’t stop Thinking© 2018 l