ヒットマンのネタバレ【42話】最新話「プロの底力」の感想

コミック・書籍
Advertisements
Advertisements

週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる42話のネタバレと感想を書きました。

2019年4月24日発売の21、22号に掲載されてた内容となります。

 

念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。最初の持ち込みで現れたのは、先日出会った謎の美少女・小鳥遊翼。

なんと就職活動中の面接会場で、剣埼が拾い上げた自作のマンガを面白いと言われたことをきっかけに急遽、就職活動をやめて、マンガ家を目指すことに決めたとのこと!! 運命の出会いで相棒となった新人編集者♂と新人マンガ家♀の週刊20Pに命を懸ける情熱の物語が今、開幕!!

 

 

Advertisements
Advertisements



ヒットマン【42話】最新話のネタバレ!

 

ヒットマンのネタバレ【41話】最新話「取材と落雷と」の感想
週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる41話のネタバレと感想を書きました。 2019年4月17日発売の20号に掲載されてた内容となります。 念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。最...


 

 

 

42話「プロの底力」

 

 

翼の原稿データが落雷で破損してしまいました。大ピンチに力を貸してくれることになったのはなんと、桂木先制のアシスタントたちでした。

 

幼い翼と「手伝う」と約束していたといいました。しかし、桂木先生の「待て」がかかりました。

 

「どこに行く気だってきいてんだよ。」桂木は真顔で3人のアシスタントに問いかけます。

 

 

それに対して3人は、翼ちゃんが助けてと言ってるんで行かせてください!と懇願しました。

 

 

剣崎も「娘が同じ雑誌で自分に挑んでくるのがそんなに嫌なんですか?」たたみかけます。

 

 

お前らは何を言ってんだと言わんばかりに桂木は答えました。

 

「休みの日にお前らが何をしようがしったこっちゃねぇ。

 

ただ、次の仕事の予定を
聞かずに帰んのかっていってんだよ。バカ野郎どもが!」

 

 

結果、翼を助けるためのアシスタントが揃ったのでした。

 

 

講談社の会議室に来いと小鳥遊に告げ、剣崎たちは先に準備にとりかかりました。
すぐに始められるようにネームを見たり、背景の量を確認したりする3人。

 

そして最後に剣崎に注文します。

 

 

「絶対に俺たちが桂木さんのアシスタントだっていうんじゃねぇぞ!」
「そんなこと聞いたら帰れっていうかもしんねぇからな。」

 

 

3人は自分たちを3歳だった子が覚えてる訳がないからといいました。

 

 

その時、会議室のドアがバンと開きました。

 

剣崎は急いできた小鳥遊にアシスタントを紹介しようとしました。

 

 

「ノブさん・・・ヤスさん、シロさんも。」

 

 

翼はきちんと覚えていました。そして約束を果たしてくれたことに涙がこぼれました。

 

 

「ありがとうございます。よろしくお願いします。」
3人に頼むと早速作業にとりかかりました。

 

 

トレースは下書きなしで時間を短縮したり、パースの取り方も正確で、トーンを貼ってぼかすところはものすごい速さで削りました。

 

 

Sponsored Links


 

しかもきれいにそして正確に。

 

 

改めて3人のすごさを感じずにはいられませんでした。

 

これに答えるように
翼も必死に描きます。

 

 

徹夜で作業すること20時間以上、あと7時間で残り8枚というところまできました。

 

このペースなら間に合う!と希望の光が見えてきたとき、ノブの携帯が鳴りました。

 

 

「悪いが今から4ページ描き直すからすぐに戻ってこい・・・もうすぐ俺のペン入れも終わるからよ・・・」

 

 

それは桂木からの絶対命令でした・・・。

 

『ヒットマン』などマガジンをすぐに無料で読む

ヒットマンの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

 

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ヒットマン【42話】最新話のネタバレ感想

 

あと7時間で残り8枚というところまでやっとたどり着いた小鳥遊たちでした。

 

ゴールが見えて最後の追い込みに入ろうとしたところでの桂木の帰ってこい命令。これはさすがに3人には厳しい命令だなと感じました。

 

この命令は、絶対に守らなければいけないことなので、3人はここまでになるのではないでしょうか。

 

残りのページは小鳥遊が一人で仕上げるのではないかと予想します。

 

そして、結果的にマンガは出来あがるのか次回が楽しみです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました