ヒットマンのネタバレ【41話】最新話「取材と落雷と」の感想

コミック・書籍
Advertisements
Advertisements

週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる41話のネタバレと感想を書きました。

2019年4月17日発売の20号に掲載されてた内容となります。

 

念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。最初の持ち込みで現れたのは、先日出会った謎の美少女・小鳥遊翼。

なんと就職活動中の面接会場で、剣埼が拾い上げた自作のマンガを面白いと言われたことをきっかけに急遽、就職活動をやめて、マンガ家を目指すことに決めたとのこと!! 運命の出会いで相棒となった新人編集者♂と新人マンガ家♀の週刊20Pに命を懸ける情熱の物語が今、開幕!!

 

 

Advertisements
Advertisements



ヒットマン【41話】最新話のネタバレ!

 

ヒットマンのネタバレ【40話】最新話「敷島の変化」の感想
週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる40話のネタバレと感想を書きました。 2019年4月10日発売の19号に掲載されてた内容となります。 念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。最...


 

 

 

41話「取材と落雷と」

 

降りしきる雨の中、男だらけの桂木先生の職場へ取材にやってきた龍之介と敷島。
緊張でガチガチの龍之介の隣で、敷島が桂木先生へ質問をして取材が進行します。

 

小鳥遊は龍之介の取材の様子が気になり、龍之介にメッセージを送ります。
敷島が最後の質問を終え、龍之介は小鳥遊からのメッセージを確認します。

 

龍之介は、「桂木先生はデジタル作画をどう思われますか?」「お使いになられたことはありますか?」と尋ねます。

 

桂木先生は「紙にペンでガリガリ描くから面白ェんだよ」と答え、龍之介はやっぱり親子だと思います。

 

龍之介は「あの…実は僕が担当している新人もアナログ原稿で連載してて」「もしよかったら何かアドバイスをいただけませんか?」と尋ねると、「…新人?」と桂木先生の目の色が変わり、桂木先生のアシスタントにも緊張が走ります。

 

 

島風なら教えることは何もないという桂木先生に、「小鳥遊翼です」と龍之介が告げると、雷が落ちた音が聞こえます。

 

「教えることなんかねェよ」「雑誌に載ってるヤツは全員ライバルだ」と言う桂木先生に、「自分の…娘でもですか?」と尋ねます。

 

 

驚く敷島に、桂木先生は「オレに娘なんかいねェ」と告げられ、龍之介はお礼を言い、敷島と帰ろうとします。

 

帰ろうとする龍之介を桂木先生のアシスタント三人が囲み、小鳥遊のことを聞かれて写真をみせます。

 

「原稿は紙に描いてんのか?」と聞かれ、「背景とトーンはデジタルですがキャラのペン入れまでは」「ペンが紙を走る音とガリガリとした振動で絵を描いてる気がするって言ってました」「まだまだ理想の線には遠いらしいですけど…」と答えます。

 

 

アシスタントは父親の背中を追う娘に涙を流します。
その場を去ろうとする龍之介に小鳥遊から電話が入ります。

 

「助けてください!!」という小鳥遊に何があったのか確認すると、「さっきの落雷で全部消えちゃいました!!」と告げられます。

 

明日までに30ページなんて無理という小鳥遊に、自分も手伝うから大丈夫と答える龍之介ですが、アシスタントにも無理だと言われます。

 

焦る龍之介に、アシスタントは「オレ達を連れて行け」と言います。

 

アシスタントは20年前に小鳥遊の漫画を手伝うことを、小鳥遊と約束していました。
そこに桂木先生は「どこ行く気だ」「お前ら」と現れたのでした。

 

『ヒットマン』などマガジンをすぐに無料で読む

ヒットマンの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

 

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ヒットマン【41話】最新話のネタバレ感想

 

始めはすごく緊張していた龍之介だったのに、桂木先生に小鳥遊のことを尋ねられる度胸はどこから湧いてきたのか疑問に思いました。

 

桂木先生が娘はいないと言ったとき、少し寂しい気持ちになりました。

 

アシスタントが小鳥遊のことを知っていて、小鳥遊の成長を喜ぶ姿は、自分の子どものように喜んでいると感じられて、暖かい気持ちになることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました