Advertisements



ドメスティックな彼女【226話】最新話のネタバレ!「これから」内容と感想

コミック・書籍
Advertisements
Advertisements

週間少年マガジンで連載中の「ドメスティックな彼女」の最新話となる226話のネタバレと感想を書きました。

2019年4月10日発売の18号に掲載されてた内容となります。

 

Advertisements
Advertisements



ドメスティックな彼女【226話】最新話のネタバレ!

 

ドメスティックな彼女【225話】最新話のネタバレ!「こんなあたしでも」内容と感想
週間少年マガジンで連載中の「ドメスティックな彼女」の最新話となる225話のネタバレと感想を書きました。 2019年3月27日発売の17号に掲載されてた内容となります。 ドメスティックな彼女【225話】最新話のネタバレ! ...

 

 

 

 

226話「これから」

 

喫茶店のマスターとヒナ。

 

マスターは向かってくる半グレを次々と倒し、マスターの強さに焦った半グレは「だったら女のほうだ!」とヒナを狙う。

 

ヒナは持っていたパイプを振り回し、見事股間に命中させた。

 

銃を振りかざす半グレから銃を奪ったマスターは、銃口を半グレに向けて、「銃さえ向ければ勝ちだと思った?」と言う。

 

ヒナはミサキに駆け寄り「酷いことされなかった?」と聞きながら縛られていた手首を解く。
ナツオを助けたヒナは、ナツオを抱きしめ、「よかった…!」「もうヤダこんな思いするの」と涙を流した。

 

「これで逃げられると思うなよ!」、クスリをやめることなどできないと言う半グレに、ミサキは「ちゃんと自分の「これから」と向き合うって…!」と決意を口にした。

 

綺麗ごとも仲間が来るまでと余裕を見せていた半グレだったが、「仲間ってこいつらのことか?」と講談組が姿を現し、半グレは講談組に取り押さえられた。

 

 

マスターに声をかける講談組の頭は「情報助かった」とお礼を口にした。

 

 

講談組の頭は次会う機会があったら飲みに行こうと誘ったが、店に客が来なくなっちゃうと断り、でも「また会えてよかった」「元気でね」と優しい表情を見せて別れた。

 

 

警察署の前に来たミサキ、ナツオ、ヒナ、マスター。

 

Sponsored Links

 

心配して自分も着いていくと話すナツオだったが、ミサキは「大丈夫もう一人で行けるから」と断った。

 

「でも…」と言いかけたナツオに「行かせてあげなさい」と言葉をかけるマスター。
ミサキ自身の闘いで、逃げてもいいけど自分自身からは逃げきれないとマスターが話す。

 

ミサキは行こうとして、振り返った。

 

 

ミサキはクスリやってるのナツオに見られて、夕食にクスリ混ぜてたと言ったのは嘘で「ごめんね」と謝った。

 

「…わかってたよ」と優しい表情で伝えるナツオ。

 

 

マスターは去っていくミサキを見ながら、「どこからだってやり直せるわ」と話した。
そしてナツオは「俺も前に進まなきゃな…」と思ったのでした。

 

『ドメスティックな彼女』などマガジンをすぐに無料で読む

ドメスティックな彼女の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

 

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ドメスティックな彼女【226話】最新話のネタバレ感想

 

マスターが元は裏社会の人で、講談組の頭と繋がっていたのは驚きました。

 

半グレ相手に倒す姿はかっこよく、ヒナもいい活躍を見せてくれたなと思いました。

 

ヒナがミサキを先に助けてあげて、ヒナの優しさがとても素敵だなと思いました。

 

ミサキの決意の言葉はかっこよかったです。

 

警察へ去っていったミサキの表情はしっかり前を向いていて綺麗だなと思いました。

 

前へ進まなきゃと思ったナツオは小説をまた書くために何か次回から動きを見せるのか気になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました