Sponsored Links

アクタージュ【56話】最新話のネタバレ!「隣の席の君」の内容と感想

スポンサーリンク

アクタージュ act-age【第56話】は

2019年3月11日(月)発売 週刊少年ジャンプ2019年15号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。


スポンサーリンク
Sponsored Links

アクタージュ 56話 最新話のネタバレ

アクタージュ act-age【第55話】は 2019年3月4日(月)発売 週刊少年ジャンプ2019年14号に掲載されました。 最...





56話「隣の席の君」



夜凪の活動休止を本人からのラインで知る源と湯島の二人。



今、業界で話題になっているのに、オファーは全部断っているとのこと。
でもお芝居はこっそりする予定です。





撮影機材一式を借りて、雪に使い方を教わり学校に向かおうとしていると、黒山に
映画でも取るつもりかとツッコまれるも

「そ そそそんな訳ないでしょ 学校の放送係?になっただっけ」
「皆で一緒に映画撮ってお芝居も友達も出来て一石二鳥とか思ってないから?」
と全部言ってしまっている。





「いいんですか、今のけいちゃんにお芝居なんてさせたら!」と心配する雪だが、
「学校の友達と映画づくり…か ま それもありか」と黒山。





自主映画”隣の席の君” 君は一人で登校してきて 一人でお昼を食べ 一人で帰っていく。
君が誰かと仲良くしている所を見たことがない。



なのに君はいつも堂々としていて、僕は気づくといつも目で追いかけている。
そんな君の一日を僕目線で描いた短編映画の撮影が今、始まる。





しかし何度も失敗を繰り返しスタッフ不足、まるで人数が足りてないことに気づく。



そこで、他の映画部の2人にも手伝ってもらおうと夜凪は言うが、
あの2人は幽霊部員で名前だけ借りているとのことらしい。







やがて夜凪は業務用機材を使っていることで、プロの人達に手伝って貰おうかと連想する。





しかし、この脚本は夜凪を当て書きしたことや、「いつか君で映画を撮りたい」と思っていたことを知り、「やっぱりこの映画は私たちだけで撮る」と思い直す。







「私はただあなたと映画が撮りたいだけ あなたと同じなの」「プロとか素人とか知らないの」そして撮影機材を没収し、吉岡の買ったカメラがいいと。







「私の知ってる演出家達は皆 したいことをするために一生懸命だった」
「吉岡くんもしたいように撮りたいように私を撮って」と夜凪。





そして教室にて夜凪を自分のカメラで撮影する吉岡。
それを見物している生徒たち、そこに通りすがりの朝陽ひなも。





「うわっまじで撮ってるあいつら はっず」と言いながら夜凪の表情に目を奪われるひな。





「吉岡くんに言われたようにただ座っていただけだけど私…」
「うん でも…OK」「僕があの時見た夜凪さんだ」





ひな(どうしてあいつら見てるとイライラするんだろう …私フツーに性格悪いのかな)





「綺麗に撮ってくれてありがとう吉岡くん」「残り8シーン12カット」「2人で必ず完成させましょう」





「おっ おー!」

アクタージュ 56話 最新話のネタバレ感想

前回から始まった学校編ですが、夜凪のボケぶりが物凄くいい味出してますね。撮影機材一式抱えて学校に通うとか浮きまくりです。



そしてプロと言われ、ドヤ顔し、「…ま まぁね プロの知り合いは多いの私 プロなので」「とんでもないわ どんと任せて プロだから私」辺りの会話などは妙に愛らしくて良いです。



しかし教室でカメラが回ったときの表情には、見物していたひなや生徒たちも驚きを隠せないようです。

「てか見た今の? やっぱプロの女優は綺麗だわ 造形が違うよね」と そして次号には学園編にアキラが参戦と予告が。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Can’t stop Thinking© 2019 l