アクタージュ【54話】最新話のネタバレ!「悲劇のヒロイン」の内容と感想

コミック・書籍
Advertisements

アクタージュ act-age【第54話】は

2019年2月25日(月)発売 週刊少年ジャンプ2019年13号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

Advertisements



アクタージュ 54話 最新話のネタバレ

54話 悲劇のヒロイン

 

 

悲劇のヒロインの記事は天知の仕掛けた記事だった。「これを皮切りにキミをスターにしたい 一緒にがんばりましょう」と天知。

 

「誰が悲劇のヒロインだよ‼」と七生は怒りを顕にする。

 

 

「売れ始める芸能人はまずそこで苦しむ 自分の売れ方に」
「でもね 悲劇のヒロインは金になる それでいいじゃないか」と万札を頭上からバラ撒く天知。

 

そして倒れる夜凪。見たこともない大金に触れて腰が抜けたっそう。

 

 

「こんな額すぐに小銭に思えるようになる」「私が君を輝かせようこの芸能界で誰よりも 君の不幸を武器にして」と天知。

 

 

夜凪(私が不幸…)
「他人の人生手前の物差しで測ってんじゃねーぞ 守銭奴天知君」と黒山登場。

 

 

アキラ「黒山さん!?」七生「次から次へと誰だよ」阿良也(あれが黒山墨字)
「君は夜凪の心を尊重しろ などと宣うんだろ」「私も何より 人の心を大切だと考えています」と天地。

 

黒山「何が目的だ」天知「ですから夜凪さんをいただきます」 黒山「質問を変えるよ やり方がみみっちい何手先が目的だ」

 

その時「ペン ペンある?」と夜凪「皆 私と皆って友達よね!」「黒山さん 私って不幸?」「知るか それはお前が決めろ」

 

そして夜凪は週刊誌を添削しみ出しの内容を書き換える、とても幸せと。
「私は私の好きな私を演じる これからもずっと あなたとは無理」

 

天知「なるほど まあすべて どっきりなんですけどね」と手のひらのドッキリ大成功を見せて立ち去っていく、去り際に黒山に「想定より良い女だ 熟すまで待ちます」と言い残し。

 

 

帰りのヘリで天知は、記事は差し替え、間に合わないなら回収。ひどい出費だが仕方がない、お手つきした罰金だと。

 

好いた女に嫌われるのが嫌になり、好かせる方に戦略を変更だそう。
黒山「夜凪が世話になった ありがとう」「礼はまた近いうちに」

 

 

 

その後舞台「銀河鉄道の夜」はトラブルもなく全日程を終え、前日満席となりその評価も高く、夜凪景の認知度は著しく上がった。

 

舞台、TVなどオファーが毎日来て私は少しノイローゼ気味とは柊。

 

柊「あーまただー」 黒山「電話線抜いちまえ どうせ全部断るんだ」 「せっかくのチャンスなのに」と柊、黒山「仕方ねぇだろ 夜凪には普通の女子高生に戻ってもらうよ」

次号へ

 

 

アクタージュ 54話 最新話のネタバレ感想

 

天知ってたまに見かける純粋悪って感じのキャラですかね。「私が君を輝かせようこの芸能界で誰よりも 君の不幸を武器にして」なんてセリフなんかも、暫くは絡んできそうです。

 

景が週刊誌を添削し[とても幸せ]と書き換え、「これからもずっとあなたとは無理」とは言ったが、何かのキッカケであちら側に行ってしまわないかという懸念がありますね。

 

連日のオファーをすべて断り折角のチャンスにもかかわらず、夜凪を普通の女子高生に戻すと言う黒山の真意はどこにあるのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました