Advertisements



チェンソーマンのネタバレ【30話】最新話「もっとボロボロ」の感想

コミック・書籍
Advertisements
Advertisements

 

週刊少年ジャンプで連載中の

「チェンソーマン」最新話30話の

ネタバレを紹介します。

 

2019年7月13日発売の33号に掲載されました。

 

 

Advertisements
Advertisements



チェンソーマン【30話】最新話のネタバレ

 

第30話「もっとボロボロ」

 

二人の首に腕を回した1課のデビルハンターの男は、デンジとパワーの首の骨をそのままへし折ってしまいました。

 

二人は人間ではないですが、筋肉や骨の仕組みは同じで首の骨を折ってしまえば動けなくなると告げます。

 

動けない二人に輸血パックに入れた血を与え、人間と違うのは血さえ飲めばその状態からでも復活するということを教えます。

 

 

最強のデビルハンターであるこの男を倒せるようになれば二人は最強になれるという強引な修行が始まりました。

 

 

パワーの血で作ったハンマーを受け取りデンジが殴りかかりますが、左手に持ったナイフで一瞬の内にめった刺しにされ、パワーは喉を切り裂かれてしまいます。

 

デンジは不死身、パワーは半分不死身、存分にやれることに男は喜び、最高にイカした奴にしてやると二人に告げるのでした。

 

病室のアキは契約していた狐をもう呼び出せなくなってしまっていました。前に使った時に変なものに食いつかせたので嫌われてしまったようです。

 

Sponsored Links

 

そんな力を失ったアキに京都から来た二人はキャリア相談に来たといいます。今回の事件は辞めるにはいいきっかけであり、もしそれでも続ける気ならもっと強い悪魔と契約する必要がある。

 

 

公安をやめて残りの人生を楽しむか、続けて地獄を見るか、選択を迫ります。家族や相棒を殺された復讐はまだ終わってない、辞めるつもりはないと答えます。

 

 

二人は帰っていきますが、そこに女性の客が訪ねてきました。その顔を見てアキは驚きます。

 

夜になり修行は一旦終わり、デンジとパワーは解放されました。20回以上殺され、二人はボロボロになっています。

 

 

逃げ出すことも考えましたが、公安から逃げたら悪魔として狙われるのがわかっているため出来ません。

 

 

そこでパワーは頭を使って戦えばいいんだ、と閃きました。デンジも漫画の頭いいキャラみたいに戦えたらどんなにいいかと考え、二人は頭脳で立ち向かうことを決めます。

 

 

そうと決まるとなんとなく頭が良くなって来た気がするのでした。

 

チェンソーマン【30話】最新話のネタバレ!の感想

 

アキが辞める気など無いのをわかってて、より強力な悪魔と契約させようとするやり口が怖いですね。

顔が隠されているのでまだわかりませんが、病室を訪ねてきた女性は話の流れからすると姫野の関係者のような気がします。ゴーストにその身を捧げたものの、そのゴーストもやられてしまったので、あるいは姫野本人が死なずに生きていたという可能性もなくはないと思います。

 

デンジとパワーはいつの間にかいいコンビになっていますね。どう見ても頭の悪そうなやりとりで頭脳派の計画を立てようとしているところが笑えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました