スポンサーリンク



東京卍リベンジャーズ!ネタバレ【243話】28巻のネタバレ「Wide array of」の内容

コミック・書籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク

週刊少年マガジン連載中の

『東京卍リベンジャーズ』

2022年2月22日発売、第13号の最新話、第243話のネタバレです。

 

 

東京卍リベンジャーズ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ
※:サイトに初回登録時のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク



東京卍リベンジャーズ【第243話】最新話のネタバレ!

 

 

第243話「Wide array of」

 

関東卍會の幹部たちが集合する場で、口を開いたのは参謀の九井。
〝二代目 東京卍會〟から、宣戦布告がきたと話す。

 

その言葉を聞き、マイキーは〝東京卍會〟と呟いた。
さらに話しを続ける九井は、新たな総長の名前を口にする。

 

二代目総長は、花垣武道!!
やはり来たか…。

 

そう呟くマイキーの周囲には、関東卍會の幹部たちの姿。
副総長の春千夜に、親衛隊長の鶴蝶。

 

特攻隊長と特攻副隊長の灰谷兄弟もいる。
遊撃隊長の今牛に、遊撃副隊長の荒師。

 

 

他には幹部を務める、元天竺の望月と斑目の姿もあった。
そして最後に姿を見せたのは…遊撃隊の半間修二!!?

 

 

幹部たちに向かって九井は二代目 東京卍會からのメッセージを伝える。
決戦は9月9日、旧湾岸貨物操車場にて…。

 

 

時は流れ、9月9日。

 

決戦の日に、武道はヒナに会っていた。
最後にヒナの顔を見たくなったと言い、昔話を始める武道。

 

 

昔は逃げてばかりだったが、今の自分は皆んなの思いを背負ってる…。
手を震わせながら、武道はそう話した。

 

 

一方、武道の本心を分かっているヒナ。
本当は怖いという気持ちを、口にした方がいいと話す。

 

 

そこで…武道は、怖くて逃げたいと叫んだ。
スッキリしたと笑う武道は、もう震えていない。

 

 

晴れやかな顔で、ヒナに行ってくると話した。
仲間たちと合流し、バイクを走らせる武道。

 

 

決戦の地である、旧湾岸貨物操車場に向かっている。
そんな武道が掲げるチームの旗には、〝TOKYO REVENGERS〟の文字が!!

 

 

同じく、仲間たちを引き連れて決戦の地に向かうマイキー。
武道はマイキーと決着を着けると、心に誓うのだった。

 

『東京リベンジャーズ』などマガジンをすぐに無料で読む

東京リベンジャーズの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

 

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

東京リベンジャーズ【243話】最新話のネタバレ

 

二代目 関東卍會を発足し、かつての仲間を集めた武道。 1番隊はイヌピーが隊長となるも、2〜4番隊の隊長は初代と同じです。

 

そのに千咒が加わり、総長は武道となりました。決戦を前に、やはり恐怖を感じている武道。少し前に殺されかけているため、当然ですね。

そんな武道を、ヒナが励ましてくれました。マイキーとの戦いは、どのような結末を迎えるのでしょうか!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました