ヒットマン!ネタバレ【43話】最新話「間に合わない」の感想

コミック・書籍
Advertisements
Advertisements

週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる43話のネタバレと感想を書きました。

2019年5月8日発売の23号に掲載されてた内容となります。

 

念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。最初の持ち込みで現れたのは、先日出会った謎の美少女・小鳥遊翼。

なんと就職活動中の面接会場で、剣埼が拾い上げた自作のマンガを面白いと言われたことをきっかけに急遽、就職活動をやめて、マンガ家を目指すことに決めたとのこと!! 運命の出会いで相棒となった新人編集者♂と新人マンガ家♀の週刊20Pに命を懸ける情熱の物語が今、開幕!!

 

 

Advertisements
Advertisements



ヒットマン【43話】最新話のネタバレ!

 

ヒットマンのネタバレ【42話】最新話「プロの底力」の感想
週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる42話のネタバレと感想を書きました。 2019年4月24日発売の21、22号に掲載されてた内容となります。 念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之...


 

ヒットマン最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 

ヒットマン 43話「間に合わない」

 

 

翼の原稿データが落雷で破損してしまいました。

 

大ピンチに力を貸してくれることになったのはなんと、桂木先制のアシスタントたちでした。なんとか間に合いそうなところまできたと、桂木先生からの帰宅命令が・・・・。

 

 

「何言ってるんですか桂木さん!!!原稿ならもう完成したじゃないですか!!」

 

 

桂木:

「だからいってるだろ、いいアイディアが浮かんだって。締切まであと6時間半、おまえらならできるはずだ!」

 

 

「いや・・・、無理ですよ翼ちゃんの原稿まだ終わってませんし!!!」

 

 

桂木:

「・・・・てめぇらどこのスタッフだ!!!グダグダ言ってねぇで戻ってこい!!」

 

 

 

電話を一方的に切られたノブさんたちは、それでも残ることを翼に伝えました。

しかし、翼はこれ以上迷惑をかけれないと、戻ることを勧めました。

 

 

「わたしこれでも描くの早いんですよ!あと8ページくらい一人でなんとでもなります!」

 

 

戸惑うノブたちを、八神が迎えに来ました。
「タクシーを用意しました。すぐにお戻りください。」

 

 

桂木は確かに面白いアイディアが浮かんでいました。

 

それは、不運にも剣崎の態度と瞳からヒントを得ていたのです。

 

 

 

帰路につくノブたちは、8ページを一人でやるのは不可能だと確信していました。
現場の敷島も動揺していました。

 

 

そこに編集長がやってきて原稿の仕上がり具合を尋ねました。

 

 

「そうですか、残り時間一人でがんばってもせいぜい2ページが限度。
残りの6ページは代原を用意させます。」

 

 

Sponsored Links


 

 

元はといえばあなたが小鳥遊先生のストックを取り上げて、島風先生の代原にしたから
こんなことになったんでしょ!と言い返したくなりましたが我慢しました。

 

 

一人になった翼は黙々と残りの仕事に励みます。
体も限界を超え、精神的にも追いつめられ涙がこぼれました。

 

 

そんな絶望の中、剣崎が駆けて戻ってきました。

 

 

「お前がピンチだって聞いて一緒にこいつが来てくれたよ!!!」

 

 

それは、以前小鳥遊が助けた島風でした。

「あの時たすけていただいた鶴が 恩返しに参上仕りました!!!」

 

 

『ヒットマン』などマガジンをすぐに無料で読む

ヒットマンの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

 

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ヒットマン【43話】最新話のネタバレ感想

 

桂木先生のいやがらせかと思いましたが、本当にいいアイディアが思い浮かんでいたなんて残酷でした。

 

それはアシスタントとして手伝いに戻らなければいけないなと。

 

残り8ページ、島風の登場でどこまで終わらせることができるのか。

 

最後まで終わるには島風の仕事っぷりにかかっています。

 

 

もともと、描くことの才能はずば抜けているのでどんな仕事をするのか次回期待して見たいと思います。

 

一方では、編集長が代原を用意させる手続きをしているので、出来あがったときそれを伝え驚く表情が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました