Advertisements



ヒットマンのネタバレ【39話】最新話「ネットの感想」の感想

コミック・書籍
Advertisements
Advertisements

週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる39話のネタバレと感想を書きました。

2019年4月3日発売の18号に掲載されてた内容となります。

 

念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。最初の持ち込みで現れたのは、先日出会った謎の美少女・小鳥遊翼。

なんと就職活動中の面接会場で、剣埼が拾い上げた自作のマンガを面白いと言われたことをきっかけに急遽、就職活動をやめて、マンガ家を目指すことに決めたとのこと!! 運命の出会いで相棒となった新人編集者♂と新人マンガ家♀の週刊20Pに命を懸ける情熱の物語が今、開幕!!

 

 

Advertisements
Advertisements



ヒットマン【39話】最新話のネタバレ!

 

ヒットマン【38話】最新話のネタバレ!「ネットの感想」の感想
週間少年マガジンで連載中の「ヒットマン」の最新話となる38話のネタバレと感想を書きました。 2019年3月27日発売の17号に掲載されてた内容となります。 念願かなって週刊少年マガジン編集部に配属された主人公・剣埼龍之介。最...

 

 

 

39話「ファンの思い」

 

島風先生の連載終了を3週待ってもらうことにした剣埼。

 

剣埼は島風先生に向けて、休載のお知らせのところに、すぐに戻って来るというメッセージを入れていました。

 

3週間後、休載のお知らせを見て剣埼からの気持ちを感じながらも、自分はダメだと暗い表情をしていた島風先生のもとに剣埼がやってきました。

 

連載を辞めるのであれば作家として責任を果たせと、島風先生を外に連れ出します。

 

敷島と合流し、「編集部に謝りに行くんじゃないん?」と事態が飲み込めない島風先生に、「先生!!こっちです!!」と敷島は島風先生の腕を掴み書店へ連れて行きます。

 

 

到着したのは島風先生のサイン会の会場。

 

驚いて戸惑う島風先生に、お前の作品を待っていたファンがいる「プロならしっかり責任果たせ」と剣埼は言います。

 

書店の制服に身を包んだ敷島は、何十年も前からサイン会を開いているが、たった30分で予約券が全て無くなった作家は島風先生が初めてだと島風先生に告げます。

 

 

席についた島風先生に、ファンの人が話しかけます。

 

島風先生が大阪から2回も来たというファンに絵を描いて渡すと、「家宝にします!!」と感激されます。

 

その後も島風先生と接して喜ぶファンの姿に、島風先生も自然と笑顔になっていきます。

 

最後のファンの人の対応が終わった島風先生は、自分の作品宣伝のポップを見て、「わざわざお店の人が作ってくれたん?」と尋ねます。

 

 

Sponsored Links

 

書店の人に、去年まで働いていたバイトの子が作ってくれて、今日も来てるからサインしてもらえないかと頼まれます。

 

そこに現れた敷島は、ファン代表として島風先生に、「どうかこれからもずっと…先生の作品を私達に読ませて下さい!!」と頭を下げた。

 

島風先生は批判されることが耐えられない、「その人達もみんな面白いって言ってくれるまで頑張る!」「もう絶対やめるなんて言わん!!」と決意を口にします。

 

その言葉に続きが読めて嬉しいと泣き出した敷島。
そんな敷島につられて島風先生まで泣き出したのであった。

 

『ヒットマン』などマガジンをすぐに無料で読む

ヒットマンの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

 

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ヒットマン【39話】最新話のネタバレ感想

 

島風先生にファンの人の暖かい言葉や熱意が伝わって、とても暖かい気持ちになることができました。

 

ファンの中に批判的な意見を持っている人がいないか不安ではありましたが、そういう人は来ていなくてよかったとホッとしました。

 

島風先生が連載を続けてくれることを決意してくれて本当に良かったと思いました。

 

敷島が書店の店員の格好で現れた時は、何でだろうと疑問でしたが、昔働いていて、島風先生を当時から応援していたことを知ることができて、良かったと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました