Sponsored Links

『ヘッドハンター』キャストやあらすじ・主題歌を紹介します。

ドラマ『ヘッドハンター』江口洋介さん主演で脚本はコードブルーや医龍を手掛けた林宏司さんが努めているドラマですので、面白いのは間違いない作品になりますね!

キャストやあらすじを紹介していきます。


スポンサーリンク
Sponsored Links

『ヘッドハンター』番組概要

ドラマBiz『ヘッドハンター』



放送時期
2018年4月16日(月)スタート!
毎週月曜 夜10時~
※初回15分拡大SP

脚本
林宏司(『コード・ブルー』、『BOSS』、『ハゲタカ』、『医龍』、『離婚弁護士』他)

監督: 星 護(『世にも奇妙な物語』、『僕の生きる道』、『名探偵金田一耕助』シリーズ他)
プロデューサー:稲田秀樹(テレビ東京) 高丸雅隆(共同テレビ)
制作協力:共同テレビ
製作著作:テレビ東京

主題歌
Beverly「Baby don’t cry ~神様に触れる唇~」




放送局

テレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送・岐阜放送・びわ湖放送・奈良テレビ・テレビ和歌山



BSジャパン

2018年4月20日(金)スタート!
毎週金曜 夜9時~
※初回15分拡大SP




『ヘッドハンター』イントロ



あなたの値段、いくらですか―?

ヘッドハンター【headhunter】

①所定の事業についている者の、転職を斡旋する者
②首を狩る者。

その男、救世主か。悪魔か。

ある者は「転職して救われた」と言い、
ある者は「あの男に騙された」と言う―

黒澤和樹(江口洋介)は「SAGASU」という黒澤を含め、
社員わずか3名の弱小転職斡旋サーチ会社の社長兼ヘッドハンター。
対象者やクライアントの心の中に深く入り込み、
強引ともいえる手腕で企業と候補者のマッチングを実現させていく、
異端のヘッドハンターである。

黒澤を支えるのは社員の灰谷哲也(杉本哲太)。
黒澤とは腐れ縁で2人の関係には表には見えない因縁が―?
さらに、高いPCスキルを持つ若手社員の舘林美憂(徳永えり)。

元経済新聞記者で黒澤に力を貸す眞城 昭(平山浩行)。
そして、黒澤と対立するのは業界再大手の転職斡旋会社
「ブリッジ」に務めるやり手の赤城響子(小池栄子)。

“転職”を通して、様々な人々の大きな「転機」に巻き起こる
出来事や人間模様を時にスリリングに描く―

―転職。それは人生のサスペンス―




『ヘッドハンター』あらすじ

ヘッドハンターとは、企業の要望に応え、必要な人材の転職を斡旋する者をいう。この物語はヘッドハンターを生業とするひとりの男・黒澤和樹(江口洋介)を通じ、転職にまつわる様々な人間模様を描く新しいヒューマンドラマ。対象者の心の奥深くまで入り込み、選択を迫ってゆく強引なやり方に、ある者は“救われた”といい、ある者は“酷い目にあった”という。はたして黒澤は、人生の転機に現れた救世主か?それとも悪魔か?

大手家電メーカーのマルヨシ製作所の社長・横河は大勢のマスコミを前に、大幅な構造改革を発表する。その様子を会議室のモニターで見ていた技術者の谷口は、消極的な経営方針にうんざり顔。その時、彼の脳裏にある言葉がフラッシュバックする。

「あなたの値段、知りたいと思いませんか?」…数日前、谷口は「SAGASU」代表のヘッドハンター・黒澤にそんな言葉ともに転職の誘いを受けた。音響機器のエンジニアとしての手腕が買われての引き抜き話だった。だが過去に3度転職を断った谷口は慎重な態度を崩さない。一体、何が彼の決断を鈍らせているのか?

「SAGASU」は黒澤、灰谷哲也(杉本哲太)、舘林美憂(徳永えり)、わずか3名という弱小人材紹介会社。難攻不落の難しい転職案件ばかりを扱っている。黒澤は経歴が謎で、30年の付き合いがある灰谷ですら詳細を知らない。二人の仲も複雑なようだ。 灰谷と美憂は、とあるパーティーの席で、転職斡旋会社最大手「ブリッジ」の赤城響子(小池栄子)に出くわす。業界の信用度向上を目指す彼女は、乱暴な黒澤の仕事ぶりを嫌悪し、あからさまにライバル心を燃やす。

家族や先輩への想いから転職を決断できずにいる谷口に、黒澤は「あなたにとって一番大切なものは何か?」と問う。はたして黒澤は谷口のヘッドハントを成功させられるのか?








『ヘッドハンター』キャスト





黒澤和樹 役: 江口洋介


サーチ会社「SAGASU」ヘッドハンター兼、社長。
「どんな依頼も断らない」、「ヘッドハントを生かすか殺すかは本人次第」、「ヘッドハントした相手は、最後まで面倒を看る」が信条のヘッドハンター界の異端児。業界の常識から外れたやり口で、文字通り「首狩り」まがいの強引さで仕事を進めていく“非情”なアウトロー。

抜群の頭脳と記憶力を持つ野心家で、あらゆる業界に精通している。
対象者をとことん調べ上げ、最善と思われる組織へマッチングさせることを使命としているが、彼の考える「最善」は、彼独自の哲学によるものだったりする。





江口 洋介(えぐち ようすけ、1967年12月31日)

俳優、歌手。本名同じ。東京都豊島区出身。
パパドゥ所属。妻は歌手の森高千里。












赤城響子 役:小池栄子


業界最大手の転職斡旋会社の老舗『ブリッジ』のシニアバイスを務める、やり手の女性。大学卒業と同時にアメリカに渡りMBAを取得。

ようやく日本で広く認知されてきたヘッドハント業界をアメリカ並みに発展させたいと願っており、「SAGASU」の少々乱暴なやり口には不満を持つ。



小池 栄子(こいけ えいこ)

女優、タレント、元グラビアアイドル。
本名、坂田 栄子旧姓、小池 栄子。 東京都世田谷区出身。
元イエローキャブ所属。 夫はプロレスラーの坂田亘










灰谷哲也 役:杉本哲太




サーチ会社「SAGASU」総務・経理担当。
事務作業の苦手な社長の黒澤をサポートする番頭的な存在。黒澤とは因縁があるが、普段はそんな苛烈な過去はおくびにも出さずひょうひょうと雑務一般をこなす、スイーツ好きの癒し系のオヤジ。
業界紙記者や怪しげなブローカーとも顔馴染みで、ありとあらゆる会社の裏情報に精通している。


杉本 哲太(すぎもと てった 1965年7月21日)
本名:杉坂 哲太俳優。シス・カンパニー所属。身長180cm。左利き。
神奈川県茅ヶ崎市出身。
妻は神津はづき(神津善行・中村メイコ夫妻の実娘)。











眞城昭 役: 平山浩行




おもに経済誌で活躍するフリーの記者。アンダーグラウンドな情報通。

黒澤とは経済新聞の記者時代からの付き合いで、今も密かに「SAGASU」の裏の汚れ仕事などを 請け負ったりする腐れ縁。



コメント
私はフリーの記者、眞城 昭を演じることになりました。
今の現代社会において、人間の価値観や評価といった、とてもリアルで生々しい物語に参加することを演じる前から楽しみに思っております。つかみどころの無い様々な表現でこのヘッドハンターにぶつかっていきたいと思います。



平山 浩行(ひらやま ひろゆき、1977年10月17日)

俳優。本名と旧芸名は平山 広行(読み同じ)。
岐阜県瑞穂市出身。ピンナップスアーティスト所属。












舘林美憂 役: 徳永えり


転職斡旋サーチ会社「SAGASU」リサーチャー。

大手企業でも採用されるに足る高い知識とパソコン能力を持ちながら、なぜかこの会社に流れて来た変わり者。一見、明るくお調子者に見えるが、人間の洞察力に優れた面も持ち合わす。



コメント
今回、ドラマBiz記念すべき第一弾「ヘッドハンター」で舘林美憂役を演じさせていただきます。
大人の方に向けたビジネスドラマに参加させていただけるということで、身の引き締まる思いです。
また、素敵な先輩方とお芝居ができると思うとウズウズしてたまらないです! 舘林美憂は、一見明るくお調子者に見えますが、人の本質や心理を見抜く洞察力に優れた人間です。
一つの色に染まらず、カラフルに演じられたらなと思っております。


徳永 えり(とくなが えり、1988年5月9日
女優。大阪府吹田市出身。フラーム所属。









及川百合 役: 山賀琴子


古い洋食屋に勤める看板娘。常連の黒澤が唯一心を許す存在。

どんな人間にもわけ隔てなく接する、素直で、けなげな性格。普段はおとなしめだが、次第に 顔なじみとなってゆく黒澤には茶目っ気もみせたりする。


山賀 琴子(やまが ことこ、1995年1月23日)
女優。青山学院大学法学部卒業。









武井恭平 役: 岡田龍太郎


ブリッジの若手社員。響子班に所属し、秘書のように行動を共にする。

今どきのイケメンの若者。社交的で調子はいいが、事務的な作業で何かとポカミスが多く、響子からいつも注意されている。


岡田 龍太郎 (おかだ りゅうたろう、1993年12月27日)
俳優。 兵庫県出身。所属事務所はケイダッシュ。

まとめ

ドラマ「ヘッドハンター」もキャスト・あらすじを紹介してきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Can’t stop Thinking© 2018 l