スポンサーリンク



ダイヤのA act2【290話】のネタバレ!最新話「悪くねえな」の内容と感想

コミック・書籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話

2022年5月18日発売日の25号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第290話】を読んだ、内容や感想などを紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク



ダイヤのA act2【290話】のネタバレ!

 

 

ダイヤのA act2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ
※:サイトに初回登録時のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません

 

 

ダイヤのA actⅡ 290話〈悪くねえな 〉

 

カルロスの打った打球はセンターに飛んでいきます。
しかしボールはスタンドに届きませんでした。

 

 

東条の守備範囲でセンターフライに倒れます。
沢村の球威が勝ったようです。

 

 

攻守交替でマウンドに向かう成宮。
降谷と沢村が2対1で自分を倒しに来る状況に“悪くない”と思います。

 

今度は青道の攻撃です。
打順は2番からの小湊からの上位打線。

 

青道にすれば追加点を取るチャンスになります。
いかに成宮といえ、既に8回の終盤です。

 

 

疲れが出てもおかしくはありません。

 

家族が見守る中、バッターボックスに立つ小湊。
ここで点を取り沢村を楽にさせたいところです。

 

成宮の初球はストレート。

 

これをバットに当てる小湊ですが、球速は151㎞と最速のスピード。
球数は82球と余力はまだありそうなピッチングです。

 

続く2球目も強振してファールの小湊。
春の選抜では十分なバッティングが出来ませんでした。

 

もう一度甲子園に立ちたいと気合が入ります。
しかしカウント1-2と追い込んだ成宮の勝負球はカーブでした。

 

さすがに頭になかった小湊は、予想外に思わず空振り。
三振に倒れてしまいました。

 

スポンサーリンク
Sponsored Links

 

王者のプライド
これでワンアウト。

 

一体どれだけの引き出しがあるのかと、昨年戦った青道OBも驚くほどです。
次は3番の白州です。

 

今日はヒットも打たれています。
しかし初球の立ち上がりはまたしてもカーブ。

 

多田野の強気なリードですが、これには意図がありました。

 

ネクストバッターボックスで構える御幸。
明らかにカーブを意識させる投球です。

 

ダイヤのA act2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ
※:サイトに初回登録時のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません

 

ダイヤのA act2【290話】ネタバレの感想

 

カルロスに勝った沢村。

三者凡退と文句なしのリリーフでした。 一方、成宮は負けん気魂に火が着いたようです。

 

この試合で9個目の奪三振と疲れた様子がありません。

稲実バッテリーの強気姿勢は御幸を見越してのこと。 前の打席でヒットを打たれているだけにリベンジしたいのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました