宇野昌磨さんの演技の特徴とみどころ!ギネス記録認定の技とは?

スポンサーリンク
Sponsored Links

活躍が期待される日本スケート界のホープ宇野昌磨選手






宇野 昌磨(うの しょうま)

  • 1997年12月17日
  • フィギュアスケート選手(男子シングル)
  • 愛知県名古屋市出身
  • 血液型はB型
  • 中京大学スポーツ科学部
  • コーチ: 山田満知子、樋口美穂子
  • 振付し: 樋口美穂子、ステファン・ランビエール


主な実績
  • 2016年全日本選手権優勝
  • 2015年、2016年グランプリファイナル3位
  • 2015年世界ジュニア選手権
  • 2014年ジュニアグランプリファイナル各優勝など。

宇野昌磨選手の演技の特徴と見どころ

宇野昌磨選手は2016年4月22日に開催された「3大陸対抗戦 コーセー・チームチャレンジカップ(アメリカ・ワシントン州スポケーン)」で4回転フリップジャンプを成功させました。

公認大会での成功は初めてだったのでこれがギネス記録に認定されました。







スピンの際の軸が安定しており手首や肘の使い方が柔らかいため色々な手首の使い方ができ演技にいかせます。



ジャンプが得意でトリプルアクセルや4回転トーループを習得できギネス認定の4回転フリップジャンプを武器に演技構成をしています。



表現力にも定評がありますが、本人は表現力」課題とあげています。




フィギュアスケートを始めたきっかけ



5歳の頃に遊びに行ったスケートリンクで、浅田真央さんに声をかけられたのが、きっかけでスケートを始めました。

関係者の話によると、いつも浅田真央選手の後ろを滑っていて姉弟のようだったそうですよ。


憧れの選手は、髙橋大輔さん


宇野昌磨選手の家族構成



宇野昌磨選手のお父さんが名古屋にあるIT関係の会社の社長さん



祖父は画家の宇野藤雄、日本国内のみならず海外からの画家としての評価が高い



4歳年下の弟はモデル!でアイスホッケーの選手







スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする