宮原知子のフィギュアスケートの評価とスケート始めた理由

スポンサーリンク

フィギュアスケート界女子のエース「宮原 知子」さん浅田真央二世と呼ばれ、実力的にも今後の活躍が大いに期待されています。



宮原知子選手を調べていると「嫌い」というキーワードが目に入ったので調べてみました。






宮原 知子(みやはら さとこ)

  • 英語: Satoko MIYAHARA
  • 1998年3月26日
  • 女性フィギュアスケート選手(女子シングル)
  • 京都府京都市中京区在住
  • 左利き
  • 血液型:B型
  • 身長: 150cm
  • 趣味: 料理、読書
  • 所属: 関西大学
  • コーチ: 「濱田美栄」「田村岳斗」「新野陽子」
  • 振付師: 「ローリー‣ニコル」「トム‣ディクソン」「ステファン‣ランビエール」


主な実績
  • 2015年世界選手権2位、
  • 2014年、2015年全日本選手権優勝
  • 2014年、2015年四大陸選手権2位
  • 2015年、2016年グランプリファイナル2位
  • 2016年四大陸選手権優勝など。

宮原知子さんは歯の矯正をしていましたその理由は
歯を矯正する理由としては単に歯並びを良くし綺麗に魅せるということもありますが、歯並びが悪いと身体に悪影響を及ぼす可能性があるんです。

フィギュアスケート選手は身体のバランスが大切で、歯並びの悪さが演技や体調に悪影響を与えないようにです。




宮原知子さんがフィギュアを始めたきっかけは?

両親の一言で4才の時にスケートを始め楽しかったのでそのまま続け5歳の時にスケート教室に通うようになった。両親がお医者さんで仕事の都合でアメリカ合衆国のテキサス州ヒューストンで7歳まで過ごしたので英語も堪能で通訳はいません。



英語が理解できるので通訳を挟んでしまうと微妙なニュアンスなど掴みにくいのですが宮原知子さんはその点に不安はありません。



フィギュアスケートのコーチによると宮原 知子選手は、真面目で黙々といつまでもかなりの練習をするなどスタミナもあり努力家だと評価しています。



宮原知子 脅威の体脂肪率6%


スポンサーリンク

フィギュアスケートで宮原 知子選手の特徴

  • 「ミスターパーフェクト」、安心と信頼の知子さん」と呼ばれるほど安定している選手でジャンプ・スピン・ステップに置いてスキのない演技で5種類あるジャンプでアクセル以外すべて3回転ジャンプで跳ぶことが出来る技術力の持ち主。
  • 左右両回転のコンビネーションジャンプが彼女の代名詞




世界ランキング 2017年1月の段階で、ランキング1位である






宮原知子さんのインターネット上の声






宮原知子選手が嫌い?華がない?

フィギュアスケートファン以外にも名前が知れ渡るようになりました。

一部の人たちは厳しいコメントを書いています。


  • 「ジャンプが美しくない」
  • 「有名選手と比べると演技が地味に見える」
  • 「他の選手と演技内容が被ってる」
  • 「宮原知子が嫌い。華がない。失敗しないプログラムを見ているだけ」




宮原知子選手の演技に対する批判の多くは「点数を意識した手堅い演技でつまらない」というものです。



ミスの無い滑りを見せることも難しいことだと思うのですが、身長が小さい分演技が華やかさが欠けて迫力感が足りなく見えてしまうのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まり より:

    宮原選手が嫌いという人、自分がスケートやってみろ。華があるないだけで好きとか嫌いとか言うのは良くないと思う。皆日々一生懸命努力して練習しているんだし。

    フィギュアスケートが競技である以上、点数を意識することは重要だと思う。いくら華があったって、試合で勝てないと意味がない。