【本田真凛】Marin Hondaの兄妹や家族構成【動画】かわいい【画像】成績

スポンサーリンク

20160honda
フィギュアスケート女子、本田真凛選手が海外でもかわいいと話題で持ちきり

さっそくプロフィールを調べてみました。




本田真凛のプロフィール

生年月日  2001年8月21

出身地   京都府京都市

オスカープロモーション所属





子役専門の芸能事務所「テアルトアカデミー」に所属していたこともありました。



スケートは2歳の時に初めたそうです。

2歳ってスゴイですよね!!

私の子供がそんな年齢でスポーツをするとか、ましてフィギュアなんてやらせようとは考えつかないですよね、きっと兄弟でフィギアをしているので生まれた時からフィギア生活でしょう、もう生活の一部となっていると思います。



4歳から七田教室へ通室した真凜ちゃん



小学生のころには3回転ジャンプをマスターしていたそうです



ジャンプもそうですが一番は演技力が凄まじい!




本田真凛のコスプレ姿が人気!


成績

2016 JGP日本大会 2位
2016 アジアンオープントロフィー(Jr) 優勝2016 世界ジュニア選手権 優勝
2016 第36回全国中学校スケート大会 3位2015 全日本選手権 9位
2015 ジュニアグランプリファイナル 3位
2015 全日本ジュニア選手権 6位
2015 西日本ジュニア 5位
2015 JGPクロアチア大会 優勝
2015 JGPアメリカ大会 2位
2015 アジアンオープントロフィー(Jr) 2位
2015 バヴァリアンオープン(Adv.Nv2) 優勝2014 全日本ジュニア選手権 4位
2014 全日本ノービス選手権(Nv. A) 2位
2014 アジアンオープントロフィー(Adv.Nv.) 3位
2014 クープドプランタン(Adv.Nv.) 2位2013 全日本ジュニア選手権 5位
2013 全日本ノービス選手権 3位
2013 アジアントロフィー(Adv.Nv.) 2位

本田兄妹

7889
お父さんは、本田竜一さん元々スケート選手だったようです。
子育てについて、「長女を育て、四女に教わった 本田家流 子育てのヒント」と言う本を出版されています。

長女を育て、四女に教わった 本田家流 子育てのヒント

おかあさんは、本田真紀さん
家族構成は5人兄弟の3番目で上に姉の真帆、兄の太一、二女の真凛、三女の本田望結、四女の紗来で真凛、望結、紗来の3人はオスカープロモーションの所属し芸能活動もしている、特に四女の紗結はドラマやテレビCMで活躍しています。

長女:真帆さん (1994年生まれ)

長男:本田太一選手(1998年生まれ)

次女:本田真凜選手(2001年生まれ)

三女:本田望結ちゃん(2004年生まれ)

四女:本田紗来ちゃん(2007年生まれ)



本田竜一(ほんだ・りょういち)

1968年大阪府生まれ、京都府育ち。 妻の真紀とは大学時代に知り合い、数年の交際を経て結婚。翌年に長女が誕生。 妻の名前から「真」の一文字と、ふたりが最初に出会った場所がヨットハーバーだったことからヨットのセールにちなんだ「帆」の文字を合わせて、真帆と名付ける。

その後、幸運にも3学年ずつ間隔をあけながら子宝に恵まれ、一男四女の父となる。 フィギュアスケートの選手として、長男の太一と次女の真凜(まりん)は共に全日本ノービス(ジュニア以下の部)において優勝経験を持ち、三女の望結(みゆ)は2012年の京都府の大会で優勝。 四女の紗来(さら)も将来を期待されている。

また、三女の望結は学業とフィギュアスケートを両立させながらタレントとしても活動。 テレビドラマ『家政婦のミタ』で一躍注目される。 自身も仕事と子どもたちの活動のフォローに毎日奔走する多忙な日々を過ごしている。




【動画】本田真凛SP2016年世界ジュニア選手権




SPでは、やる気とは裏腹に、気持ちが空回りしたようだ。予定していたフリップ+トーループの連続3回転ジャンプで、2つ目のジャンプを跳ぶことができずに大きく減点され、最後の3回転ループでも着地で詰まって得点が伸びなかった。SPはジャンプのミスで55.47、首位と10.19点差の5位と出遅れた。

SP後に涙を流した本田は、「すごくたくさん練習してきたつもりなのに、悔しい。たくさんのお客さんの前でいい演技をしたい気持ちが強くて、試合で落ち着けなかった。緊張もプレッシャーもなく、一番いい演技を見せられたらいいなと思いすぎて、自分に期待しすぎてしまった」と、気持ちの持っていき方がうまくできなかった反省を口にした。




スポンサーリンク

本田真凛さんのかわいい画像集 ぷち水着も

44558879




b6mmgkacaaavo0r




cxuusi1ueaajepa




i1zpozr




vcz3nwsbvb5kp5y_ahfzj_863


maxresdefault



本田真凛選手の評価



プロスケーター織田信成さんインタビュー

東京都内で行われた「シブヤ大学×ロッテ イースター攻略講座」にゲスト講師として参加した織田信成が、世界ジュニア選手権で優勝した本田真凜について語った動画です。



「ジャンプの質、表現、指先の美しさなど、練習だけでは身につかないものを持っている。 今後、世界女王になれる選手だと思う。」(織田信成さん)



「16歳で迎える平昌では、日本のエースになっている可能性がある」(八木沼純子さん)



(本田選手は)芸術家。感性が凄い。曲に対するセンスも優れ、振り付けも任せるときも・・(浜田美栄コーチ)




2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権女子シングルで優勝した本田真凜さんの特集動画です


14歳の本田真凜はフィギュアスケート世界ジュニア選手権のデビューを、見事に優勝で飾った。フリーでは、三回転ルッツ、三回転サルコワ-三回転トウループなどの巧みなコンビネーションで自己ベストの126.87点を獲得しショートプログラムとの総合では192.98点で優勝をものにした。2位には188.72点でロシアのマリア・ショツコヴァが入った。


















ロッテCMメイキング









fd2fd066-s

本田真凛のコスプレ姿が人気!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 七田チャイルドアカデミーと言えば フィギュアスケートの本田姉妹(真凛、望結)が有名ですね […]