Sponsored Links

『正義のセ』あらすじやキャスト!ドラマの原作を紹介!

ドラマ『正義のセ』のキャストやあらすじを紹介と
気になったので原作があるのか調べてみました。



2018年4月からスタートするドラマで
主人公・竹村凜々子(吉高由里子)が努め、横浜地検で働く2年目の検事役を演じます!


スポンサーリンク
Sponsored Links

『正義のセ』番組概要

【タイトル】 「正義のセ」
【放送枠】 2018年4月スタート 毎週水曜よる10時~11時放送
【原作】 阿川佐和子「正義のセ」シリーズ(角川文庫)
【脚本】 松田裕子
【チーフプロデューサー】 西憲彦
【プロデューサー】 加藤正俊 鈴木香織(AXON)
【演出】南雲聖一 明石広人 岩﨑マリエ
【制作協力】 AXON
【製作著作】 日本テレビ
【番組公式HP】 https://www.ntv.co.jp/seigi-no-se/


「正義のセ」原作


原作はエッセイ、小説、テレビと幅広く活躍する阿川佐和子さん。

160万部を超えるベストセラー『聞く力 心をひらく35のヒント』で知られる阿川佐和子さんのシリーズ小説「正義のセ」を、満を持してドラマ化します。



『正義のセ』原作を読む


正義のセ』あらすじ

竹村凜々子(吉高由里子)は、この春、横浜地方検察庁港南支部に赴任した2年目の検事。正義感が強く、明るい性格で家族思い。東京の下町で豆腐屋を営む父の浩市(生瀬勝久)、母の芳子(宮崎美子)、妹の温子(広瀬アリス)と暮らしている。

検事1年目は大阪赴任だったため、恋人の優希(大野拓朗)とは遠距離恋愛になっていたが、「これからは仕事も恋愛も、両方きっちりやる!」と決意を新たにしていた。

港南支部には、支部長の梅宮(寺脇康文)をはじめ、先輩検事の大塚(三浦翔平)、徳永(塚地武雅)ら個性的なメンバーが揃っていた。

そして、凜々子とバディを組む担当事務官に就いたのは、一癖ありそうなベテランの相原(安田顕)。

早速、相原と共に取調べに臨む凜々子だったが、喜怒哀楽がすぐに出てしまう性格のため、ついつい被疑者に怒りを表したり、同情したり、乗せられたり……

そのたびに相原から「被疑者にはあまり感情移入しないように」と小言を言われてしまう。
そんな凜々子が、ある傷害事件を担当する。


「正義のセ」相合図







登場人物・キャスト紹介

《横浜地方検察庁 港南支部》



竹村凜々子(りりこ) …… 吉高由里子


二年目の検事。
感情豊かで家族思い。
検事としては、持ち前の正義感でまっすぐに被疑者の取調べに挑むが、頑固で融通が利かない性格のため、失敗も多い。
長所は、納得するまで決してあきらめないところ。短所は、すぐにカッとなるところ。





出演作品(ドラマ・映画)

「私が恋愛できない理由」(2011年・フジ)、「ガリレオ」(2013年・フジ)、「花子とアン」(2014年・NHK)、「東京タラレバ娘」(2017年・日テレ)ほか

「横道世之介」(2013年)、「真夏の方程式」(2013年)、「ユリゴコロ」(2017年)、「検察側の罪人」(2018年)ほか








相原勉 …… 安田顕


検察事務官。凜々子の担当。
事務官は検事をサポートするのが仕事だが、凜々子が日々破天荒に突っ走るので、ついつい感情的になって小言を言ってしまう。



出演作品(ドラマ・映画)

「下町ロケット」(2015年・TBS)、「重版出来!」(2016年・TBS)、「嘘の戦争」(2017年・カンテレ)、「小さな巨人」(2017年・TBS)、「白い刑事」(2017年・テレ朝)ほか

「任侠野郎」(2016年)、「聖の青春」(2016年)、「きょうのキラ君」(2017年)、「銀魂」(2017年)、「不能犯」(2018年)、「北の桜守」(2018年)ほか








大塚仁志 …… 三浦翔平


検事。
自他ともに認める港南支部のエース。
他人にも自分にも厳しい性格で、まだまだ検事としては未熟な凜々子に、何かと厳しく当たる。





出演作品(ドラマ・映画)

「好きな人がいること」(2016年・フジ)、「奪い愛、冬」(2017年・テレ朝)、「僕たちがやりました」(2017年・フジ)、「警視庁いきもの係」(2017年・カンテレ)ほか

「THE LAST MESSAGE 海猿」(2010年)、「BRAVE HEARTS 海猿」(2012年)、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(2013年)、「ひるなかの流星」(2017年)ほか










徳永太一 …… 塚地武雅


検事。
関西人で明るい性格。食べることが大好き。
仏のような微笑みで、被疑者の供述を引き出す。





出演作品(ドラマ・映画)

「花咲舞が黙ってない1・2」(2014年、2015年・日テレ)、「癒し屋キリコの約束」(2015年・東海テレビ)、「怪盗 山猫」(2016年・日テレ)、「ウチの夫は仕事ができない」(2017年・日テレ)、「99.9‐刑事専門弁護士‐2」(2018年・TBS)ほか

「の・ようなもの のようなもの」(2016年)、「アイアムアヒーロー」(2016年)、「高台家の人々」(2016年)、「嘘八百」(2018年)ほか










木村秀樹 …… 平埜生成


検察事務官。大塚の担当。
今どきの若者らしい堅実派。



出演作品(ドラマ・映画)

「オトナ女子」(2015年・フジ)、「バウンサー」(2017年・BSスカパー!)、「おんな城主 直虎」(2017年・NHK)、「BG~身辺警護人~」(2018年・テレ朝)ほか

「人狼ゲーム」(2013年)、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(2017年)、「亜人」(2017年)、「斉木楠雄のΨ難」(2017年)ほか




《竹村家》



竹村温子(はるこ) …… 広瀬アリス


凜々子の妹。実家の豆腐屋を手伝っている。
事件のことを相談されたときなどは、的確な意見を言って凜々子を感心させる。





出演作品(ドラマ・映画)

「玉川区役所 OF THE DEAD」(2014年・テレ朝)、「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~1・2」(2015年、2017年・テレ東)、「わろてんか」(2017年・NHK)ほか

「全員、片想い」(2016年)、「L-エル-」(2016年)、「新宿スワンⅡ」(2017年)、「氷菓」(2017年)、「巫女っちゃけん。」(2018年)、「食べる女」(2018年9月公開)ほか










竹村芳子 …… 宮崎美子

凜々子の母。
三代続く竹村豆腐店に嫁いで30年。
明るく前向き、多少のことは気にしない大らかな性格で、竹村家を支えている。



出演作品(ドラマ・映画)

「マザーズ」(2014年・中京テレビ)、「プラチナエイジ」(2015年・東海テレビ)、「女たちの得喪最前線」(2016年・テレ朝)、「越路吹雪物語」(2018年)ほか

「ピンクとグレー」(2016年)、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」(2016年)、「金メダル男」(2016年)ほか








竹村浩市 …… 生瀬勝久

凜々子の父。竹村豆腐店・店主。
生粋の江戸っ子で、義理人情に厚く、面倒見がよく、涙もろい。
年頃になってきた凜々子の結婚問題が気になっている。





出演作品(ドラマ・映画)

「リーガル・ハイ シリーズ」(2012年~2014年・フジ)、「べっぴんさん」(2016年・NHK)、「重版出来!」(2016年・TBS)、「侠飯~おとこめし~」(2016年・テレ東)、「貴族探偵」(2017年・フジ)ほか

「ストロベリーナイト」(2013年)、「プラチナデータ」(2013年)、「謎解きはディナーのあとで」(2013年)、「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」(2014年)、「エイプリルフールズ」(2015年)ほか




まとめ

「正義のセ」の主なキャスト・あらすじ

相合図を紹介しました。



個人的には久々にヤスケンが見れて嬉しいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする