Heaven最終回のネタバレ!ヘブン?結末はどんな話?【佐々木倫子】

コミック・書籍
Advertisements
Advertisements

2019年7月のドラマ化される佐々木倫子さんの人気作品

 

Heaven?ご苦労レストラン」の最終回はどんな内容だったか?

 

内容を振り返ってみたい方、ドラマを見て最終回が気になった人にヘブンの結末がどうなったのかネタバレをなるべく端折らずに濃厚に最終話を伝えていきます。

 

ドラマでは、オーナーの黒須仮名子役を石原さとみさん、そしてサービスマンの伊賀君役は福士蒼汰さん、このお二人でも豪華なキャストでヒット間違いない予感がしますよね。

 

 

 

現在決まっているキャストは

  • 黒須仮名子(くろす かなこ):石原さとみ
  • 伊賀 観(いが かん):福士蒼汰
  • 川合太一(かわい たいち):志尊 淳
  • 堤 計太郎(つつみ けいたろう):勝村政信
  • 小澤幸應(おざわ ゆきお):段田安則
  • 山縣重臣(やまがた しげおみ):岸部一徳
 

 

2019年7月放送開始

見逃し動画はparaviで視聴できると思います。

 

 
Advertisements
Advertisements



Heaven?ご苦労レストラン

 

Heaven?ご苦労レストランは

 

 

『週刊ビッグコミックスピリッツ』で1999年40号から2003年29号で連載していました。

 

全6巻(45話)で作者は、『おたんこナース』や『チャンネルはそのままで』、『動物のお医者さん』などのドラマ化もされている、佐々木倫子さんの作品です。

 

 

 

佐々木倫子さん作品の立ち読みは・・・こちら

 

 

ヘブン最終回のネタバレ!heaven?

 

 

【中古】 【コミックセット】Heaven?(ヘブン)(全6巻)セット/佐々木倫子 【中古】afb


 

ドラマの最終回ではなく原作漫画の最終話のネタバレとなります。

ドラマはまだ放送前なので放送終了までわかりませんが

 

佐々木倫子さんの作品なので、そんなに変更が出ると思いませんので

ドラマでも同じ様な結末が待っていると予想します。

 

 

もし違う終わり方でも原作のヘブン?とどこが違うのかなど

比べても面白いと思いますので参考にしてくれたらいいと感じています。

 

 

ヘブン?6巻が最終巻となっています。

Heaven?6巻の立ち読みは・・・こちら

 

 

以下ネタバレになります。

知りたくない方は、見ないようにしてください。

 

 

 


 

 

実際に無料で読んでみたい方は

下記に無料で読める方法を紹介していますので興味のあるかたはお試しください。

 

 

heaven?(ヘブン?) 最終話【楽園】前編

 

天気のいい日

ロワン・ディシーの隣のお墓にはたくさんの人が訪れていた。

 

空には飛行機雲

 

店内から伊賀君は、外の様子が気になるようだ!

あちらこちらで、路上で椅子に座りスカウターを持った人が通行人調査をしているのが気になっていた。

 

お隣に、やすらぎ館でイベントでもしているのかと外に出てきた考えていた。

 

 

数日後、オーナーは焼き鳥屋さん「とり吉」で

接待を受けていた。

 

お相手は、出版社の社員さんは「あなたにごちそうするのか今回が最後です!」

今回は自腹・・・

 

黒須:えっ

 

 

黒須出版会社の、河音公論が民事再生法を申告しまして・・・

と話が切り出された。

 

 

要するに出版社がつぶれたのだ!

 

 

黒須は、ロワン・ディシーに戻り

スタッフと賄いを食べながら出版社の件を伝えた。

 

 

他の出版社でも書けるでしょう?

人気作家だったらね・・・

 

 

私には、レストラン経営にがあるもの!

 

 

と話をしている所に、オーナーを訪ねてきた人物がいた。

 

 

 

招福堂と申します。

 

 

ここに和風喫茶を出したい!

 

 

黒須は、「私たちに出ていけと・・・」

 

 

招福堂は、いえ

と否定するが

 

ですが契約更新時に競合になりますので・・・

 

この場所で利益を出せるのは喫茶店だけだと思うんです。

やすらぎ館のお客様にも利用していただけるし

 

 

と話している。

 

 

須賀君は、先日していた交通人調査は招福堂さんが?

の質問には、「はい」と答えた。

 

 

リサーチも済んでいるんですね。

 

 

 

オーナーに招福堂さんは

「なぜ、ここでフランス料理店を?」

 

 

また、その話!

 

くどい

と思いながらもオーナーが話はじめた。

 

ここはどこ駅よりも徒歩15分

 

何かのついででは、来られない場所

 

 

だからこそ、お客様は食事のことだけを・・・

 

この店の事だけを考えながら来てくださる!

 

 

そういう立地を探し抜いてここをみつけたのです。

 

 

簡単には退けませんわね!

 

 

 

招福堂は

「なるほど・・・」

 

 

移転先の物件も紹介できますので。

 

 

と言ってお店を出ていきました。

 

 

 

 

スタッフは

移転か・・・・

 

 

招福堂さんから頂いた和菓子を頂きながら

 

シェフは移転に賛成

 

しかしオーナーの黒須は

移転はリスクが大きいと反対!

 

 

スタッフと競合に負ける負けないで言い合いなった。

 

そこに伊賀くんがオーナーに

 

どうしてそこまで、この場所にこだわるんですか?

 

 

「一言では、とても言えない思い入れがあるからよ・・・」

 

 

 

とにかく招福堂さんの紹介してくれる物件を見に行きませんか?

 

との提案だが、オーナーは行かないと即答

 

 

伊賀くん落ち込んでるのか?

 

 

伊賀:「いえ」

 

サービスマンには向いていないはずの僕がここでは

けっこう、うまく・・・・・・

 

 

けっこう、うまく(?)

楽しく(?)

やっているなと・・・・

 

 

 

そうだな~

俺も結構楽しかったよ・・・

 

 

 

 

数日後

 

 

スタッフは新しい店舗を下見に来ていた。

 

 

駅から3分

 

 

トイレもあるぞー

 

ワイン庫に電磁調理器

 

みんな浮かれていた。

 

 

その時、ロワン・ディシーでは

 

 

伊賀くんが一人シルバーを磨いていた。

 

 

そこに、オーナーが何か食べようとお店にきて冷蔵庫をあさっている。

 

 

 

突然、伊賀くんが

「・・・ここがオーナーのマンションに近いからですよね?」

 

 

と言い出した。

 

黒須オーナーは「なにが?」と返す。

 

オーナーがこの場所にこだわる理由です。

 

 

そうか!

 

 

思いだしたように

 

 

そうだったわ

 

 

この場所を選んだ理由を思い出した。

 

 

小腹が空いたら5分でこれるここでレストランをやろう!

 

 

 

移転反対と改めて意志を固めた。

 



 

 

ロワン・ディシーでは

移転の準備で掃除や備品をまとめていた。

 

 

ソムリエの山縣重臣は

レストランの床についたワインのシミを顔をつけて

くんくん

 

くんと匂いを嗅いでいる。

 

 

「豊潤で濃縮した果実の極み!」

 

もうすでに床のシミになってしまっているとはいえ

なんと芳しいことか!

 

 

割っちゃったんだよなあ・・・・・

 

(オーナーにはヒミツ)

 

 

オーナーの黒須がやってきて

「店の移転OKよ!」

 

私が店の近くに引っ越しすればいいのよね。

どうせ賃貸なんだから。

 

 

伊賀くんは

 

えつ

 

そ・・それは・・・

と驚いた。

 

 

オーナーは、他のスタッフの方に振り向くと・・・・

 

なに、その格好?

 

 

ヘブン6巻を無料で読めるサイトは・・ここ
※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 

 

佐々木倫子さん作品の立ち読みは・・・こちら

 

 

 

 

heaven? 最終回【楽園】後編

 

 

黒須が振り向くと

 

 

キラキラした

 

スタッフが和食の料理人の格好で

 

「いいえ、移転しません。」

 

 

オーナーここで、和風喫茶をやりましょう!

 

 

目を輝かせているスタッフ

伊賀くんは、

「・・・・という事になりました・・・・・」

 

 

 

 

 

どよ~ん

とした表情の黒須オーナー

 

 

いやーいよいよ

ここを去ろうと思うと意外と愛着がありまして

 

 

招福堂さんの紹介の物件は断りました。

 

 

移転しなくてもいいんです。

 

 

フランス料理じゃなくっていいんです。

 

 

 

この場所でやってきましょう!

 

とオーナーに手をだし握手を求めた。

 

 

 

 

すかさずシェフが

「さあ、どうぞ」

 

 

たくさんの和菓子がテーブルいっぱいに並んでいた。

 

 

だんごにパフェ、草餅、あんみつ

きんつば・羊羹など・・・

 

 

オーナーは

甘いものばかりじゃない!

 

声をあげたら

 

シェフは

 

磯辺焼きもやりましょうか。

 

 

お酒は、甘酒

 

和風喫茶ならばここでやっていけるんです!

 

 

黒須が

甘酒飲んでまで、ここで店をやって何が楽しいのよ!

 

私が飲めないお店なんか、やめちゃえ!

 

声を大にして叫んだ。

 

 

 

 

そうだ

 

 

オーナーが飲めない店では意味がない

 

と伊賀くんは思っていた。

 

 

そこに、招福堂さんがやってきた。

 

「なるほど、和風喫茶に衣替えですか。」

 

 

 

 

競合はさけたい。

あわよくば招福堂をこの場所であきらめさせたい。

 

 

オーナーの黒須は

 

柱によしかかり

 

ブーーーンとしていた。

 

 

店長の堤 計太郎は

 

しょ・・・勝負は、五分と五分です。

 

わ・・我々も三年間家賃を滞納しなかった実績があります。

 

こんなハッタリを言ったが、当然効く訳ありません。

 

 

 

招福堂さんは

なるほど、しかし弊社も全国に20店舗の実績があります。

どちらが選ばれるでしょうか?

 

 

 

店長は撃沈

 

続いてシェフの小澤幸應が前にでてきた。

 

 

私は和菓子の経験は浅いのですが・・・

今日からだよね~

と川合太一が、ツッコミをいれた。

 

 

 

その分、自由な発想で革新的な和菓子を創作できます!

鼻息を荒くしてシェフは言った!

 

 

すかさず招福堂さんは

 

うちは老舗の味で勝負するしかありませんね。

冒険はできませんので。

 

 

またしても負けてしまった。

 

 

続いては、ソムリエの山縣重臣

 

医者と坊主は年寄りのほうがありがたいもの。

 

墓参りのお客様には、私が枯淡のサービスを・・・・

 

 

対する招福堂さんは

 

 

うちは二十代・・・・

いえ十代中心です。

人件費をおさえませんと。

 

 

言い負かされたロワン・ディシーの面々は

 

いちいち、もっともだ

 

やはり、むこうが勝つ・・・・・・・・・のか!?

 

 

 

 

おっ最後に忘れていた

天然まるだしの川合太一が

キラキラ顔で

 

僕たちここにいたいんです。

 

この店をとらないで。

 

 

しかし

お気の毒とは思いますが・・・・

 

 

オーナーは無言で柱に寄り掛かったまま

 

 

招福堂さんは

「では、契約更新時に。」

 

と言ってお店の外へ向かった。

 

 

 

やっとここで

オーナーの登場!

 

 

招福堂さん

競合になったら、うちが勝ちますよ!

 

私がこの場所を選んだのではない。

 

場所が私を選んだのだから!

 

 

でたーオーナーのハッタリ・・・

 

 

墓場はもっとも生産から遠い場所。

 

 

わからないの?

 

この安らぎの場で金もうけをするのは間違っているのよ。

 

 

ずい

 

ずい

 

 

とオーナが、にじり寄り

 

外へ招福堂さんが

じり

じり

 

下がっお店のて外まで出てきたしまっていた。

 

 

外は、ゴロゴロと雲行きが怪しかった。

 

 

 

この店この場所において、すべては消費されるためにある!

 

太陽は与えるのみ!

 

地球は受け取るのみ!

 

 

 

ゆえに地上は

 

常にエネルギー過剰の状態にあり

そのエネルギーを費やすことのみ

 

生物の営みは成立する!

 

 

消費こそが

生命の祝福の行為なのよ!

 

 

とオーナーは、訳の分からない言葉で、周りを圧倒させた。

 

 

スタッフは

勝つぞー

オーナーついていきます。

 

なども声もあがっている。

 

そこで伊賀くんに急に話をふってきた!

 

 

黒須:勝ったら私、甘酒を飲んで暮らすことになるのよね。

 

伊賀:はい。

 

 

黒須: で?

どうするのよ伊賀くん。

 

 

伊賀: えっーー

 

 

黒須: 考えてないの!?

 

 

 

一斉に、伊賀くんへ視線が集まった。

 

 

さらに天気が悪くなり

 

ゴロゴロゴロ・・・・・・

 

 

 

伊賀:オーナーは好き勝手のできる店が好きなのですね。

経営をしたいわけではない。

 

 

その時、雷が光った

 

ピカッ

 

 

 

黒須:そのとうり!

 

 

スタッフは:そんな

いまさら!

 

 

伊賀くん!

と全員で振り向き

 

またもや、話をふってきた。

 

 

伊賀くんは無言のまま

オーラの様なものを感じさせ

 

 

話はじめた・・・

 

 

この店は・・・・

オーナーが吐いた蜃気楼のようなもの。

 

 

 

オーナーはオーナーでありながら客であるとう矛盾した存在でした。

 

 

 

この店の役割は終わりました。

 

 

 

我々が店を去るのではなく

店が我々を去るのです。

 

 

 

お店のスタッフ全員から

伊賀くんはーーーーーー!?

 

ここでお店を続けたくないのか!?

 

 

伊賀:「あきらめましょう。」

 

 

スタッフ:「そんな!!」

 

納得できません

 

 

ゴロゴロゴロ

 

 

ピカッ

 

 

 

ドカーン

 

 

 

雷が落ちた・・・・

 

 

 

落ちた先は

 

 

ロワン・ディシー

 

 

 

そうお店に落ちたのだ!!

 

 

直撃である。

 

 

 

全員ぼーと立ち尽くしている。

 

 

オーナーの黒須は、今のなに?

 

と一言、口を開いた

その瞬間に・・・

 

 

ボッ

 

 

ロワン・ディシーの窓の中に明かりが点いた!

 

 

ボボーーーー

 

 

窓から炎が上がっているの見えた

 

 

 

 

ロワン・ディシーは落雷により火事になってしまった。

 

 

雨によって全焼は免れたが・・・

 

ひどい状態である。

 

 

 

オーナー

ロワン・ディシーのスタッフ

 

招福堂

 

 

全員、焼けたロワン・ディシーを見ていた。

 

 

 

オーナーが腰に手を当てて一言

 

 

 

ロワン・ディシー本日にて閉店。

 

 

 

雨は強く降りづづいた。

 

 

数日が過ぎ

 

場所は、長崎

 

 

ロワン・ディシーは、伊賀の実家に移転

 

 

一軒家の日本家屋をお店として間借りしていた。

 

両親が海外に行っているので

空いていたのだ。

 

 

家賃はタダ

 

 

 

元オーナーが小説の取材といいながら

食事にきたり・・

 

 

 

 

1年後

 

 

伊賀くんの両親が帰国し

ロワン・ディシーは、金沢へ移転

 

 

お約束で、元オーナーの来店

 

 

また移転・・・・・

 

 

移転・・・・・

 

 

 

 

 

移転を続け

 

40年後

 

 

 

 

神々の楽園バリ

 

 

 

スーツをビシッと決めた白髪の男

 

 

伊賀

 

 

 

バリに、ロワン・ディシーは移転していた。

 

 

 

 

そこに、少し早いがディナーを食べたいというお客が来ているとスタッフの女性が伊賀に相談に来ていた。

 

 

スタッフは、ディナーは18時からと申したのですが・・・

 

 

伊賀はそのお客様のもとへ向かった。

 

 

キャペリンハットをしている女性が

シャンパンを飲みながら待っていた。

 

 

伊賀は、

いらっしゃいませ。

 

 

ここまで小説の取材ですか

 

オーナー

 

 

 

あなたが立派なサービスマンになったか見に来たのよ。

 

 

 

その姿は、ロワン・ディシーにあった。

 

Loin d’ici

 

 

これで、ヘブンの最終回が終わりとなりました。

 

 

ヘブン6巻を無料で読めるサイトは・・ここ
※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 

ドラマ化されたらどのような終わり方をするのか楽しみでありますが

演出の違いはあると思いますが、佐々木倫子さんの作品なので

 

大きくは変更しないと思います。

 

 

最終回がお店に雷が落ちて、火事になり

閉店、移転を繰り返すというラストでした。

 

ハプニング続きで先が読めないのでとても面白い作品でした。

 

 

ヘブン?を無料ですぐに読む

U‐NEXTは動画はもちろん
最新コミックをいち早く配信していますので最新刊を読みたい方におすすめです!
 

 登録後31日間は無料でお試しいただくことが可能なので、
無料期間中に存分にアニメや動画を楽しんでしまいましょう!

 

解約も簡単に出来て安心です!

 

携帯やタブレットがあれば、いつでもどこでも見ることが出来るし中でもU-NEXTはとくに動画本数もたくさんあり、配信数はなんと120,000本以上

 


最新の有名作品も見る事ができるのでレンタルビデオ屋に行く必要がありませんネット環境さえあれば、スマホやテレビでも鑑賞できるので

 

はっきり言って楽です。

 

 


レンタル屋さんに行かなくても言い分時間が短縮されますし、何かの待ち時間でも自分の端末化から好きなドラマ・映画がやアニメまで見れちゃうんですから!!

 

そして、U-NEXTを登録してみると無料トライアルと言うのがありなんと31日間の無料期間がついています!!

 

31日ですよ1ヶ月の間タダで鑑賞できちゃうんです!

 

 

 

 

u-nextの電子書籍サイトは
  • 雑誌は読み放題
  • 少年・青年コミック
  • 少女・女性コミック
  • 青年大人向けコミック
  • 女性大人向けコミック
  • 文芸・小説
  • 政治・経済・ビジネス
  • 趣味・生活・雑学・ガイド
  • 学問・資格・芸術・IT
  • 官能小説・ボーイズラブ
  • 写真集
と種類も豊富です。

 

u-nextは映画も漫画も両方楽しむことができます。

 

 

最新のアニメや映画も見ることができるのでかなりお得です。

 

 

電子書籍でありながらコミックが発売と同時に配信されています。

 

 

 

初回登録して獲得した

ポイントを利用して最新刊コミックを読みましょう!

 

キャリア精算対応なので、すぐに読むことができます。

 

 

ヘブンを読もう!・・・電子書籍【U-NEXT】

 

 

 

ヘブンを1~2冊無料で読める!

 



 

music.jpは音楽をはじめ
動画・マンガ・書籍まで、幅広く楽しめる
総合配信サービスです

 

 

はじめて利用する方は

始めに初回ポイントを利用できるのですが

 

そのポイントは、2461ポイントもあり

内訳は

動画のみ:1500ポイント

他:962ポイント

 

 

 

この動画以外で利用できる962ポイント(円)分を利用すれば

ポイント分の漫画を無料で読むことが出来ます!

 

 

安い漫画であれば2冊、高い漫画だと1冊は必ず無料で読めます。

少し高い漫画もいち早く読めるのでお試しください。

 

 

お試しは・・・こちら『music.jp

 

 

佐々木倫子さん作品の立ち読みは・・・こちら

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました