Sponsored Links

『クレヨンしんちゃん』しんのすけの声優が変更! 初代は誰?声が変わったの?

長年愛され続けているアニメ『クレヨンしんちゃん』で声優さんが変更になることがしばしばあります。

長期にわたり放送しているとどんなアニメでも声優さんの変更は起こってしまいます。



理由は様々で、声優さんのや放送局の都合や不慮の事故などが一番多いでしょう。



クレヨンしんちゃんにも同じことが言えます。



主人公の野原しんのすけの声優は今は誰がしているのでしょうか?

声がかわったなんて声も出ています!


スポンサーリンク
Sponsored Links

野原しんのすけの声優『初代』

しんのすけの声優のプロフィール



矢島 晶子(やじま あきこ)

生年月日:1967年5月4日
職業: 声優。
出身地: 新潟県柏崎市出身。
学歴: 淑徳短期大学卒業。
身長: 153cm。
血液型: B型。
所属事務所: フリー(AIR AGENCYと業務提携)。
そのほかの活動: 日本芸術専門学校特別講師。





矢島 晶子さんが担当している声で有名なのは『スターウォーズエピソード1』の主人公アナキン・スカイウォーカーの吹き替え版の声や『ホーム・アローン』『シックスセンス』などの子役を担当していました。



『スターウォーズエピソード1』と『ホーム・アローン』

U-NEXTで視聴できます。




しんのすけの声が変わった?



ネットの声で

しんちゃんの声が
現在と初期とで全然違う気がするのは
気のせいでしょうか?因みに声優はずっと矢島さんですよね?





しんのすけの声優はアニメ放送開始から一度も変更になっていません。

ので2018年6月までは矢島 晶子(やじま あきこ)さんが務めています。



では

なぜ声が変わったように思えたのか?

放送開始から少しずつ変化をしていたのですが、当初はキャラクターの表現の仕方が確立されておらず作風に合わせ少しずつではあるが変化し、今のしんのすけになったので古いアニメを見るとそう感じてしまうのも確かです。



それに1992年のころと画質もそうですが今の音声との質もかなり違いますので

違うと感じる一つの要素かもしれません。




初代しんのすけの矢島 晶子さんが降板の理由

矢島 晶子さんがご自身で降板の話をしました。

その降板理由は

「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」と申し入れがあったそうです。



主人公の声優が変更とは、作品自体が変わると言っていいくらいの出来事ですよね。

私は未だに、ドラえもんがしっくりきていません。





2018年6月29日(金)の放送を最後の放送となるようです。






矢島晶子コメント


【矢島晶子コメント】
27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。
理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。
キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

27年間、ありがとうございました。

矢島晶子



Sponsored Links




聞きなれた声じゃなくなるのは淋しいですが

子供

の声って難しいですよね。

大の大人が幼児の声をまねをするって、プロとは言えしんどいのは当たり前で

しかも矢島晶子さんは26年間もしんのすけとして声を担当しており2018年5月で50歳を迎えています。



確かに子供の声は高音なので、体力使いそう・・・

矢島晶子さん降板理由のとおり「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」それに

「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です」

とあり相当無理をされていたのではないでしょうか?



降板は本当に淋しいですが、しんのすけがいなくなる訳ではないので

クレヨンしんちゃんも時代とともに内容が変化するのにあたり声優の変更になるのも仕方ない事の一つと納得しなければいけないのでしょう。




2代目しんのすけ声優さんは誰?

矢島晶子さんの降板後に

しんのすけの声は誰が担当するのか?





とても興味がわきますね。





私は残念ながら声優さんのことを全然詳しくないので

簡単に検索して、適当なことを書きたくありませんのでその辺は個人の想像にお任せいたします。



でも、声いつが高くて子役が出来、特徴のある声で、しんのすけのキャラにあった人物になるのは間違いないでしょう。

やはり女性の声優さんの可能性がかなり高いと思っています。





結論を書くと、まだ正式発表がない為わかりません。




まとめ

矢島晶子さんのコメントに

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

とありますので、落ち着いてあとに

もしかしたらクレヨンしんちゃんの映画などで、違うキャラクターとなって再登場してくれるかもしれませんね。



次はどんな役をするのかも楽しみです。





『スターウォーズエピソード1』と『ホーム・アローン』

U-NEXTで視聴できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Can’t stop Thinking© 2018 l