FAIRY TAIL62巻の発売日!最新刊の内容は?フェアリーテイルが完結へ

スポンサーリンク

フェアリーテイルの61巻が2017年05月17日発売され、もう少しで完結となる予定で次の62巻ではクライマックスへ近づいていく展開になりそうですね。

61巻のあとがきには「作者の真島ヒロさん」からフェアリーテールの今後のメッセージがありましたね。

気になる62巻の発売日を発表します。







著:真島 ヒロ(マシマ ヒロ)

  • 1977年、長野県生まれ。
  • 血液型:B型。
  • デビュー:『BAD BOYS SONG』(マガジンFRESH 98年8月・『ましまえん第2集』に収録)。


コミックス:
  • 『RAVE』全35巻、短編集
  • 『ましまえん』1~2巻、
  • 『プルーの犬日記』1~2巻(以下続刊・コミックボンボン)、
  • 『FAIRY TAIL』1~5巻(以下続刊)。受賞歴:第60回新人漫画賞入選(受賞作)

フェアリーテール発売日



56巻: 2016年07月15日

57巻: 2016年09月16日

58巻: 2016年11月17日

59巻: 2016年12月16日

60巻: 2017年03月17日

61巻: 2017年05月17日



平均2ヶ月で1冊のハイペースペース描いてくれています。


フェアリーテール61巻の内容


エルザとアイリーン…母と娘、哀しき因縁の決着! FT最強・ギルダーツ対スプリガン12最強・オーガスト、魔法界屈指の両雄対決! 戦場を奔走する“妖精軍師”・メイビス! 体内に潜む「竜の種」により意識を失っていたナツ、待望の復活! そして、待ち受けるゼレフの元にたどり着いたのは満身創痍の…!?

今日を生き抜き、明日をつかむ為、命を懸けて戦うFTの魔導士たち…ゼレフとの最終決戦は重大な局面へと突入!!



第519話 「笑顔を見せて」
第520話 「竜か悪魔か」
第521話 「最強の魔導士」
第522話 「グレイの切り札」
第523話 「運命は燃えているか」
第524話 「黒い未来」
第525話 「なぜ陛下の子は愛されなかったのか」
第526話 「ぼくのなまえは…」
第527話 「情」



9話収録




フェアリーテール62巻の内容

ゼレフとの最終決戦…混沌と化す戦場に、魔竜・アクノロギアが現れる! 苦戦を強いられるエルザ、ウェンディ、そしてジェラ-ル…しかし、そこに“希望”を纏いし「人物」が! 「彼女」は“アクノロギアを封じ無に還す方法”を示唆するが!?

一方、ゼレフと直接対決のナツ。兄と弟、命を賭してぶつかり合う二人…未来をかけた拳の行方は!? そして今、ゼレフの本当の目的である「ネオ・エクリプス」、その全貌が明らかに!



第528話 「魔竜」
第529話 「先生」
第530話 「ネオ・エクリプス」
第531話 「天馬 vs. 黒竜」
第532話 「愛はもう見えない」
第533話 「白魔道士ゼレフ」
第534話 「誓いの扉」
第535話 「最強の力」
第536話 「荒ぶる竜の炎」



9話収録


フェアリーテール62巻の発売日



2017年



9月15日

の発売日です。



限定版も同時発売します。

限定版は2000円



【FAIRY TAIL】63巻!最新刊で最終巻の発売日は?最後はどんな終わり方?
フェアリーテイル最終巻の発売日はいつ? 前回の62巻は2017年9月15日に発売され連載は 2017年7月26日発売の「...


フェアリーテール61巻のあとがき



作者の真島ヒロは、あとがきにて


最終決戦感は、ちゃんと出てるだろうか…(汗)。そもそもこんなに大きな話にするつもりもなく始めた作品なので、重たい話を描いていると、いつも「これでいいのだろうか?」という不安に襲われます。

~~~~~~

僕はこんなナツたちが大好きで、これからもずっと描いていたい木本もあるのですが、そろそろ新しい世界、新しいキャラ、新しい物語を作りたいと思っています。

と、いう訳で、FAIRY TAILあと2巻で完結します。



まあ、淋しい気持ちもありますが新しい事が始まる、わくわくも大きいんですよ。そこの悲しんでいるアナタ! 本当にありがとう!新し作品、すぐに始める予定だから、とりあえず妖精たいの終幕を見守ってください。

と書いてありましたので「FAIRY TAIL」は63巻で完結し

新しい作品にすぐに取り掛かるようですね。



2006年から連載を始めて11年間フェアリーテイルの世界を描いてきたので新しい事にチャレンジしたい気持ちも分かります。



ちゃんと完結して次の作品を描くっていいですね。

なかなか完結しない作家さんもいますので・・・



ちなみに2017年7月26日発売の週刊マガジン34号にて完結しました。



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする