AKB48鈴木まりやの卒業後の進路は?最後の握手会はいつ?

スポンサーリンク
Sponsored Links

AKB48鈴木まりや(25)が9日、グループ卒業を発表した。東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた公演で、「AKB48を卒業します。4月29日に26歳の誕生日を迎えるので、次の日の30日が卒業公演となります」と明かした。


鈴木は08年に7期生としてデビュー。17歳での加入は決して早くなかったが、「AKB48は私にとって遅れてきた楽しい青春みたいだった」と振り返った。12年に宮沢佐江とともに、上海に拠点を置くSNH48に移籍するなど、チャレンジ精神おう盛な活動を続けた。しかし中国では、ビザなどの関係で満足な活動をできず、13年にはAKB48と兼任になり、昨年6月にAKB48へ完全復帰していた。

11年には映画「こっくりさん劇場版」で主演を務めており、今後も女優としての活動を続ける。「今の事務所に所属したまま、映画やドラマで活躍する女優さんを目指したい」。鈴木の卒業で、7期生はSKE48佐藤すみれ(23)ただ1人となる。





鈴木 まりや(すずき まりや)

  • 生年月日: 1991年4月29日
  • 女性アイドルグループAKB48チームKのメンバー
  • 出身地: 埼玉県出身
  • 159cm
  • 所属: フレイヴ エンターテインメント所属


AKB48 チームK
(元AKB48 7期研究生→チームB→SNH48 チームSII専任→チームA兼任→チームK兼任)


映画

  • こっくりさん 劇場版(2011年11月26日、ジョリー・ロジャー) – 主演・大島絵梨 役
  • 2ちゃんねるの呪い 新劇場版・本危(2012年6月2日、ジョリー・ロジャー) – 主演・木南結香 役
  • こっくりさん 劇場版 新都市伝説(2014年2月8日、チャンス イン) – 主演・マリ 役
  • 永遠のダイヤモンド(2015年12月、ネクストモードスケッチ) – 紗希 役

鈴木まりや卒業公演・最後の握手会は?
生誕祭&卒業公演は、2017年4月30日
最後の握手会2017年6月10日

鈴木まりや卒業後の進路は? 女優に!

スポンサーリンク
Sponsored Links

鈴木まりやさんAKB卒後コメント全文

今日の僕の太陽公演でAKB48を卒業することを発表しました。
生誕祭&卒業公演は4/30
最後の握手会は6/10。
AKB48に加入したのは17歳
今年で9年目の活動になります
私は小学5年生の時にスカウトされたことをきっかけに女優さんを目指し始めました。
それから14歳の時に児童劇団に入ってたけど、現実は厳しくてなかなか自分の納得いく活動ができずに悶々としてました。
そんな時にお友達からAKB48の話を聞いて、AKB48に入ってそれをステップにしようと思ってオーディションを受けました。
それもなかなかうまくいかずに4回AKB48のオーディションに落ちて5回目のオーディションでやっと合格!
普通だったら自分には向いてないって諦めますよね。
だけど私は悔しいって思うたび夢が大きくなって満足するまではやめられないなって思ってました。
それからAKB48に入ってからは
研究生公演のポジションもそこそこ良くて
スカートひらりの『スカひら7』に選ばれたり
研究生で始めてAKBINGOに出る3人の中に選ばれたり
ファンレターも毎公演5cmくらいの束の量をいただいて
順調かと思われたのですが…
握手会の人気が他の人に比べても全然なくて、
当時はまだAKB48が国民的アイドルグループって呼ばれる前だったから
5人がずっとぐるぐるループしてくれてるようなかんじ。
研究生でも人気の子は30人位の列ができるのに
悔しいと思って
劇場の楽屋のお掃除を頑張っていましたカナヘイうさぎ
その時の私は劇場のお掃除頑張れば人気が出ると思ってて。笑
掃除で人気は上がらないけど、
先輩が沢山話しかけてくれたり
ブログに載せてくれたりして
そしたらAKB48の人気が上がるとともに私の握手の列も人が増えて目に見えた変化に楽しくて嬉しかったのを覚えてます。
それから昇格して、キャッチフレーズの
『3時のおやつはまりやんぬ〜』
が入っているTeamB推しとゆう曲が人気になって
知名度も少しずつ上がって
念願の
映画『こっくりさん劇場版』で初映画!初主演!
それから続けて更に2本の映画で主演をさせていただけることになるんだけど
AKB48の活動だけではなく新しいことがしたい!
と、思った時に 秋元先生からGoogle+に海外留学したいメンバーを募集の記事がありました。
迷わず立候補して
AKB48から上海のグループに移籍。
これも貴重な経験だったけど
それからAKB48に戻ってきて
また前と違うAKB48になっていました。
今まではチームの中で1番後輩の立場から
後輩が沢山できていて
慣れるまでは戸惑ったけどすぐに慣れて
それからは前と同じような活動に戻ったかんじで
ホッとして居心地よくて
秋葉原の劇場で毎回新しい沢山の人に自分のことを見てもらえて後輩を引っ張らなきゃっていう責任感も生まれて
劇場公演が前より大好きになってすごく楽しかった。
気づいたら仲良いメンバーと同期はどんどん卒業していって
私が加入した7期生でAKB48に残っているのは私だけになりました。
去年何人かのスタッフさんとお話をしていたら
まりやんぬはこのまま30歳までいてもいいんだよ!
って言ってもらえて
居場所があるってこんなに心地いいんだなー
嬉しい。毎日楽しいしずっといようかな。
っていう気持ちと
30歳までにやりたいこと…結構あるな
っていう気持ちがでてきて
それから高熱がよく出るようになったのが気になっていたので扁桃腺摘出手術を受けるためにお休みをいただいて9日間入院してる間に沢山色んなことを考えました。
退院してAKB48じゃんけんシングルのレコーディングとかPV撮影をして初めて今までと違った少人数での活動をしてこれはいい思い出になったな〜
と思って卒業を11月に考え始めました。
16期生のお披露目もあったり周りに次世代のAKB48を担う後輩が沢山いることを考えたら
卒業の気持ちがどんどん固まって自分のお誕生日の生誕祭で卒業にしようと決めました。
生誕祭で発表も考えてたんだけど、
ファンの皆さんの気持ちを考えたら
おめでと〜ってお祝いしてくれたあとに少しでも悲しい気持ちにさせるのは申し訳ないなって思ったり、生誕祭公演のあと続けて卒業公演だと、時間もお金もかかるし…笑
おめでとー!お疲れさまー!はっぴー!
で締めくくりたいなと思い生誕祭で卒業に決めました。
握手会を6/10にしたのは、次のシングル分を買ってくださった方たちもいるから、払い戻しせずに6/10に来れる方はこの日に全部使えるようにと考えました。
毎日卒業とファンのみんなのこと、いっぱい考えてたんだよ(^ν^)
大好きなファンの皆さんには正直な気持ちを教えて欲しいから
ショックだったって思ったり寂しいと思ったら教えて欲しいけど、悲しまないでほしいな。
ずっと沢山考えて決めたことだから
全く後悔してないし、言えたぁ〜
ってホッとしているので
残り少ない2ヶ月半のAKB48での
もう戻れない味わえない青春の続きを楽しむので
それまで全力の大きな声援を沢山送ってもらえたら幸せです!
次の公演は2/14バレンタインデー♪
あと何回できるかわからない劇場公演いっぱい出演したいな♪
すごく長いのに最後まで読んでくれて
本当にありがとうございました



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする