A Life~愛しき人~木村拓哉と木村文乃、及川光博、 菜々緒はどんな役?

スポンサーリンク
Sponsored Links

2017年1月15日スタート日曜劇場、木村拓哉主演のドラマ

「A Life~愛しき人~」が放送されます。



木村拓哉さん主演とあって共演者も豪華な顔ぶれです。

「A Life~愛しき人~」の出演者の役柄や人物相関図、あらすじなどを書いてみたいと思います。


木村拓哉: 沖田一光(おきたかずあき)




木村拓哉さん演じる沖田一光は、心臓血管と小児外科が専門の職人外科医

沖田は超一流の手術の腕を持つが、華々しいスーパードクターではない。患者の命を救うべく実直に技術をただひたすら極め、無限の努力を重ねる…。そんな誠実さと、妥協を許さない厳しさを持ち合わせた職人外科医だ。



恋人(竹内結子)を残してアメリカへ修行し経験を積み重ね超一流の技術を持って10年後に帰国し、恩師でもある東京の大病院・壇上記念病院院長の手術を任されることになるがそこには、元彼女の壇上深冬(竹内結子)と結婚していた因縁の親友、壇上壮大(浅野忠信)がいた、様々な思惑が沖田一光を襲う。



医療界のタブーにとらわれず、「患者を救いたい」という気持ちからオペ技術の向上にたゆまぬ努力を重ね、あらゆる角度からオペを検討する。




及川光博: 羽村圭吾(はむらけいご)



心臓血管外科専門。壇上記念病院第一外科部長。
医学部時代からの壇上壮大の親友。明るく社交的な性格で分け隔てなく接するため、周囲の評判はとても良い。

しかしその態度とは裏腹に心のうちでは複雑な感情が渦巻いている。それは沖田に向けてでもあるが、それ以上に壮大に向けての気持ちのほうが強い。
井川を可愛がるが、その裏には将来、満天橋病院を継いだ時の見返りを算段している。

『精霊の守り人』にも出演


 竹内結子: 壇上深冬(だんじょうみふゆ)





壇上記念病院院長の娘・壇上深冬を演じるのは、木村と13年ぶりの連続ドラマ共演となる竹内結子。深冬は小児外科医で、沖田のかつての恋人。

現在は結婚し、入り婿となった脳外科医の夫・壮大(まさお)が副院長として病院の経営の中心を担っている。



外科医。小児外科が専門。壇上記念病院の跡取り娘。
研修医時代に沖田と付き合っていた。小さな病院を一代で大きくした父を尊敬していて、跡取りとして男の子を欲しがっていた父の思いを幼い頃から感じて、医者を志した。
沖田がシアトルへ去った後、父の勧めで脳神経外科医・鈴木壮大と結婚。
5歳の娘と3人で幸せな生活を送っていたが、病院に昔の恋人が現れたことで静かに動揺する。











左の

松山ケンイチ: 井川颯太(いがわそうた)

外科医。心臓血管外科が専門。
満天橋大学医学部出身のエリートで、父は満天橋病院長で、医学会の権力者でもある。
コネと言われることを嫌って、壇上記念病院で武者修行中。「いつかは世界一の外科医になりたい!」という若い野心に満ちている。
オペナースの柴田由紀のことが気になっている。


スポンサーリンク
Sponsored Links

木村文乃: 柴田由紀(しばたゆき)



壇上記念病院のオペナース。
一流外科医をもしのぐ知識を持ち、生意気だが腕がいい。その分プライドも高く、「これは」と思った外科医のアシスタントしかやらない。
第一外科部長・羽村のオペナースを務めていたが、沖田のオペを見て医者としても男性としても沖田に興味を持つようになる。




浅野忠信: 壇上壮大(だんじょうまさお)

日本屈指の脳神経外科医。壇上記念病院副院長。
その経営手腕を買われ、壇上虎之介に口説かれ入り婿となって深冬と結婚した。
しかし、深冬のことを愛していながら心の底からは信じられない屈折した感情を持つ。
組織のリーダーとして、清濁併せ呑み物事を推し進めていく度量を持つ。如才ない経営センスを発揮する裏で、野心と幼馴染の沖田に対する嫉妬心を隠し持っている。



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする