ツールドフランス2017の日程!日本人選手はいる?テレビのスケジュールは?

スポンサーリンク

世界一の自転車ロードレースと言われるツール・ド・フランスが開催されます
2017年のスケジュール日程とコース、気になる日本人選手そして競技で使用しているバイク(自転車)について調べてみました。




ツール・ド・フランス大会概要


フランス語で「フランス一周」を意味する自転車競技で

夏季五輪、サッカーW杯に続く世界で3番目に大きいスポーツイベントは、2017年、ドイツのデュッセルドルフから走り始める。


1954年に初のフランス国外開幕を体験したツールにとって、ドイツ開幕は1965年ケルン、1980年フランクフルト、1987年西ベルリンに次ぐ4回目。実に30年ぶりに、「ライン川の向こう」の隣国にプロトンが集結する。


第104回大会の参加を許されたのはUCIワールドチーム18と、招待枠を獲得したUCIプロコンチネンタルチーム4の計22チーム


各チームはそれぞれ9選手で構成され、計198選手がスタートラインに並ぶことになる。


ただし3週間・全21ステージで争われる壮大なレースの初日は、いわゆる顔見世の代わりに、選手は1人ずつコースへと走り出していく。


デュッセルドルフ市街地で行われる平坦な14kmの個人タイムトライアルで、2017年最初のマイヨ・ジョーヌの持ち主が決する。




2017ツール・ド・フランスの日程

開催日 ステージ 区間 距離 放送日時
7月1日(土) 第1ステージ デュッセルドルフ ~ デュッセルドルフ 14km 7月1日(土)
午後09:55~深夜03:00
7月2日(日) 第2ステージ デュッセルドルフ ~ リエージュ 203.5km 7月2日(日)
午後06:40~深夜01:30
7月3日(月) 第3ステージ ヴェルヴィエ ~ ロンウィ 212.5km 7月3日(月)
午後06:55~深夜01:45
7月4日(火) 第4ステージ モンドール=レ=バン ~ ヴィッテル 207.5km 7月4日(火)
午後06:50~深夜01:30
7月5日(水) 第5ステージ ヴィッテル ~ ラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユ 160.5km 7月5日(水)
午後07:50~深夜01:30
7月6日(木) 第6ステージ ヴズール ~ トロワ 216km 7月6日(木)
午後06:45~深夜01:30
7月7日(金) 第7ステージ トロワ ~ ニュイ=サン=ジョルジュ 213.5km 7月7日(金)
午後06:45~深夜01:45
7月8日(土) 第8ステージ ドール ~ スタスィヨン・デ・ルッス 187.5km 7月8日(土)
午後06:50~深夜01:30
7月9日(日) 第9ステージ ナンテュア ~ シャンベリー 181.5km 7月9日(日)
午後06:25~深夜01:15
7月10日(月) 休息日
7月11日(火) 第10ステージ ペリグー ~ ベルジュラック 178km 7月11日(火)
午後07:50~深夜01:45
7月12日(水) 第11ステージ エイメ ~ ポー 203.5km 7月12日(水)
午後07:40~深夜02:15
7月13日(木) 第12ステージ ポー ~ ペラギュード 214.5km 7月13日(木)
午後05:35~深夜01:30
7月14日(金) 第13ステージ サン=ジロン ~ フォワ 101km 7月14日(金)
午後09:15~深夜01:45
7月15日(土) 第14ステージ ブラニャック ~ ロデーズ 181.5km 7月15日(土)
午後07:40~深夜02:00
7月16日(日) 第15ステージ レサック=セヴェラック・レグリーズ ~ ル・ピュイ=アン=ヴレー 189.5km 7月16日(日)
午後07:40~深夜02:15
7月17日(月) 休息日
7月18日(火) 第16ステージ ル・ピュイ=アン=ヴレー ~ ロマン=シュル=イゼール 165km 7月18日(火)
午後08:10~深夜01:45
7月19日(水) 第17ステージ ラ・ミュール ~ セール・シュヴァリエ 183km 7月19日 (水)
午後06:50~深夜02:00
7月20日(木) 第18ステージ ブリアンソン ~ イゾアール 179.5km 7月20日(木)
午後07:25~深夜02:00
7月21日(金) 第19ステージ アンブラン ~ サロン=ド=プロヴァンス 222.5km 7月21日(金)
午後06:55~深夜02:00
7月22日(土) 第20ステージ マルセイユ ~ マルセイユ 22.5km 7月22日(土)
午後08:25~深夜01:45
7月23日(日) 第21ステージ モンジュロン ~ パリ シャン=ゼリゼ 103km 7月23日(日)
午後11:20~午前04:30


ツール・ド・フランスの放送局

J SPORTS 4 オンデマンド

現在日本での放送はスポーツ専門チャンネル「J SPORTS」で全ステージ生中継されている

J SPORTSはスカパーで見る事が出来ます。




スポンサーリンク

2017ツール・ド・フランスのコース

「ツール・ド・フランス」の画像検索結果
約3週間にわたりフランスの国中を周ります。


ツール・ド・フランス出場の日本人選手





「新城幸也」の画像検索結果
新城幸也(あらしろ ゆきや)
肩書き プロロードレーサー
出身地 沖縄県(石垣島)
生年月日 1984年9月22日
身長 170cm
所属チーム バーレーン・メリダプロ・サイクルチーム
7回目のツール・ド・フランス出場となる新城幸也選手。



日本人として最多出場記録の更新

日本人で初めて近代ツール・ド・フランスを完走した選手の一人で



2012年のツール・ド・フランスでは第4ステージにおいて敢闘賞を獲得。

日本人で初めてグランツールの表彰台に上がった選手です。




ロードレースを始めたきっかけは



小学校5年生のときに初めてロードバイクに乗ったが、中学2年でハンドボールに出合いハンドボール中心の生活を送り、自転車に乗るのはトライアスロンの時だけだったという。



高校3年夏でハンドボール部を引退した後、父の知り合いのロードレース選手・福島晋一がツアー・オブ・ジャパン宇都宮ステージで優勝した際のビデオテープを見て自転車競技の道を志す





新城幸也選手所属チーム

バーレーン メリダ プロサイクリングチーム


2017参加メンバー

ヤネズ・ブライコヴィッチ(スロベニア)
オンドレイ・ツィンク(チェコ)
新城幸也(日本)
ツガブ・グルマイ (エチオピア)
ヨン・イサギレ(スペイン)
ソンニ・コルブレッリ(イタリア)
ボルト・ボジッチ(スロベニア)
ハビエル・モレノ(スペイン)
グレガ・ボレ(スロベニア)




■チームは:

2017年の誕生したばかりの新生チーム。

バーレーンの王子であり、ナショナル五輪委員長を務めるナセル・ビン・ハマド・アル・カリファが、世界各国から強豪26選手が集めたチームです。



バーレーンの王子ってスゴイですね!








■スポンサー:
Bahrain(複数企業による共同出資団体)、Merida(自転車メーカー)
■バイク:メリダ
Merida
photo:メリダ
1972年にアイク・ツェンによって設立されたメリダ・インダストリー(Merida Industry)。

自社の名前を冠した「Merida」ブランドのバイクを初出荷したのが1988年。



以降、最先端のテクノロジーを駆使し、革新的なバイクを世界に発信し続けている。



ランプレ・メリダへのバイク供給は2013年から。

今年からは、新チーム「バーレーン・メリダ」のタイトルスポンサーの一角として、バイク供給を行う。日本国内の市場でも積極的なマーケティングを行っている。





■バイク:Merida(ロードバイク)の使用

フレーム:メリダ・スクルトゥーラ チーム(完成車価格85万円
ホイール:フルクラム
メーンコンポ:シマノ・デュラエースDi2
ホイール:フルクラム
タイヤ:コンチネンタル
ハンドル:ヴィジョン
サドル:プロロゴ
ペダル:シマノ・デュラエース
ヘルメット:ルディプロジェクト
ジャージ:スポーツフル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする