【錦織圭】全豪オープン3回戦ルーカス・ラッコ選手のプロフィール

スポンサーリンク



錦織圭選手がフランスのジェレミー・シャルディーをストレートで破り、7年連続の3回戦進出。



錦織圭選手インタビュー

日本のテレビインタビューでは、「1回戦よりだいぶ内容は良かった。ちょっとブレークをされすぎたところがあったので、直さないといけないところがあったが、まあ、はじめから集中できていたという面では、はるかに1回戦より良かったので、順調にきていると思う」と振り返った。





錦織圭選手の3回戦の相手はルーカス・ラッコ選手です

ルーカス・ラッコ選手のプロフィールを調べてみました。








  • ルーカス・ラッコ(ルカシュ・ラツコ)Lukáš Lacko,
  • 1987年11月3日
  • スロバキア・ピエシュチャニ出身
  • 男子プロテニス選手
  • ATPツアーでシングルス、ダブルス共にまだ優勝はない
  • 右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち
  • 自己最高ランキングはシングルス44位、ダブルス170位
  • 世界ランキング 121位
特徴
ハードヒッターであるが粘りのある対戦相手にはミスが目立つ









2005年にプロに転向しグランドスラムでは最高3回戦どまりのルーカス・ラッコ選手ですから、錦織圭選手が順当にいけば負ける相手ではありません



2013年が自己最高のシングル44位で2017年現在は121位とだいぶ順位を落としている。



主にハードコートで強さを発揮するスピード系のストローカーで、ベースラインの後方からでも思いきったストロークの攻撃を仕掛ける積極性を持ったタイプ。

球質がフラット系な分だけ、ハマったときの強さはあるものの、ディフェンシブな相手にはやや苦戦する傾向もある。

意外性に富んだタイプの選手ではなく、どちらかと言えば正統派の選手だが、2012年のウィンブルドンではメルツァーなどを倒して3回戦に進むなど、徐々に力をつけてきている。

2016年ウィンブルドンでも予選を勝ち上がって本戦入りし、3回戦まで勝ち進んだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする