札幌国際スキー場の無料送迎バスがあるのか調査してみた!

スポンサーリンク
Sponsored Links

札幌国際スキー場は、札幌の中心部から約60分、小樽中心部から約40分、千歳空港から約100分と立地条件のいいスキー場ですが、自分で車などで行ける人はいいのですが

交通機関を利用してスキー場まで行くには、やっぱりバスが便利ですよね。



そこで札幌国際スキー場までの無料送迎バスがないのか調べてみることにしました。




札幌国際スキー場






2017年で40周年を迎える札幌国際スキー場
毎年11月第3週あたりからオープンしています。





住所:〒061-2301 北海道札幌市南区定山渓937番地先
電話番号:011-598-4511(代表)

公式HP: 札幌国際スキー場

https://goo.gl/maps/HcM1TgkrsN12





札幌国際スキー場までの無料送迎バスは



運航していませんでした。





無料のバス送迎はありませんでしたが
札幌国際スキー場へ向かうバスパックがあり



リフト券とバスの運賃が割引になるになるサービスがあります。



予約不要で利用できますので気軽に利用できて便利です。



バス停が札幌発になりますので、
札幌まで出てこなければいけませんが



かなり便利だと思います。



特に中高生は、バスの往復とゴンドラ・リフト1日券



学割適用で、3600円とチョーお得です!
1日券単体より安いなんて魅力的



通常だと



往復のバス代: 2500円
ゴンドラ・リフト1日券: 4500円

合計7000円かかりますが



このバスパックを使利用すれば5300円で利用でき
1700円も安くなっています。




スポンサーリンク
Sponsored Links

バスパックの明細

予約不要!雪道ラクラク。帰りもゆったり。
シーズン中、毎日運行!



2017年~2018年のデータです。



【一般】

初滑り期間 11/17(金)~12/8(金)
◎往復バス+1日券 4,500円



通常期間 12/9(土)~3/25(日)
◎往復バス+1日券 5,300円





【中高生】 全期間

◎往復バス+1日券 3,600円
※中高生は、生徒手帳、学生証をご提示ください。



【小学生】 全期間

◎往復バス+1日券 2,000円



【シニア・グランドシニア】 全期間

◎往復バス+1日券 4,500円

※シニア・グランドシニアは、55歳以上が対象です。
年齢がわかるものをご提示ください。



スキー場内でリフト券(ICカード)保証金として、別途500円が必要となります。
※カード返却時、保証金は返金されます。



公式HP:札幌国際スキー場より引用





バスに搭乗し乗務員にバスパックを利用したいといいましょう。

国際スキー場のパック一覧




第一観光バス/じょうてつバス(札幌線)停留所



バス時刻表(PDF)



時刻表は変更になる可能性がありますので
事前に確認してくださいね。



停車駅
  1. 京王プラザホテル
  2. 札幌駅前バスターミナル(17番のりば)
  3. ニューオータニイン前(北2西1丁目)
  4. 大通西1丁目(大通公園)
  5. 中央バス札幌ターミナル(9番のりば)
  6. 東武ホテル前(南4条東1丁目)
  7. ホテルライフォート札幌前(中島公園入口)
  8. 幌平橋
  9. 札幌東急REIホテル
  10. 札幌エクセルホテル東急
  11. 南21条西11丁目
  12. 地下鉄真駒内駅(16番のりば)
  13. 石山中央
  14. 十五島公園
  15. 小金湯温泉
  16. 定山渓湯の町
  17. 定山渓第一ホテル前
  18. 定山渓大橋
  19. 札幌国際スキー場


料金(片道)
  • 札幌駅→札幌国際スキー場:    【大人】1250円 【小人】630円
  • 真駒内駅→札幌国際スキー場:   【大人】1100円 【小人】550円
  • 定山渓湯の町→札幌国際スキー場: 【大人】  630円 【小人】320円

まとめ

札幌国際スキー場に向かう無料送迎バスについて知らべてみました。



残念ながら無料の送迎バスは出ておらずスキー場のバスパックを利用すれば
安く利用できることがわかりました。



直接スキー場へ向かうツアーならバスでの送迎がついていると思いますが
送迎のみは料金がかかってしまいます。



割引があるのでバスパックでも十部に価値があると思います。
一度利用してみましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする