SAOソードアートオンライン映画公開日os劇場版の新キャラと主題歌は誰?公開映画館情報

スポンサーリンク

劇場版 

ソードアートオンライン オーディナル スケール





公開日 2017年 2月18日 全国ロードショー

PV第2弾

Saoオーディナル スケールのストーリー

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫―― その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。




新キャラ

ゆな
OS(オーディナル・スケール)のアイドルとして人気を集める歌姫でゲーム中に彼女のライブに遭遇すると特殊効果が表れわれる。



ソード・アート・オンライン ロスト・ソング(ゲーム)内でも歌姫が搭乗しましたよね

現実世界では12才の天才科学者でゲーム内では超人気の歌手セブンでシャムロックの団長の肩書でした、今回の「ゆな」ちゃんはどういった立ち位置なのでしょうか?

「ゆな」からの特殊効果とは? ステータスUP系でしょうかね



yuna
重村教授
新型ARデバイス【オグマー】の開発者で日本における非侵襲式(生体を傷つけない)ブレイン・マシン・インチャーフェースの第1人者で東都工業大学電気電子工学科教授でその業界では異端児あつかいされている。



今回のゲーム端末の開発者で茅場晶彦(かやばあきひこ)的な存在ですね、どのようにゲーム内でのキーワードを握っているのか?

shigemura

エイジ
OS(オーディナル・スケール)で高ランクのプレイヤーで主人公キリトの前に現れた謎の青年剣士

eiji



 キャラクター

  • キリト (桐ケ谷和人) CV:松岡禎丞
  • アスナ (結城明日菜) CV:戸松遥
  • ユイ          CV:伊藤かな恵
  • リーファ(桐ケ谷直葉) CV:竹達彩奈
  • シリカ (綾野珪子)  CV:日高里菜
  • リズベット(篠崎里香) CV:高垣彩陽
  • シノン (朝田詩乃)  CV:沢城みゆき
  • クライン(壺井遼太郎) CV:平田宏明
  • エギル (アンドリュー・ギルバート・ミルズ) CV:安元洋貴
  • 茅場晶彦        CV:山寺宏一


おなじみのキャラはちゃんと登場ですね、まあシノンはガンゲイルオンラインからなんで新キャラに近いかも、やっぱり搭乗「茅場晶彦」どんな場面で搭乗するのでしょう?



勝手に新キャラ「エイジ」だったりしてって思っていますがきっと重要なところで出てくるのでしょうね。




≪オーディナル・スケール≫ VR(仮想現実)のゲーム名

≪オーグマー≫専用ARMMO RPG。
最新技術を用いた次世代的ゲームとして話題となり、発売と同時に世間を席巻した。
現実世界をフィールドとして、各所に出現するアイテムの蒐集、モンスター討伐などを経てプレイヤーの≪ランク≫を上げていく。
≪オーディナル・スケール(OS)≫の特徴はこの≪ランキング・システム≫で、全てのプレイヤーのステータスは、基数(カーディナル数)ではなく 序数(オーディナル数)であるランクナンバーによって決定される。
ゆえに、ランク上位のプレイヤーには圧倒的な力が与えられ、ソロのPvPにおいては、ランクの順位が勝敗の大きな要因となる。
要するに現実世界がそのままゲーム化する感じでしょか!?

AR(拡張現実)型情報端末《オーグマー(Augma)》

小型のヘッドホンのような外見の次世代ウェアラブル・マルチデバイス。
そのコンパクト性はVRマシン≪アミュスフィア≫をはるかに凌駕する。
フルダイブ機能の代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた。
覚醒状態の人間に視覚・聴覚・触覚情報を送り込むことが可能で、
フィットネスや健康管理をゲーム感覚で楽しんでいるユーザーも増えている。



VR(仮想現実)にリンクインするための端末ですね

ナーヴギアよりかなり小型になりコンパクトですドラゴンボールのスカウターのような感じですね。


 劇場版SAO×FOVE アスナ役・戸松遥さんのメッセージ!






スポンサーリンク

ソードアートオンライン オーディナル スケール主題歌

lisa
主題歌: Catch the Moment

アーティスト名: Lisa

2017年2月15日リリース

コメント

テレビシリーズから関わらせていただいている「ソードアート・オンライン」の劇場版で、主題歌を歌わせていただきます。
大切な仲間と一瞬一瞬を大切に生きる、彼らの姿と共に劇場で皆様にお楽しみいただけますように。

プロフィール

2011年ソロデビュー。
数々のアニメ主題歌・劇中歌を担当、全てのシングルが上位にランクインするヒットを連発。
「ソードアート・オンライン」テーマソングとしては《アインクラッド》編でOPテーマ「crossing field」を、 さらに《キャリバー》編ではEDテーマ「No More Time Machine」、《マザーズ・ロザリオ》編ではEDテーマ「シルシ」を担当。

アニメファンだけでなくロックファンからも大きな支持を得ており、数々のアニメフェス、ロックフェス共に出演するアーティストとして、確固たる存在感を発揮している。 その圧倒的なライブパフォーマンスは海外でも高い評価を受け、活躍の場は日本だけには留まらない。 今最も注目されている女性アーティストの一人。







ito

伊藤監督インタビュー


今回はVR( Virtual Reality=仮想現実)ではなくAR( Augmented Reality =拡張現実)のゲームを扱っています。

(打ち合わせの)一番初めに川原先生と「現実で《ソードアート・オンライン》の世界を体験できると面白いよね」と話をしていたんです。

たとえば、「近くの商店街でモンスターと戦える」と面白いんじゃないかとか。「見慣れた景色がゲーム空間に代わる」のは面白そうだとか。

これまでは仮想世界の冒険を描いてきたので、次は「現実と隣り合わせの世界」を描けると面白いだろうなという話になって。

じゃあ、ARなら(その面白さを)達成できそうだと言うことになったんですね。




PV第一弾





劇場版SAO 公開劇場情報

準備中
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
東京都
神奈川県
千葉県
埼玉県


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする