レコ大はやらせ?審査基準はあるの?毎年話題に上るけど大丈夫なの

スポンサーリンク
Sponsored Links

2017年で59回を迎える『レコ大』は
1959年から続いています。正式名称は『輝く!日本レコード大賞



毎年、30日はレコ大、31日は紅白と年末は見たいテレビが多くて困りますよね。



そのレコード大賞に、やらせ疑惑があるのを聞きつけいろいろ過去の例も調べてみました。






「日本レコード大賞」とは

対象年度に発売されたすべての邦楽シングルCDの中で
  • 「作曲、編曲、作詩を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な『作品』」
  • 「優れた歌唱によって活かされた『作品』」
  • 「大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映・代表したと認められた『作品』」


以上3点に該当する『1作品』に贈る。



そのため、賞の授与対象は対象曲を歌唱した歌手に限らず作詞・作曲・編曲者・所属プロダクション・所属レコード会社が対象になる。審査対象は、「優秀作品賞」に選ばれた作品とする。

過去には副賞としてテレビ番組スポンサーの1社(自動車メーカー)から車が贈られた。
歴代最多の大賞受賞アーティストは、4回のEXILEである。

wikipediaより引用



審査員

スポーツ紙を含む各新聞社の記者が中心となって決定する、音楽に関する賞である。
略称は「レコ大」。



テレビ局と新聞社の人によって賞を受賞する人を決める。





主催

公益社団法人日本作曲家協会、後援はTBSである。

TBSテレビとTBSラジオが放送し、番組名は『輝く!日本レコード大賞』


スポンサーリンク
Sponsored Links

レコード大賞受賞者

過去10年分

2007年: コブクロ(蕾)
2008年: EXILE(Ti Amo)《avex》
2009年: EXILE(Someday)
2010年: EXILE(I Wish For You)
2011年: AKB48(フライングゲット)
2012年: AKB48(真夏のSounds good !)
2013年: EXILE(EXILE PRIDE〜こんな世界を愛するため〜 )
2014年: 三代目 J Soul Brothersfrom(R.Y.U.S.E.I.)《avex》
2015年: 三代目 J Soul Brothersfrom(Unfair World)
2016年: 西野カナ(あなたの好きなところ)《avex》



それ以前は、氷川きよし、倖田來未《avex》、Mr.Children、浜崎あゆみ《avex》、サザンオールスターズ、GLAY、globe《avex》、安室奈美恵《avex》、trf《avex》などがレコード大賞を受賞している。



avex所属のアーティストが多いのが判った。





そうそうレコード大賞には、ジャニーズ事務所所属のアーティストは
1988年の光GENJIを最後に出演していません、どうやら断っているようです。



ジャニーズとバーニングは仲が悪い様です。

avex=バーニング




レコード大賞買収疑惑



2015年末の「日本レコード大賞」をダンス&ヴォーカルグループ「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(以下、三代目)の曲「Unfair World」が獲得した裏で、芸能プロダクション「バーニングプロダクション」が、三代目JSBらが所属する「株式会社LDH」に対して1億円を請求していたことが、週刊文春の取材により明らかとなった。
三代目JSB 1億円でレコード大賞買収の「決定的証拠」-週刊文春WEB

このことについての三代目J Soul Brothersサイドからの反応は無く、事実は不明となっている。



請求書が表に出てきしまっているのは、怪しいを超えてしまってますよね。
真実が判りませんが、黒ですよね。



オフホワイトで通すつもりなのかな~
これが発覚後、翌年はエントリーしていません。




『やらせ』はあるのか?



なぜこんなことになるのか。



先ほど少し書きましたがレコ大の審査委員のほとんどは
スポーツ紙記者や新聞記者、テレビ局の局員で占められているため



「優秀作品・新人賞委員」の審査委員長は

審査委員長:毎日新聞
副委員長: 日刊スポーツ



読売新聞、時事通信、産経新聞、東京中日スポーツ、
報知新聞、東京スポーツ、MBS毎日放送、RKB毎日放送といったマスコミ関係者ばかりで構成されている。



これらをレコード会社が接待しているようです。
1人あたり300万円以上の予算があり、レコ大関係の接待費は2000万円以上になると聞きます。



接待先は、高級焼き鳥店などで食事をした後、
銀座の高級クラブや六本木のクラブのVIPルームで女の子と飲んだりするそうです。



その事務所に合わせて接待に使う場所は変わってくると思いますが、
高級店と言うのが同じキーワドです。





2016年のレコード大賞はAAAが受賞と事前情報はありましたが
結局、受賞したのは「西野カナ」さん



最優秀新人賞を取ったのは、韓国の人気グループ・BIGBANGの弟分・iKONが最優秀新人賞を受賞していた。



iKON?聞いた事がない人の方が多いと思います。



韓国ではかなり人気のあるグループのようですが、日
本での知名度はいまひとつですよね。



この受賞に対しても、ネットでは色々叩かれていました。





もっと遡って見ると



1987年、近藤真彦が『愚か者』で大賞になっていますが、
オリコン年間ランキングは35位。



受賞している曲は、オリコンベスト10以内だったのですが
『愚か者』だけやけにランクが下でした。



当時でも、売上で劣っている曲がレコード大賞になることに疑問の声が上がっていました。

Sponsored Links


1988年は、美空ひばりさんが亡くなり受賞が確実視されていたが、
土壇場で情勢が動き、アイドルユニットのウインクが大賞に輝きました。



ウインク本人たちも『本当に私たちなの?』と驚いていたほどです



70年代から大賞をめぐって金銭が動いているという疑惑はありましたが、
視聴者がこの年からレコード大賞に対する不信感を抱いたのか、視聴率が1988年を境に大きく下がっています。



1988年に21.7%、そして1989年には14%にまで落ちてしまいました。
ちなみに2016年は、14.5%でした。




真実は

2018年11月21日のニュース記事に

昨年まで日本レコード大賞の最高責任者である制定委員長を務めた叶弦大氏(81)が芸能事務所バーニングプロダクション社長・周防郁雄氏(76)による“賞の私物化”を「週刊文春」で、実名告発した。



「私がレコ大の常任実行委員だった2003年頃、周防さんが言った言葉が忘れられません。『叶さん、この業界はちょっと悪いくらいじゃないといけない』。

そして『レコード大賞は、新聞社13人の過半数、つまり7人の記者を押さえておけば、自分の獲らせたい歌手に決めることができるんだよ』と言い、ニヤリとしたんです」(叶氏)

やはりやらせ、買収する行為は実際にあったという事実が判明しました。



この時期に、このようなニュースが報道され今年のレコード大賞はどうなるのか?



週刊文春ということもあり事実でしょう。
しかしテレビ放送でこの話題を取り上げるのか?



芸能関係に大きな力をもつ、バーニングプロダクションを相手に
報道できるのかというのも気になるところです。





そして今年の2017年はというと

2017年第59回『優秀作品賞』

「インフルエンサー」乃木坂46
「EXCITE」三浦大知
「男の絶唱」氷川きよし
「男の流儀」三山ひろし
「風に吹かれても」欅坂46
「キラキラ feat.カンナ」AI
「手をつなぐ理由」西野カナ
「願いごとの持ち腐れ」AKB48
「LIFE」AAA
「RAIN」SEKAI NO OWARI
(曲名 50音順)





基本この最優秀賞の中から「レコード大賞」選ばれるのですが



12月30日に最終選考が行われ、授賞式がTBS系で生中継される「第59回日本レコード大賞」だが、すでにこの時期に大勢が決していることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じていました。



既に出回っている情報では



ミリオンセラーを記録した
乃木坂46の「インフルエンサー」が大賞の最有力候補。



ミリオンを出しているくらい売れているなら受賞しても文句はありません。





最優秀新人賞の本命として名前が挙がっているのが、
シンガー・ソングライターのNOBUが有力だとしています。





世間的には無名のNOBUさんですが、レコ大に絶大な影響力を持つ
某大手芸能プロ(バーニング系)がバックアップしているというのだ。





昨年のiKONの事もありますし、AAAも受賞内定とか言われていましたが結局、
西野カナさんが受賞しているので、裏工作?している可能性もあります。



西野カナさんの2連覇か?昨年取り逃したAAAなのか?


まとめ

日本レコード大賞は「やらせ」ではないかと言う事について書いてきました。





調べてみると70年代ごろから、こういった疑惑があるようですから
全くの白とはいえませんよね。



レコ大だけではないと思います、どんな事にしても仕事相手がいますし
お世話になっていれば、それなりの便宜が働いてもおかしくありません。



そこにお金が絡んでくれば尚更です。



だからと言って世間が知らないアーティストが賞を受賞するのは違うと思いますし
宣伝なら宣伝用に枠を作ればいいのではないかと感じます。



賞を受賞するまでの知名度アップにはつながらないが、
あからさまにやるよりかはいいと思いました。



普通の人ではわからない、桁違いのお金が動くので
そうなるのも分かりますが、出来る限り自然な感じでやってほしいものです。



あっ勝手に黒と決めつけていた。。。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする