無良崇人さんの演技の特徴と不安要素!コーチの父親プロフィールなど

スポンサーリンク
Sponsored Links

2017年フィギアスケート男子で最年長の無良崇人さんのプロフィールと演技の特徴を調べてみました。








無良 崇人(むら たかひと)

  • 1991年2月11日
  • 出生地:千葉県松戸市
  • 身長:170cm
  • フィギュアスケート選手(男子シングル)
  • 元フィギュアスケート選手の無良隆志を父に持つ
  • 2013年4月8日に一般女性と結婚、子供は2人
  • コーチ: 無良隆志、無良千絵
  • 振付し: チャーリー・ホワイト、マッシモ・スカリ
  • 所属クラブ: HIROTAクラブ






主な実績
  • 2014年四大陸選手権優勝
  • 2008年・2012年・2015年 全日本選手権各3位
  • 2013年世界選手権8位

無良 崇人さんの演技の特徴

ジャンプや男らしい演技力には定評がありますが、安定性に欠けているいます。

その大会ににより大きく演技の出来に差が激しくあり良い成績の時と悪い時が極端にあります。

大きくメンタル面に課題がありそうです。

それを克服できればもっといい成績になると思います。









スポンサーリンク
Sponsored Links

コーチの父親、無良隆志さんプロフィール






無良 隆志(むら たかし)
  • 1960年11月11日
  • フィギュアスケート選手(男子シングル・ペアスケーティング)
  • 現在はインストラクター兼コーチ
  • パートナーは岡部由紀子、伊藤俊美
  • 鳥取県西伯郡岸本町(現伯耆町)生まれ
  • 広島県広島市南区翠町育ち
  • 広島市立翠町中学校、広島山陽高校、日本大学卒業
  • 身長170cm
  • フィギュアスケーターの無良崇人は息子。
成績
  • 1979年、1980年全日本フィギュアスケート選手権優勝(ペア)
  • 1983年ユニバーシアード優勝(男子シングル)


主な教え子には子息の無良崇人、井上怜奈などがいる。



「無良」の姓は非常に珍しく、日本ではこの姓を持つ人が10人に満たない。



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする