CM積水ハイム 早歩き編 出演 山本美月さんってかわいいので経歴調べてみたらピーチガールにも

スポンサーリンク

08

山本 美月プロフィール


山本 美月は、日本のファッションモデル

女優。167cm・77-59-85・股下83cm。

O型。モデル事務所のインセントに所属。

「東京スーパーモデルコンテスト」初代優勝者。

とりわけ女性ファッション雑誌『CanCam』におけるモデル活動から著名。

同誌の看板モデルの一人。

生年月日1991年7月18日

出身地 福岡県

星座 蟹座

趣味漫画、アニメ、写真を撮ること特 技テニス、絵を描くこと

mizuki_sekisui

「 早歩き編 」


急ぎ足でぐんぐんと街を歩く山本さん。そのスピードは、ジョギングしている男性を追い抜いてしまうほど。早歩きの理由は、お気に入りの部屋に早く帰りたかったから。踊るようにエントランスをくぐり、たくさん届いた宅配郵便物もしっかり受け取って、エレベーターに乗り込む山本さんの笑顔が印象的です。シャーメゾンに住み始めてからの心躍る日々を表現したCMです。


スポンサーリンク

出演

山本 美月


楽曲

積水ハウスの歌「シャーメゾン」フランス語バージョン
(歌:南壽 あさ子)





CM 積水ハウス シャーメゾン「早く起きた朝」山本美月










山本美月出演作



peachgirl_mizuki

山本美月のコメント

以前から少女マンガ原作の作品に、また関わりたいと思っていたので、しかも今回主人公を演じさせていただくという夢が叶って本当に嬉しいです!
色黒設定にはビックリしましたが(笑)、原作のようなとっても純粋で可愛らしいももちゃんを演じていけるように頑張りたいと思います。原作ファンの方も、原作を読まれていない方にも楽しんでもらえるように、皆さんで力を合わせて、キュンキュン、キラキラの映画にしていきたいです!



300xpeche

もも役の山本美月さん、カイリ役の伊野尾慧さん、沙絵役の永野芽郁さんという顔ぶれに加え、ヒロイン・ももをめぐって、カイリと三角関係を繰り広げる、野球一筋の硬派なさわやか男子・とーじ(東寺ヶ森一矢)役が、真剣佑さんに決定いたしました!

『ちはやふる-上の句-/-下の句-』をはじめ、今後もTBS日曜劇場「仰げば尊し」、映画『にがくてあまい』、『少女』、『チア☆ダン』と、出演作が目白押しとなっている今大注目の若手俳優。
今もっとも勢いのある豪華キャストが大集結し、胸キュン満載の、波乱の恋愛模様を繰り広げます。

【キャスト・監督・原作者コメント】
■真剣佑【とーじ(東寺ヶ森一矢)役】
とーじは、優しくて正義感のある役で、途中いろいろな困難と立ち向かう姿がとても魅力的だと思ったのでお話を頂いた時にとてもワクワクしました。 今回とーじを演じてみて、人を守りたいと思う感情や、誰かを大切にしたいという想いを、改めて感じることができました。 内容は恋愛たっぷりな映画になっています。一人でも、カップルでも、ご夫婦でも…どんな方が観ても笑えて泣けて応援したくなるような映画です。映画館で是非楽しんでください。

■神徳幸治【監督】
真剣佑さんとは以前仕事したこともあり、誠実さ、清潔さ、礼儀正しさ、そして我慢強くて努力を惜しまないところがとーじにピッタリで、キャスティングでは真っ先に真剣佑さんが思い浮かびました。
感情表現が難しい役なので、準備段階から悩み、苦しみながら役を掴もうとする真剣佑さんの姿が、もうとーじになってるなと感じていました。
撮影中も正解のない役作りに没頭し、一歩づつ前に進む真剣佑さんを見て、僕も身の引き締まる思いで正解のない作品作りに邁進していきました。
是非スクリーンで優しさ溢れるとーじに出会ってもらいたいです。

■上田美和【原作】
撮影現場でお会いした真剣佑さんは礼儀正しく、監督さんの指示に熱心に耳を傾け、役に取り組んでおられました。 大人っぽい眼差しをしたかと思えば、まぶしい笑顔を無邪気に振りまいたり、仕草も表情も私が描いたとーじより断然素敵でかっこよかったです。優しいけど不器用な所のあるとーじ。真剣佑さんが演じたら、その不器用さもかっこよくなるのかなと、ニヤニヤわくわくしています。



511Z07TZ37L

原作となる漫画版は、講談社別冊フレンド』1997年10月号から2004年1月号まで連載。単行本は講談社コミックスフレンドBから全18巻が発売され、総発行部数は1400万部を超えている。1999年には第23回講談社漫画賞で少女部門賞を受賞している。連載の終了後、『別冊フレンド』2004年10月号からスピンオフ作品の『裏ピーチガール』の連載がスタートしたが、こちらは2005年6月号掲載分をもって休載している。

2001年にはこの作品を原作とするテレビドラマ『蜜桃女孩 〜Peach Girl〜』(邦題:ピーチガール 〜蜜桃女孩〜)が台湾で制作・放送され、日本でも2006年に放送された。また、2005年にはテレビアニメが日本国内で制作され、2005年1月8日から6月25日までテレビ東京ほかテレビ東京系列局で放送された。

2016年3月に、実写映画化が発表された。2017年公開


登場人物 wikipediaより引用

安達 もも(あだち もも)
見た目はガングロコギャルだが、実は純粋でマジメな女子高生。黒い肌に塩素で傷んだ赤い髪のせいでこう見えてしまい、見た目で損をしている。とーじのために色白女を目指していた。昔は水泳部に所属していた。そのため、トラブルもあったが水泳大会では優勝した。
柏木 さえ(かしわぎ さえ)
ももとは対照的に、色白・華奢で小柄な女子高生。男ウケする顔立ちとブリッ子みたいな演技を駆使し、友達から男を奪ってモノにしていた。しかし、それが仇となり女友達は0人。さえの本性を知らずにいたももに近づき、恋の邪魔者と化す小悪魔に。とーじを脅してももから奪うが、浬の兄・涼に一目ぼれしてしまい、「涼様」と呼び猛アタック。
涼のために援交詐欺まで働くようになるが、涼が操先生を好きだと知り激怒。デート現場に乗り込み、涼を罵倒し「あたし妊娠してるの。責任とって。」と爆弾発言。その挙句、操先生を襲撃しようとした。
「(裏)」では、高校を留年している事が明かされた。彼女がエピソードの中心になっている。
岡安 浬(おかやす かいり)
背高なイケメン、スタイル抜群の3拍子を誇るモテ男。通称カイリ。女性に対しては優しく接している。見た目何の悩みもなく生きているようだが、幼少から優秀な兄に対しコンプレックスを抱き、荒んだ中学校生活を送っていた。
ももがとーじと別れた後に付き合い始めた。その後一度別れるが、また付き合うことになる。夏休みまでは保健の安芸操先生が好きだった。
東寺ヶ森 一矢(とうじがもり かずや)
ももの中学時代からの同級生。通称とーじ。性格は硬派で、中学の頃は野球部に所属して日夜野球漬けの日々を送り、女子とは無縁の生活を送ってきた。その頃からもものことが好きだったが、告白できずにいた。やっと告白して付き合っていたが、「ジゴローとももの2ショットの写真をばら撒く」とさえに脅され、別れた。
大路 吾郎(おおじ ごろう)
ハンサムで優しい売れっ子モデル。通称ジゴロー。元気の無いさえを好きになり、スーパーカーで送迎したり高価な品物を買い与えたりするが、あっさり振られる。しかし、さえのことが忘れられずに会いに行くと、付き合いたければももと一晩過ごせと言われた。その通りに実行するも、最後まで達成することはできなかった。
岡安 涼(おかやす りょう)
浬の兄。ゲームデザイン会社に勤めているが、その一方でリマッセ・モーカという会社で高額な化粧品の販売などをする、いわゆるネズミ講の幹部でもある。幼い頃から頭が良く優秀で、浬のコンプレックスの元になっていた。また、浬の彼女を奪っていた。
安芸操とは大学時代から親交があり、操に片思いしていた。操に告白されて両想いとなるも、さえへの対応の酷さが原因で操にフラレる。
安芸 操(あき みさお)
ももたちの学校の保健室の先生。姉御肌でとても頼りになり、生徒たちから慕われている。涼とカイリの片思いの相手で、涼とは大学時代から親交がある。カイリが中学生の頃、涼に頼まれてカイリの家庭教師をしていた。操自身は涼に片思いをしている。後に涼に告白して両想いであることが判明したが、さえへの冷酷な対応を見て涼に「二人の関係を壊すつもりじゃなかった」と告げてフッた。








gu_mizuki




aoki_mizuki










comic_mizuki








sadakokayako




shoujo_mizuki




mizuki_a




mizuki_goo




hope_mizuki

山本美月公式HPより画像集

05


03




06


07




top