はじめの一歩の最終話は打ち切り終了?作者に何があったのか?

スポンサーリンク
Sponsored Links

ボクシング漫画の「はじめの一歩」が悲惨な終わり方をしそうだという声が上がっています。



問題になったのは、2017年11月8日に発売された49号で、試合中に主人公の「幕之内一歩」が「パンチドランカー」であることを認めたと思われるシーンであり



このまま「はじめの一歩」がバッドエンドで終了するのでないかと物議よんでいます。





「週刊少年マガジン」(講談社)の「はじめの一歩」がついに終わってしまうのでは、という声がネットで上がっている。



議論が巻き起こったきっかけは、2017年11月8日に発売された49号で、主人公「幕之内一歩」が「パンチドランカー」であることを認めたとみられる描写にあった。




スポンサーリンク
Sponsored Links

はじめの一歩

1989年から「週刊少年マガジン」で連載されている森川ジョージさんの「はじめの一歩」は17年11月9日現在、118巻まで刊行されている人気ボクシング漫画。


いじめられっ子だった幕之内一歩はひょんなことからボクシングに出会い、熱中していく。一歩は『強いってどういうことだろう?』という素朴な疑問を抱えながら、持ち前の頑張りで過酷な練習に耐え抜き、強くなっていく。

数多の強敵との死闘を勝ち抜き、国内屈指のハードパンチを持つ日本王者となった一歩。その次なる目標は遥かなる世界王者への道! 限りなく熱く純粋な一歩のさらなる挑戦が始まった!!





問題の週刊マガジン49号では

フェザー級フィリピン王者アントニオ・ゲバラと世界戦に挑んだ幕之内一歩は
その試合中のシーンが問題ありました



それは、第4ラウンド後半に訪れた。



猛攻を仕掛けようという場面で幕之内一歩が「申し訳ありません」と心の中でつぶやき、





「自分の身体のコトです うすうすわかってはいました
以前の自分ではないというコトは わかっていたんです」



と4ページにわたり独白、
自身が「パンチドランカー」であることを認めたような描写があったのだ。





一歩が「パンチドランカー」になった原因は



幕ノ内一歩のボクシングスタイルが原因で
相手のパンチを打たれながらも前へ進んでいく所が強みでもありますが



その分たくさんのパンチをもらってしまう為
「パンチドランカー」になりやすいのです。



原因となった試合は、前回の同級WBC世界2位の
アルフレド・ゴンザレスとの試合で敗北を喫した後に症状が出始めました。



線がまっすぐ描けないことがあったり、格下相手のスパーリングでよけきったと思ったパンチがヒットしたりと、その兆候が描かれていたが、一歩はその疑惑について、否定的な態度を取っていた。



ジムの会長の試験をパスし「パンチドランカー」の疑いがはれ、
再起をかけて今回のゲバラ戦に臨んだのですが





試合で心の中でつぶやき「申し訳ありません」となったのです。





ネットではバッドエンドを予想し嘆く声の一方、懐疑的な声も
「週刊少年マガジン」の発売後、ネット上では、


「はじめの一歩ついに終わりに向けてたたみはじめて来たなって感じ」
「ハッピーエンドで終わって欲しい漫画なんだけどな…」
「はじめの一歩が一歩パンチドランカーEndとかマジ勘弁」



と、物語が終焉、しかも暗い展開に向かいつつあることに嘆く声が多く見られる。





また、

「取り敢えずリカルドマルチネスと宮田君と試合させろ」と、世界王者リカルド・マルチネスらとの戦いを見たいとの声や、「最終回は数年後の板垣とリカルドマルチネスの対戦を客席から見守る一歩、とかだろうか」

など、最終回の展開を予想する声もあった。





一方で、「はじめの一歩」は丁寧な描写で知られる作品でもあるため、


「連載を終わらせるならば編集部はようやく決断したな。多分引き伸ばすやろけど」
「一歩のパンチドランカーと鷹村の目の異常が確定したまま、ふたりとも現役続行で話が進むぞ」

と、連載終了まではまだ長い時間がかかるとの見方もあった。





作者の森川さんは2016年10月の「漫画家になるための戦略教室」というインタビュー内で、「あと5年はがんばろうと思っています」と語っている。



Sponsored Links


「週刊少年マガジン」の公式ツイッターアカウントでも反応があり、「めくって、このページを見た時、『ほえ×○▶︎×?』と声に鳴らない悲鳴を上げました」(原文ママ)と投稿。ショックを隠し切れない様子であることがうかがえる。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめの一歩(119) (講談社コミックス) [ 森川 ジョージ ]
価格:463円(税込、送料無料) (2017/11/23時点)


まとめ

ネットないで騒がれていた
はじめの一歩の問題のシーンについて書いてみました。





パンチドランカーになって終わるなんて本当に勘弁してほしいな



長年読んできた作品で、
すでに終わり方決まっていると言ってもいい漫画だと思いっています



終わるならば、ライバル宮田と対戦するシーンで終了するとのが



今まで読んできたファンのベストな終わり方ではないかと勝手に思っています。







確かに単行本が100巻超えている作品なので作者も疲れたのかもしれませんし
ファンの中には長すぎるという声があるのも事実





せめて前向きなラストで終わってほしいです。





今後あのシーンが名シーンと言われるのかな??





ちょと気になるのは



作者の森川ジョージさんが最近よく
連載している週刊マガジンで「減ページ」お詫びや




体調をくずして休載をしているのが気になります。





森川先生の身体に異常が起きているのは確かなようです
ので心配ではありますが長期休載でもいいので



望む形ではじめの一歩は完結してほしいと思います。





あと5年は頑張るという作者の言葉を信じ
一歩に今後どんな未来が待っているのか?



「はじめの一歩」は一体どのような展開を見せるのだろうか。


この森川ジョージのコメントが…。
これはいったい何を意味するんだ?





関連記事

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする