「はじめの一歩」最新刊116巻のあらすじ・ネタバレ!【画像】

スポンサーリンク

最新刊!2017年12月16日に「はじめの一歩」最新刊116巻が発売されました

「新型デンプシー・ロールは完成目前!復帰戦に向け猛特訓を重ねる一歩‼」



単行本の帯にはこんなタイトルが書かれていますが一歩にはある問題が浮上します。






はじめの一歩116巻のあらすじ



鴨川会長とのワンツーマンの特訓のよって、一歩の新型デンプシー・ロールは徐々に完成に近づきつつあった。鴨川も確かな手応えを感じ、新型の威力を確かめるべくスパーリングに臨む一歩!しかし、そこには意外な結果が・・・!?





はじめの一歩116巻は12話収録されています。






はじめの一歩116巻の目次


Round Table タイトル
Round.1148 鍛錬
Round.1149 乱れ打ち猛特訓
Round.1150 強者の責
Round.1151 一歩の責任
Round.1152 往時の王は地球に伏す
Round.1153 悲劇的疑惑
Round.1154 紙上の線
Round.1155 海の家にて
Round.1156 一度の生の中で
Round.1157 魔法
Round.1158 ボウリング・タイム
Round.1159 強化計画





スポンサーリンク

はじめの一歩116巻のネタバレ

以下よりネタバレです

はじめの一歩116巻の内容を知りたい方だけ下のページへお進み下さい。






Round.1148 鍛錬







一歩のいつもの自主トレ場所の土手で鴨川会長とトレーニングしている場面から始まります。





坂道を会長が乗っているスクーターを上りで押して下りでは引っ張りながら下るり筋肉を作り上げていくトレーニング





デンプシーロールは、筋肉を引きちぎる動きをするため、ゆっくり加圧してズバッと負荷をかける。



一歩は自宅で、インナーマッスルとアウターマッスルの勉強とタイヤをハンマーでたたくトレーニングや鉄棒をゴム?を結び引っ張るトレーニングを積む





鴨川ジムでは入会希望者が3人も登場します。


ジムには鷹村以外のいつものメンバーがトレーニング中

そして一歩のサンドバックをたたく姿をみて入会希望の3人は唖然とします。









Round.1149 乱れ打ち猛特訓







サンドバックを叩いたあとに鴨川会長が一歩にリングへ上がれと指示



トレーナーの八木さんが「ご覧の通りウチは少々スパルタでね、しかし確実に強くなれるよ うん」



しかし後ろには入会希望者はいませんでした。




入会希望者の3人は逃げるように出てきたのをシャクに触りジムに戻り始めますが

そこに通りかかる鷹村、3人うちの1人が鷹村と肩がぶつかり



あとは想像通りの展開に






Round.1150 強者の責







鴨川会長と一歩がリング内でミット打ちのトレーニングしているのを横目で鷹村は通り過ぎていく。



事務所で鴨川会長と八木さんが一歩のトレーニングで会長心配と気をかけるが

会長は「大丈夫じゃないわ 見ろこの手」「悲鳴をあげているわい」

嬉しい悲鳴がきこえてくるじゃろと大笑い



ジムの屋上で一歩は鷹村と


鷹村と一緒にクールダウン中に



鷹村:



「なあ 一歩」

「あまり喜ばせるな」



一歩:



「どうゆうコトですか?」





鷹村:



「責任ー   とれるのか」








Round.1151 一歩の責任





鷹村

「覚悟が無いなら、いたずらに人を期待させるな」

「俺様がいる、安心していいからよ」



意味が分からず無言の一歩



鷹村

「ー全部 背負えるのか?」



一歩

「わかりませんが、全力でやります。

鷹村:にやけた顔で

「お前らしい、セリフだわ」

「せいぜい頑張れよ」


世界ランカー同士のスパーリングでジム内は空気がはりつめています。

鴨川会長の思惑は

世界ランカー相手にどれほど通用するか、新型デンプシーロールに期待



いざ、始まってみると打たれまくる一歩

相手との距離が開いたところで頭をふり新型デンプシーロールへ




Round.1152 往時の王は地球に伏す





千堂武士が、ゴンザレスに一歩が勝つ予想していたが実際には幕之内のKO負け

「ゴンザレスがよほど強くなっていたか、幕之内一歩が弱くなっていたか・・や」






一歩は、たった2発の左を合わせられただけでダウン



よろけながら「すみません ボ ボク、倒れちゃいましたか?」



続きをとファイティングポーズをとる一歩だが

鴨川会長が「今日はコレで勘弁してやってくれ」



まだやれます!と一歩が言うが会長が「リングを降りろ」





悔しそうにリングをおりベンチでヘッドギアを持って考え込む

そしてヘッドギアをつけているからデンプシーのとき見えずらいんだと言い訳





会長が階段に行く途中に鷹村が







Round.1154 悲劇的疑惑





事務所で会長と八木さんが一歩の事ではなし合い

一歩は、パンチドランカーの疑いがあると

「-確かに一歩くんは、打たれすぎています」



自覚症状はあるのかと悩む二人





幕之内一歩は自宅でノートを広げ

ペンで直線を引こうとするが、グニャグニャの線しか引けず


「そんなワケがない」

「ボクは大丈夫」「大丈夫」




Round.1154 紙上の線



事務所で会長と八木さんのいる中で一歩に直線を書いてみろと

幕之内一歩は息をのみ、超緊張しながらゆっくりと直線を書く

なんとか直線を書き上げるも





鴨川会長からは




一か月間のジムの出入り禁止



幕之内一歩は準備期間と考え

「ー新型デンプシーロールを打てるようになって」と事務所をでていきます





そして、一歩は日夜自主トレに日々










コミック はじめの一歩116巻のネタバレ!

無料で試し読みしたい方は、電子書籍ストア BookLive!ではじめの一歩と検索してください。「DMM電子コミック」もおすすめ



いろいろなコミックが無料で読めますよ。


BookLive! DMM電子コミック



Round.1155 海の家にて



猫田のいる海の家に向かう鴨川会長



相変わらずケンカをしながらカキ氷を張り合いながら食べる

鴨川会長は、幕之内一歩がパンチドランカーの疑いがあると話し



パンチドランカーになった猫田の話を聞く




帰って一歩に引退を言い渡すと鴨川会長は言うが

猫田は「幕之内の気持ちさ、考えとるだニか?」

パンチドランカーになったが猫田は「ワシに悔いはないだニよ」





そしてビーチで殴り合う2人






Round.1156 一度の生の中で



:「幕之内にも悔いを残させちゃいかんだニ」

会長:「-ワシの全権限をもって断固引退させる!」

:「大丈夫だニ」「幕之内さ、ドランカーじゃないだニ」

会長:「この目で確かめるのみじゃ」






その一人は運命の子だニ






Round.1157 魔法





夏の終わりまでには、どうしても新型を・・・



土手で一歩



に新型を会長に見せたかった、喜んでほしかったと打ち明けるなか土手に現れたのは




初めて宮田にボクシングシューズを選んでもらった太田スポーツ店へ


千堂武士が使っていたと聞き「説得力あるなぁ」

山口先生からのアドバイスで

「ゆっくり動いて、緩急はつけず、何をするにもゆっくりと」




Round.1158 ボウリング・タイム



間柴 久美と2人きりでボウリングを楽しんでいるところに

鴨川ジムの仲間、鷹村、青木、木村、板垣の4人が一歩の様子を見にやってきます。





以前の一歩のボウリング成績は180スコア

鷹村

「ボウリングなんて、わかりやすいコトしやがって」

「真っ直ぐ投げられるのかよ」





「もし100を大きく下回るとしたら、ガーターの連続だとしたら・・・」

「-確定だ」







一歩は一投を慎重に時間をかけてなげる











ボーリングを続ける一歩たち



鷹村が一歩の投げる姿をみて

「お前・・・」

「何つけてやがる?」



重りに気づく鷹村たち






Round.1159 強化計画








一歩は鷹村に

「完成さてジムに戻ります」








数日後、またもボーリング場で、鴨川ジム一同と板垣の妹の奈々子

そこに山口先生が一歩の様子を見にやってきます。





一歩はいつの間にか、青木以外の3人にスコアが迫っていました。

何度も、ストライク





山口先生は驚き

なんという怪力! なんという体幹‼



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする