iPhone Xの評価やレビュー!評判悪い?メリット・デメリットはあるの?

スポンサーリンク
Sponsored Links

iPhone8が発売されて間もなくiPhone Xがアップルからついに発売されました、その特徴はやっぱりホームボタンが無くなった事!

ホームボタンで指紋認証をしていたが新たな認証手段として顔認証システムを導入し画面を広く使えるというメリットが誕生し余計なものが無くなったの画面が大きく使える為、画面全体がディスプレイ状態になり便利になりました。



iPhone Xの評価や口コミを集めてみました。





大きく変更になったのはやっぱり認証方法!



指紋認証「Touch ID」はiphone5からで
2013年からなので4年目で新認証システムとかわった



顔認証の「Face ID」は画面を見るだけでロックが解除される優れもの!






iPhone Xの仕様・スペック



まず使用とスペックをおさらいしてみましょう!





iPhone X (SIMフリー)

メーカー:  Apple
ブランド:  iPhone
発売日 : 2017年11月
OS:  iOS
色:  シルバー、スペースグレイ
本体サイズ:  143.6mm×70.9mm×7.7mm
本体重量:  174.0g
ディスプレイの大きさ:  5.8インチ
ディスプレイ種別:  有機ELディスプレイ(Super Retina Display)
画面解像度:  2436×1125
ピクセル密度:  462ppi
バッテリー容量:  2700mAh
CPU性能(Clock):  2.5GHz
CPU性能(コア):  6コア
メモリ容量:  3GB
ストレージ容量:  256GB
メインカメラ性能:  1200万画素
インカメラ性能:  700万画素



大きさはiPhone6plusとiPhone6の間くらいの大きさなっています。



カラーはシルバー、スペースグレイの2色のみ
もともとiPhoneはカラーバリエーションは少ないですからね。

バッテリー容量も増加しているのが判ります。




カメラの機能

  • 1200万画素数(広角カメラ)
  • 1200万画素数(望遠カメラ)
    (縦並びのデュアルカメラ)
  • 光学ズーム、最大 10 倍のデジタルズーム
  • ポートレートモード
  • ポートレートライティング(スタジオ風照明エフェクト)
  • デュアル光学式手ぶれ補正
  • クアッドLED True Toneフラッシュおよびス
  • ローシンク
  • パノラマ撮影
  • オートフォーカス
  • 手ぶれ補正機能の Live Photos
  • 広色域キャプチャ
  • 人体検出ならび顔検出
  • 露出コントロール
  • ノイズリダクション
  • 自動HDR
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード
  • タイマーモード
  • 撮影フォーマット:HEIF、JPEG

バッテリー

  • 連続通話時間(ワイヤレス):最大21時間
  • インターネット利用:最大12時間
  • ビデオ再生(ワイヤレス):最大13時間
  • オーディオ再生(ワイヤレス):最大60時間
  • 30分で最大50%充電
  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)
  • USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電可能





スポンサーリンク
Sponsored Links

iPhone Xのメリット

  • 4コアのCPUで25%も高速化
  • 高性能チップ搭載
  • ディスプレイ画面がスゴイ
  • Super Retina HDディスプレイ
  • 顔認証システム導入
  • ワイヤレス充電が可能
  • 3コアGPUで以前より30%のスピードアップ
  • バッテリー駆動時間が向上
  • カメラ性能の向上
  • 望遠カメラに光学ズームに対応
  • 耐水瀬能と防塵性能
  • 耐久性のアップ


ホームボタンが無くなったのでデザインがよりスマートに見えます



そして、CPUの6コアいいですよねメッチャ早いの間違いなし
やっと実装された、ワイヤレス充電



絶対便利になってますね



GPUが3コアとなりスマホでゲームを楽しむ人はより快適に





耐久性がUPも嬉しい要素、よく落とす人はありがたいし安心感がアップ!



間違いなくグレードアップしていて
さらに使用しやすくなっているように感じます。






iPhone Xのデメリット

  • ホームボタンがなくなった事により操作に違和感が感じられる。
  • タッチパネルのみとなったのでブラインド操作が難しい。
  • iPhone4S以来の背面ガラスが採用で、再び『背面ガラス割れ』の恐れがある。
  • 値段が高すぎる。
  • 前面ディスプレイ化により操作しずらい場面がある。(誤操作が増える)
  • 有機EL採用により電力消費が大きくなった。
  • 太陽下でディスプレイが見えづらい。
  • 『faceID』が不安要素が大
  • カメラ部分が大きくなった。


全面ディスプレイ化により見やすくなったが



iPhone Xを落としてしまったりして、画面が破損した場合に
修理費費がより高くなっている。



さらに背面もガラスを使用しているので破損のリスクが高くなったと感じる。





ケースを使用すればいいのだが、せっかくのデザインを隠すため

使うのをためらう人も多いはず。



安全をとるかデザインを取るか悩みますよね。




iPhone Xの使用感





iPhone最大の画面サイズをコンパクトになったが、やや重いなっている。

女性は超時間の使用は疲れるのがより早くなりそう。





ホームボタンが無くなった事により

「ホーム画面へ戻る際の下から上へスワイプする動作に慣れるには多少時間はかかるだろう」








iPhone Xの操作において特に注意したい点



ホーム画面への戻り方

従来のiPhoneはホームボタンを押せばホーム画面に戻ることができましたが

iPhone Xにはホームボタン(Touch ID)がない為、それができません。



アプリ起動中にホーム画面に戻りたい場合は、画面下に出ているバーを軽く上にスワイプすることでホームへ戻る事ができます。



アプリの切り替え

ホームボタンがないので、アプリの切り替え方も変更になっています。



アプリの切り替えをしたい場合は、画面下に出ているバーを左右にフリックして変更します。

バーが出ないホーム画面でも、画面の下端を右にフリックすれば直前に表示していたアプリに戻れます。





iPhone XにおいてAppスイッチャーからアプリを消去したい場合は

「アプリのサムネイル表示を長押し→削除マークをタップ or サムネイルを上方向にスワイプ」という手順を取ります。



以前のiPhoneより手数が増えています。





コントロールセンターの出し方

従来のiPhoneは画面下端部から「コントロールセンター」を呼び出していましたが

iPhone Xでは、画面右上のインジケーターを下方向にスワイプして呼び出します。





大きく変わった操作を書きましたが、iPhoneを使い込んでいた人もこれに慣れることができれば、iPhone Xはかなり重宝するでしょう。



Sponsored Links

iPhone Xのレビュー





iPhone X とiPhone8

iPhone X iPhone8 iPhone8Plus
OS iOS 11 iOS 11 iOS 11
プロセッサ A11 Bionic +
ニューラルエンジン
M11モーションコプロセッサ
A11 Bionic +
ニューラルエンジン
M11モーションコプロセッサ
A11 Bionic +
ニューラルエンジン
M11モーションコプロセッサ
ディスプレイ 5.8インチSuper Retina HD
OLED Multi Touch
True Tone ディスプレイ
1000000:1(標準)
最大輝度 625cd/m2 (標準)
広色域対応(P3)
4.7インチRetina HD
True Toneディスプレイ
1400:1(標準)
最大輝度 625cd/m2 (標準)
広色域対応(P3)
5.5インチRetina HD
True Toneディスプレイ
1300:1(標準)
最大輝度 625cd/m2 (標準)
広色域対応(P3)
画面機能 3D Touch 3D Touch
デュアルドメインピクセル
3D Touch
デュアルドメインピクセル
画面解像度 2436 x 1125 1334 x 750 1920 x 1080
PPI 458 326 401
生体認証 Face ID
(Apple Pay対応)
Touch ID
(Apple Pay対応)
Touch ID
(Apple Pay対応)
ストレージ 64 / 256GB 64 / 256GB 64 / 256GB
背面カメラ 12MP iSightカメラ x2
広角:f1.8
望遠:f2.4
光学手ぶれ補正
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
光学ズーム
10倍デジタルズーム
ポートレートライティング(ベータ版)
12MP カメラ
f1.8
光学手ぶれ補正
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
5倍デジタルズーム
ポートレートライティング(ベータ版)
12MP iSightカメラ x2
広角:f1.8
望遠:f2.8
光学手ぶれ補正
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
光学ズーム
10倍デジタルズーム
ポートレートライティング(ベータ版)
動画撮影 4K:24/30/60fps
1080p:30/60fps
720p:30fps
4K:24/30/60fps
1080p:30/60fps
720p:30fps
4K:24/30/60fps
1080p:30/60fps
720p:30fps
前面カメラ 7MP True Depthカメラ
ポートレートモード
ポートレートライティング(ベータ版)
Retina Flash
広色域キャプチャ
自動手ぶれ補正
7MP FaceTimeカメラ Retina Flash
広色域キャプチャ
自動手ぶれ補正
7MP FaceTimeカメラ Retina Flash
広色域キャプチャ
自動手ぶれ補正
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 5.0 5.0
NFC リーダーモード対応FeliCa対応 リーダーモード対応FeliCa対応 リーダーモード対応FeliCa対応
位置情報 Assisted GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
デジタルコンパス
Assisted GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
デジタルコンパス
Assisted GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
デジタルコンパス
センサー 3軸ジャイロ/加速度
/近接/環境光/気圧
3軸ジャイロ/加速度
/近接/環境光/気圧
3軸ジャイロ/加速度
/近接/環境光/気圧
防水防塵 IP67(耐塵防浸型) IP67(耐塵防浸型) IP67(耐塵防浸型)
本体色 シルバー、スペースグレイ ゴールド、シルバー、スペースグレイ ゴールド、シルバー、スペースグレイ
バッテリー 通話 21時間
インターネット通信 最大12時間
ワイヤレス動画再生 最大13時間
ワイヤレス音楽再生 最大60時間30分で最大50%充電
通話 14時間
インターネット通信 最大12時間
ワイヤレス動画再生 最大13時間
ワイヤレス音楽再生 最大40時間30分で最大50%充電
通話 21時間
インターネット通信 最大13時間
ワイヤレス動画再生 最大14時間
ワイヤレス音楽再生 最大60時間30分で最大50%充電
ワイヤレス充電 Qi対応 Qi対応 Qi対応
重量 174g 148g 202g
寸法 143.6 x 70.9 x 7.7mm 138.4 x 67.3 x 7.3mm 158.4 x 78.1 x 7.5mm
税別価格
(SIMフリー版)
64GB 11万2800円
256GB 12万9800円
64GB 7万8800円
256GB 9万5800円
64GB 8万9800円
256GB 10万6800円



まとめ



楽天で「iPhone X」グッズを探す



口コミ・レビューを見てみると様々な感想がうかがえますね。



重たいと感じる人や軽いと感じる人
操作性が下がったなど。



人によって感じ方が大きく違ってきています。



意外と多かったのが発熱する
iphoneが熱くなるってしまうという現象があるようです



ワイヤレス充電に変わった為に起こる現象かもしれませんが
どの機種にも発熱する要素はいつも付き物のような気がします。



『FACE ID』は便利な反面、双子で解除できたみたいなので

まだセキュリティー面に不安が残りますが、
少しの顔の変化で解除できなくなったときは困りものですね。



例えば、歯が痛くて顔が腫れたと、格闘家は試合で顔も腫れたりしますので
そういったスポーツする人には向いていないかもしれませんね。



寝起きしてすぐの顔は、反応しなかったと言う書きこみもありました、顔を洗ってから解除はできたようですが、とっさの時に解除できないという場面も出てくる可能性があります。



年々便利になっていくスマホ、次はどんな技術が出てくるのか楽しみですね!



「iOS 11」になって発生するようになった8つの問題とその対処法

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする