ゲスの極み乙女。が5月10日に活動再開!復活ライブとアルバム発売

スポンサーリンク
Sponsored Links

当時未成年だった交際相手のタレント・ほのかりん(20)との飲酒が発覚し、昨年12月から活動を休止していた川谷絵音(28)がボーカルを務める4人組ロックバンド「ゲスの極み乙女。」が、5月に活動を再開することが31日、発表された。




昨年12月予定だった発売を延期していたアルバム「達磨林檎」を5月10日に発売することが決定した。



また、同日に東京・台場のZepp Tokyoで約5か月ぶりに復活ライブを開催する。



昨年12月3日にラストライブを行った同会場での再スタート。当日のアルバム購入者からくじ引きで当選したファン約2500人が参加できる。


 川谷は昨年1月にタレント・ベッキー(33)との不倫が発覚。

ベッキーは約5か月間にわたる芸能活動休養に追い込まれた。9月には川谷がほのかとの飲酒が発覚し、12月3日をもってバンド活動を休止した。

当時の所属事務所「スペースシャワーミュージック」は、昨年12月末で契約を更新せず。1月から所属レコード会社・ワーナーミュージックに暫定的に籍を置いていたが、4月1日付で同社とマネジメント契約を結んだ。




活動休止から約5か月間で復帰。



世間からは「まだまだ早すぎる」などと批判の声があがるのは避けられないが、関係者によると、休止中にはバンド活動の再開を求めるファンからの声が同社に多く寄せられた。





川谷は活動再開にあたり、事務所スタッフら関係各所に対し「ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」と謝罪。事務所サイドも一定期間、活動を自粛したことで十分に反省したと判断した。


 復活ライブに向けたリハーサルを5月初旬からスタートさせる。5月10日のライブ後は、音楽番組への出演など活動は未定という。

また、川谷がボーカルを務める別バンド「indigo la End」も順次活動していくという。




川谷は所属事務所を通じて、「メンバーやスタッフ、そして何よりファンの皆さんのために真摯(しんし)に音楽を伝えていきたいと思います。



『達磨林檎』には色々な思いが詰まっています。改めてこの作品、そしてゲスの極み乙女。をよろしくお願いします」とコメントした。





スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする