芸人(漫談家)“ツチノコ芸人”テント(本名・三浦得生)さんが交通事故死した芸人仲間が追悼【ネタ動画】あり

スポンサーリンク



2016092

吉本興業所属の漫談家のテント(65、本名・三浦得生=みうら・とくお)さんが27日、大阪市内で交通事故に遭い、病院に運ばれたが約3時間後に亡くなった。めったに姿を見られないことから“ツチノコ芸人”と呼ばれたテントさん。その突然の訃報に芸人仲間から悲しみの声が広がった。





また、所属の吉本興業によると、テントさんは交差点を横断中に、右折してきた44歳の会社員が運転する乗用車にはねられ、自動車は前面フロントガラスが破損。

テントさんは頭部を強打したとみられ、搬送先の病院へ到着した時点では、すでに心肺停止の状態だったという。

出典吉本興業の芸人テントさん、車にはねられ死亡65歳 – おくやみ : 日刊スポーツ








スポンサーリンク

経歴

テントさんは大阪府八尾市出身。

1981年に上岡龍太郎さんに弟子入り。漫才コンビ「大空テント・幸つくる」解散後はピン芸人として活動していた。上岡さんが00年に芸能界を引退した際には2代目襲名を勧められたが断った逸話もある。





吉本興業の公式サイトによると、テントさんは1981年、第12回NHK上方漫才コンテストの優秀賞に輝いた。



上岡さんからは「出てくるのが10年早かった」などと、その才能を絶賛され、自分をパチンコ台に見立てて手をぐるぐる回転させる「人間パチンコ」など、一風変わった芸で人気を集めた。









お悔み申し上げます。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする