藤村俊二さんが逝く!その病名は?おヒョイさんのあだ名の由来

スポンサーリンク
Sponsored Links

「おヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優の藤村俊二さんが1月25日、心不全のため死去した。82歳。神奈川県鎌倉市出身。体調不良のため、2015年10月で日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」のナレーションを降りてから療養生活を送っていた



藤村俊二さんの病名は「心不全」でした。



事務所の代表を務める亜実さんは「どこかが悪いというわけではないが、“思うように仕事が出来ないまま、皆さまの前に姿を見せたくない”と言っている」と説明。原因不明の体調不良で、一昨年10月末から入退院を繰り返していた。


おヒョイさんのあだ名の由来


日劇ダンシングチーム12期生として1960年に渡欧したが、あまりのレベルの高さに自らの限界を痛感して舞踊家の道を断念。帰国して振付師に転向した。

ザ・ドリフターズの大人気番組「8時だョ!全員集合」では民謡「北海盆唄」をアレンジしたオープニング「エンヤーコラヤ ドッコイジャンジャン コーラヤ」を振り付けた。

同番組ではエキストラとしての出演も求められたが、これが嫌で「ひょい」と逃げたことから「おヒョイ」のあだ名がついた。




スポンサーリンク
Sponsored Links

藤村俊二さんプロフィール

◆藤村俊二(ふじむら・しゅんじ)
  • 1934年(昭9)12月8日
  • 神奈川県鎌倉市生まれ
  • 愛称: おヒョイおヒョイさん
  • 日劇ダンシングチーム12期生として60年に渡欧
  • 帰国後、振り付け師に転向し、レナウン「イエイエ」のCMなども担当
  • 三谷幸喜作品に俳優として多く起用された。「タレント」という肩書きが嫌いで「アクター(俳優)」を自認していた。
映画
『ラヂオの時間』
『デスノート』シリーズ


軽妙でとぼけた味が人気で、フジテレビ「なるほどザ・ワールド」、日本テレビ「ゲバゲバ90分」、TBS「ぴったしカン・カン」など、バラエティーやクイズ番組に引っ張りだこ。

映画「青春喜劇・ハレンチ学園」(70年)、「喜劇・猪突猛進せよ!!」(71年)や三谷幸喜脚本の「王様のレストラン」(95年)、「古畑任三郎」(96年)などのドラマでも評判を呼んだ。声優やナレーターとしても才能を存分に発揮した。


おヒョイさんへネットの声




大好きだった役者さんがまた居なくなりました。

藤村俊二さんいままでありがとうございました。 ご冥福をお祈りいたします。



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 出典藤村俊二さんが逝く!病名は?名俳優がまた一人おヒョイさんのプロフィールあだ名の由来 […]