錦織圭vsF・デルボニスの対戦成績!デルボニスはどんな選手?

スポンサーリンク
Sponsored Links

2018年の3月に行われるマイアミオープン4回戦で錦織圭選手と対戦するフェデリコ・デルボニス選手は錦織選手との対戦成績とF.デルボニ選手のプロフィールを調べてみました。



F.デルボニ選手はどんあプレイヤーなのでしょうか?


F.デルボニ選手のプルフィール

フェデリコ・デルボニスFederico Delbonis)
  • 生年月日: 1990年10月5日
  • 出身地: アルゼンチン・アスール出身
  • 男子プロテニス選手。
  • 身長: 190cm
  • 体重: 88Kg
  • 利き手: 左利き、
  • バックハンド: ストロークは両手打ち。
  • ATPツアー: シングルス2勝
  • 自己最高ランキングはシングルス33位、ダブルス142位。
  • デビスカップ2016のアルゼンチン代表優勝メンバー。



■選手の経歴などの情報
ブラジル・オープン:優勝(2014)
ニース・オープン:準優勝(2014)





7歳からテニスを始めて2007年15才でプロに転向



2013年7月のドイツ国際オープンの準決勝ではロジャー・フェデラーを7-6(7), 7-6(4)で破る金星を挙げ初のツアー決勝に進出した。



決勝ではファビオ・フォニーニに6–4, 6–7(8), 2–6で敗れ準優勝となったが、この活躍でランキングを114位から65位に上げトップ100入りを果たした


2016年BNPパリバ・オープンでは3回戦で世界ランク2位のアンディ・マリーに6-4, 4-6, 7-6(3)で破る金星を挙げたている。

フェデラー選手やマレー選手を破ることが出来る実力を持ったプレイヤーで、ランキング順位でなめていると痛い目に合うのが目に見えていますね!


プロとしてテニスをしているので小さなみすや小ささ出来事で勝負を左右してしまうのは当たり前かもしれませんが、F.デルボニ選手も上を目指してプレーしていますのでまだまだ上位に食い込んできそうですね。


フェデリコ・デルボニス選手の特徴

まず。特徴的なのはサーブです

モーションが2段階あるようなサーブで相手のタイミングをずらして打ってきますので慣れるまでは処理しずらいかもしれません

そして次に。強烈なフォアハンドストローク

フォアは大きなフォームで対応し

バックはコンパクトに処理します。

ネットぎわのプレーへは動きがスムーズで見ていてキレイです

あとは、器用な選手といえます

あのフェデラーからドロップショットを奪ったりフェフェラーのネットプレーをパッシングショットで逆を突くなど器用な対応でアイデアも豊富な選手です。


スポンサーリンク
Sponsored Links

錦織圭VSフェデリコ・デルボニス 対戦成績





これが錦織圭選手と初対戦となります。

年齢も近いので相手の事を知ってことでしょう! フェデラーやマレーに勝ったことがあるので必ずチェックは入れていますね!
2017年3月
マイアミオープン 4回戦
【第1セット】6-3
【第2セット】4-6
【第3セット】6-3
錦織は「大変な試合でしたね。第2セットを取られましたが、しっかりファイナルセットで切り替えられたと思います。2セット目から膝が痛くなりましたけど、3セット目は耐えられたので、状況を見て治療したいと思います。
しっかり最後は自分のテニスを取り戻せた。ファイナルセットは徐々に良くなったと思います」と振り返った。




対戦成績
錦織圭の 1勝

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする