「Exile」Makidaiの回復状況!けがの治り具合は?本当に大丈夫?

スポンサーリンク

「Exile」Makidaiさんが「1月31日、火曜日のZIP!です」で仕事に復帰しました、事故後初のテレビ出演ですがケガの状態は大丈夫なのでしょうか?



マキダイさんのけがの状態を調べてみました。




マキダイさん達が事故にあった日

2016年12月に北海道七飯町で交通事故に遭い、肋骨骨折や肺挫傷などで全治2~3カ月の重傷を負った。




事故に遭った車は札幌市在住の男性が運転しており、MAKIDAI、VERBAL、DJ DARUMAらPKCZ(R)メンバー3人、スタッフ3人が乗車。

3人は12月24・25日に札幌ドームで予定されていた三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのライブツアー

「三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2016 “METROPOLIZ”」公演に出演する予定だったが、悪天候の影響により飛行機が欠航となったため、新幹線で函館まで移動し、函館から陸路で札幌に向かっている途中だった




MAKIDAIは昨年12月24日未明、ユニット「PKCZ(R)」として「三代目 J Soul Brothers」(三代目JSB)の札幌ドームでのライブに車で向かう途中、大型トラックと衝突する事故に遭った。MAKIDAIは肋骨骨折と肺挫傷ほか脳振とうも発症し、入院。搭乗するはずだった航空便が悪天候で欠航したため、函館まで新幹線で移動、車で札幌に向かう途中の事故だった。






スポンサーリンク

Makidai さんの怪我の状態

MAKIDAI さんの怪我の状態はというと、 助骨骨折・肺挫傷・ 脳震盪、打撲 の重傷でした。

年明けの1日にはMAKIDAI自身がメッセージを寄せ、「体調は日々着実に回復し、良くなってきています」



同乗していたVERBAL さんはというと 肋骨骨折、肺挫傷を負傷し、 1度は ICU に入るくらいの重症だったそうです。




MAKIDAI さん1月31日の状態は?

MAKIDAI さんの怪我の状態を出演した番組中に

「まだ痛みは残っているようですが、自分の力で何とか歩けるようになりました」と話しています。



事故の詳細や現在の状態について報告。

現在、歩行やジョギングはできるというが、ケガは完治はしておらず骨がくっついていないので、激しい運動はできない状態。痛みも完全にないわけでない」と話した。



マキダイさんは

「まだ激しい動きのある仕事ができませんが、できることから徐々に始めていきたい」とコメントをしていました。




MAKIDAI さん事故直後の様子

事故直後は「ショックのため」事故の直前と直後の記憶がなく、胸の激しい痛みで意識が戻り、気づいたら担架で運ばれていたという。



「熱いもの(血)が頭から流れていて、胸が苦しくて熱くてつらい状況。担架に乗せられ、天井がゆがんだ状態で(運ばれながら)景色が何となく変わっていく感じだった」



病院の検査では、肺に血がたまっていたが4日後には補助器を使いながらも立ち上がり歩く事もできた。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする