私立恵比寿中学メンバーが病欠続しつで退学者まで出ている件!

スポンサーリンク
Sponsored Links

アイドルグループ私立恵比寿中学の松野莉奈さんが致死性不整脈のため18歳という若さで急死してしまいましたが私立恵比寿中学のメンバーは、病気が見つかり休業や引退までしたメンバーがいます。



なぜかこのグループに付きまとっている病気に注目が集まっています。
エビ中メンバーの病気は

  • 柏木ひなた: 突発性難聴で一時活動休止
  • 瑞季:    不整脈の疑いがあり脱退
  • 林歌穂:   バセドウ病と診断されてい
  • 松野莉奈:  致死性不整脈


アイドルとして活動をしている多くの少女たちが頑張ってるなか、若い彼女たちになにがおきているのでしょうか?
AKB48のように大所帯ではない私立恵比寿中学だけに、これだけ多くのメンバーが何かしらの病気に冒されているのは異常だと思うのは私だけではないはず。
「過去にはファンの間でもあまりに病気になるメンバーが多いことから御祓いに行ったほうが良いという声も出ていたほど。
そんな中で、今回の松野莉奈の急死ですからショックは相当なものです。



正式に活動中止はないと運営より発表がありましたが、明るく楽しいのが売りだっただけに、今後はどういった形で活動していくのかファンの間でも賛否両論が飛び交っています」(アイドル雑誌編集談)




所属先のスターダストでは
女優の卵の寄せ集めだったももいろクローバーZが国民的アイドルグループとして突然売れ、姉妹グループが次々とできあがった。私立恵比寿中学はももクロに次ぐ人気を誇り、チケット争奪戦が起きるほど。ドームクラスの公演も目前に見えてきたところでした。
しかし、運営では同じ事務所ながらももクロ陣営とほとんど交流がなく、断絶状態。社内ではこの両方の運営の仲が悪いことが有名でした。
遥か先を行くももクロに追いつこうと、私立恵比寿中学は特殊な世界観で活動を続けていましたが、最近では急成長していた人気にも陰りが見え始め運営側も焦っていたと聞きます。


ももクロの名物マネージャー
川上アキラ氏がももクロとともに社内で急激に出世して権力も持ち始めていたという声も聞こえますから……。
そういった大人たちの見えないプレッシャーが、メンバーたちの心理状況に大きく重荷を追わせている可能性はあるはずです。
ファンの間では、ももクロを抜くことが目標ではないという声も出ていたんですけどね


夢を与えるアイドルだからこそ健康第一で少女たちが無理なく活動できる場を作る事こそが、運営をする大人の役目だということを再確認するべきなのは間違いないだろう。




エビ中メンバー病名




柏木ひなたが発症した突発性難聴

「耳鼻科の病気特集」があると必ずといってい いほど登場する代表的病気の一つです

突発性難聴とは ある日、目を覚ますと片側の耳が聞こえなくなっていたり、つ まる感じがしたり、耳鳴りを感じたりする病気です。



また 昼間はどうもなかったのに、夕方になって急に眩暈(めまい)とともに難聴 を感じたりすることで始まることもあります。



これは突発(性)難聴と言って、昨日までどうもなかった、あ るいは今さっきまでなんともなかったのに、突然急に発症するタ イプの内耳の病気です。典型的には何月何日何時何分というふう に、時間がはっきりわかることもあります。



そう珍しい病気ではなく、誰でもかかる可能性があります。程度も片耳が まったく聞こえず、めまいがひどくて起きられないような重症型 から、少し耳鳴りがして、耳がふさがった感じ程度の軽いものま でさまざまです。特に軽症の場合、「そのうち良くなるだろう」 と様子をみている患者さんが少なくありません。

早期治療が非常 に大切ですので特に注意する必要があります。

引用元


瑞季は不整脈



不整脈と聞くと、脈拍に異常がある病気と思われがちですが、不整脈とは脈拍の異常ではなく、心臓のリズム(調律)の異常のことをいいます。
「不整脈」を英語にしてみるとよくわかります。不整脈のことは英語でarrhythmia(アリズミア)といいます。



「不整脈」というのは病名ではなく病態の総称です。つまり、心臓の電気的興奮のリズムが異常になった状態を「不整脈」といいます。




小林歌穂はバセドウ病

何らかのきっかけで、甲状腺ホルモンが多すぎたり少なすぎたりして、適正な量を保てなくなることがあります。バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。甲状腺の機能が普通以上に高まってしまい、「甲状腺機能亢進症」に至ります。


発症は若い女性に多い

日本人の約20人に1人は、何らかの甲状腺疾患を持っているとされますが、その中でも、バセドウ病は、後に述べる橋本病と並んで多い病気です。

男女比は、女性が男性の4倍以上で、圧倒的に女性に多い病気です。思春期から高齢者まで幅広い層に起こり、小児期に発症することもありますが、発症のピークは20~30代であることから、若い女性に多い病気と言えます。

 バセドウ病は、ホルモンが過剰になっている状態です

過剰になるには、“作られ過ぎる”場合と“使わない”場合がありますが、使わない場合には、ネガティブ・フィードバックがかかって、ホルモン産生がストップして、自然に落ち着いてくるので、あまり問題になりません。

バセドウ病は、脳下垂体からの指示がなくても甲状腺が常に刺激されて、ホルモンを作り過ぎる病気です。甲状腺の機能が普通以上に高まってしまうので、「甲状腺機能亢進症」と呼ばれるのです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする