【錦織圭vsドルゴポロフ】対戦成績!ドルゴポロフ選手のプロフィール

スポンサーリンク

ウクライナのNo.1プレイヤーアレクサンドル・ドルゴポロフ選手は元プロテニス選手をしていた父のオレクサンドル・ドルゴポロフの手ほどきで3歳からテニスを始め母親も体操選手で金メダルスト



2006年プロデビュー。2011年、初出場だった全豪でいきなりベスト8に進出して注目を浴びた。




ドルゴポロフ選手のプロフィール


アレクサンドル・オレクサンドロヴィチ・ドルゴポロフ

Alexandr Oleksandrovych Dolgopolov
  • 1988年11月7日
  • ウクライナ・キエフ出身
  • 男子プロテニス選手
  • 2011年BNPパリバ・オープン男子ダブルス優勝
  • 2011年全豪オープン男子シングルスでベスト8がある
  • これまでにATPツアーでシングルス2勝、ダブルス1勝を挙げている。

  • 自己最高ランキングはシングルス13位
  • ダブルス42位で
  • ウクライナのNo.1プレイヤー
  • 身長180cm、体重71kg
  • 右利き
  • バックハンド・ストロークは両手打ち
  • 旧名はオレクサンドル・ドルゴポロフ・ジュニア(Oleksandr Dolgopolov Jr.)で2010年5月に改名した



ドルゴポロフ選手のプレースタイル
高い運動神経と多彩なテクニックを持ち、「コートの手品師」と呼ばれることも。

ショットの選択に意外性があり、変則なスタイルの持ち主だという印象だが、基本的にはクイックモーションのサービスと、コース取りが自在なフォアハンドを軸とし、そこにバックハンドのスライス系のボールを混ぜながらゲームを組み立てていく。



ドルゴポロフ選手は独特なフォームでプレーは、サーブも独特なフォームで強力です。強いし、面白見ていて飽きることがありません。








アレクサンドル・ドルゴポロフ選手持病のジルベール症候群



ジルベール症候群とは遺伝性の肝臓の病気で、黄疸(眼球や皮膚が黄色くなってしまう症状)が出たり、疲労感、食欲不振、集中力が続かない、腹痛等の症状が出ます。



病気が試合に影響しなければもっといい成績になっていたかもしれませんね

集中力が続かないの何をするにも悪い影響で試合中に症状がでてきたら大変!





2015年1月、ブリスベン国際に錦織圭とダブルスを組んで出場。準優勝を飾る。

実は錦織圭選手と仲がいいとよく聞きジュニア時代時代からの友達です。






スポンサーリンク

【錦織圭vsドルゴポロフ】対戦成績






2017年2月のアルゼンチン・オープンでツアー決勝で錦織圭選手とは今回が6度目の対戦で、錦織の5連勝

クレーコートでは2度目の対戦で、錦織圭選手が全てストレートで勝利している。





お互いによく知っている相手ですが錦織圭選手はドルゴポロフ選手に1セットも取られていません!



しかし2017年2月19日のアルゼンチン・オープン決勝でストレートで敗れ準優勝


■ATP Masters 上海マスターズ( Hard Court )
10/14/2011 A. Dolgopolov – K. Nishikori 0 : 2 (4 : 6) (3 : 6)

■ATP Abierto Mexicano de Tenis TelcelAbierto ( Clay Court )
02/27/2015 00:15 K. Nishikori– A. Dolgopolov 2 : 0 (6 : 4) (6 : 4) Quarter Finals

■ATP マイアミオープン ( Hard Court )
03/28/2016 17:05 K. Nishikori– A. Dolgopolov 2 : 0 (6 : 2) (6 : 2) Final

■ATP バルセロナオープン ( Clay Court )
04/22/2016 15:00 A. Dolgopolov – K. Nishikori 0 : 2 (5 : 7) (0 : 6) Quarter Finals

■ATP ブリスベン国際大会 ( Hard Court )
01/04/2013 04:35 A. Dolgopolov – K. Nishikori 0 : 2 (4 : 6) (6 : 7)

出典:http://goo.gl/N2vTzQ

■ATP250アルゼンチン・オープン ( Hard Court )

2017年2月19日    K. Nishikori –  A. Dolgopolov  6-7 (4-7) 4-6

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする