【錦織圭vsD・エヴァンス】対戦成績!エヴァンスと錦織の相性は?

スポンサーリンク

錦織圭選手とD・エヴァンス選手の対戦成績とプレーどんなプレーをする選手なのかしらべてみました。



2017年は世界ランク8位のドミニク・ティーム、世界ランク7位のマリン・チリッチ選手に競り勝っていて、D・エヴァンス選手より格上の選手を次々と破ってきた居るため、現在世界ランク5位の錦織圭選手も射程距離に入っていると言えます。





けして楽して勝てる相手とは言えない存在ですね、

なめてかかると逆に食われてしまうので要注意人物だと思います。





「D・エヴァンス」の画像検索結果


ダニエル・”ダン”・エバンスDaniel “Dan” Evans,)

  • 生年月日:1990年5月23日
  • イギリスの男子プロテニス選手
  • 出身地:イングランド・バーミンガム出身
  • ATP自己最高ランクはシングルス43位、ダブルス272位。ATPツアー優勝なし
  • 身長:175cm
  • 体重:75kg
  • 右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち
  • 左肘に入れ墨がある


D・エヴァンス選手は錦織選手と年齢も体格も同じくらいだ


D・エヴァンス選手紹介

16歳のときの2006年にプロ転向
グランドスラム・デビューは19歳で、2009年のウィンブルドンにワイルドカード(主催者推薦)で出場した。
同年、デ杯のヨーロッパ/アフリカゾーン1部でイギリス代表を経験。
ツアータイトルはまだない。
トップ100入り目前の位置から772位まで世界ランキングを急降下させたが、2015年後半にかけてじわじわとカムバックし、2016年最終でキャリア最高となる66位を記録した
175cmと小柄で、片手打ちバックハンドを操り、スライスを多用してゲームを作ってくる。2016年もデ杯イギリスチームの一員として活躍した。
2017年のアピア国際では準々決勝で世界ランク8位のドミニク・ティームを破ると、準決勝でアンドレイ・クズネツォフに勝利し、自身初のツアーの決勝進出を果たす。
決勝でジル・ミュラーに敗れ、準優勝となった。
翌週の全豪オープンでは2回戦で世界ランク7位のマリン・チリッチに3-6, 7-5, 6-3, 6-3で勝利、3回戦でも第27シードのバーナード・トミックに勝利し、自身初のグランドスラム4回戦進出。

スポンサーリンク

錦織圭vsD・エヴァンスの対戦成績



初対戦は2013年8月26日 USオーン初戦

錦織圭 vs D・エヴァンス

【第1セット】4‐6
【第2セット】4-6
【第3セット】2-6

錦織圭選手のストレート負け







2回目の対戦は2016年3月4日 国別対抗戦デビスカップ

デビスカップ ワールドグループ1回戦シングルス第2試合

錦織圭 vs D・エヴァンス

【第1セット】6-3
【第2セット】7-5
【第3セット】7-6

錦織圭選手のストレート勝利



3回目は2017年3月12日

BNPパリバオープンシングルス2回戦



錦織圭選手のストレート勝ち

【第1セット】6-3
【第2セット】6-4





過去3回の対戦で、2勝1敗






錦織圭出場の試合がライブで見れる



スポナビライブ初回1ヶ月無料をぜひ利用して視聴してみてください!

ソフトバンクユーザーはスゴイ割引ありますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする