【僕たちがやりました】ドラマ1話のあらすじ・ネタバレ原作と違いは?

スポンサーリンク

人気漫画、【僕たちがやりました】がドラマ化されました。

コミックとドラマの違いはあるのでしょうか?



PVを見てみるとかなり忠実に再現が出来ているようです!



ファンも納得の内容の仕上がり具合!?

【僕たちがやりました】ドラマの原作やキャストは?あらすじを紹介!
『僕たちがやりました』がドラマ化され2017年7月18日より放送となりました。 タイトルからして、何かやらかしてくれそうなネーミングです!...






【僕たちがやりました】1話ネタバレ

2017年7月18日放送



凡下(ぼけ)高校2年生の増淵トビオ(窪田正孝)は、大それた夢は持たず〃そこそこで生きられればいい〃と考えるイマドキの高校生。




新しい彼女・新里今宵(川栄李奈)ができて浮かれている同級生の伊佐美翔(間宮祥太朗)や、〃マル〃こと丸山友貴(葉山奨之)、〃パイセン〃こと凡下高校OBの小坂秀郎(今野浩喜)と、ボウリングやカラアオケに興じる、そこそこ楽しい日々を送っていた。


↑と同じ原作場面あり忠実に再現!




そんななか、ヤンキーの巣窟として知られる矢波(やば)高の市橋哲人(新田真剣佑)が仲間に指示し、凡下高の生徒を暴行する事件が頻発。




警察も障害事件として捜査に乗り出し、刑事の飯室成男(三浦翔平)から動き出す深刻な事態に。トビオたちの担任教師・立花菜摘(水川あさみ)は気をもんでいた。



立花菜摘…トビオのクラスの担任教師。ドラマオリジナルのキャラクター。

原作は男性教師





ある日、とびとマルは、矢波高のヤンキーたちが暴力を振るう現場に遭遇。



マルが小声で「矢波高全員死ねー‼」と毒づいたのを市橋に聞かれてしまって怒りを買い、身をつけられてします。




一方トビオは、幼なじみの蒼川蓮子(永野芽郁)が市橋と一緒に朝帰りをする姿を目撃し、2人の仲が気になり・・・。


そしてある日、事件が起こった。マルが市橋のグループに捕まり、ボコボコにされてい待ったのだ。






血まみれの痛々しいマるにうろたえるトビオ、伊佐美、パイセンの3人。これをあざ笑う市橋たちに怒りがこみ上げたトビオは、「アイツら殺そう、俺たちで」と復讐を誓う。


翌日、トビオ達はイタズラ半分で矢波高への復讐計画をおもいつき・・・。









「僕たちがやりました」の画像検索結果パイセン: あご



乗せ太郎です!









スポンサーリンク

僕たちがやりました1巻目次

  • 金なら出す
  • いや マジのやつだから
  • 殺したら勝ちだ
  • 笑って済ますトコでしょ
  • 漢のC4爆弾
  • バレへんように仕掛けろよ
  • 時は来たり!
ドラマの1話は丁度、コミックの1巻に当たる内容でですね。




窪田正孝 (役:増淵トビオ)のインタビュー

「僕たちがやりました」の画像検索結果
原作を読んだ感想は?

人間は自分を美化するし、でもその美化しているところが他社から見えるとすごく醜い。「人間は美しくもあるし、すごくヒドイんだな」とかんじました。それを暗くならずに爽快な感じで描いているところが作品の魅力です。誰しも、社会で生きていく中でどこか仮面を被っているし、大人になればなるほど本音をだせなくなってくる。でも、言わないだけで心に思っていることはすごくある。そおういうことを高校生の目線から訴えているのを感じたので、その部分は嘘をつかずに全力でやりたいなと思っています。



トビオと似ている部分は?

小心者なところは似ていると思います。普段の自分はトビオと近いところがありますね。物、人に触れたくない、怖いって思ってたりするときがあるので。あとは、友達が少ない!(笑)



カンテレ「僕たちがやりました」公式HPより





Renta!へアクセスして『僕たちがやりました』で検索してくださいね。

ドラマの先が気なる人や、見逃したときなどにも利用できるますよ!




先が気になる!読みたい・視聴したい!

AUの方1ヵ月無料で利用できるKDDI(ブックパス)がおすすめです。

アニメを無料でお楽しみいただける『U-NEXT』が非常におすすめです。
アニメ観るなら<U-NEXT>

 登録後31日間は無料でお試しいただくことが可能なので、
無料期間中に存分にアニメを楽しんでしまいましょう!

解約も簡単に出来て安心です!

無料で試し読みができる!
カラー版もあるのでお勧めしています。

その中でも「漫画王国」やレアな漫画を読める
電子漫画「DMM電子コミック」は書籍数もたくさんあるので安心して利用しています。

気になる本があったら「 BookLive!
DMM電子コミック」で検索してみてください!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする